火災安全工学とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 火災安全工学の意味・解説 

火災安全工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/03 10:54 UTC 版)

火災安全工学(かさいあんぜんこうがく、英語:fire protection engineering)とは、建築物等における火災発生時に、被害を最小限に止めるための仕組みや設備を計画するための工学である。建築物や土木施設などで火災が発生した場合を想定し、人間や施設、財産への被害を最小限に抑える工学。主に消防用設備火災報知器消火栓など)の配置や避難経路の設定、延焼の拡大防止の仕組み、火災によって発生するの制御、初期消火から本格消火までの消防・消火活動支援の効率化などに利用される。




「火災安全工学」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「火災安全工学」の関連用語

火災安全工学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

灰バナジンざくろ石

自動車専用

女木島海水浴場

ロットナンバー

工作車

XL1200N

カイマントカゲ

原油タンカー





火災安全工学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火災安全工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS