滝とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 流れ > の意味・解説 

たき [0] 【滝】

高いがけの上から流れ落ち水の流れ瀑布[季] 夏。 《 -の上現れ落ちにけり /後藤夜半
川の流れの急な所。急流。 「石(いわ)走る-もとどろに鳴くの/万葉集 3617

たき 【滝】

姓氏の一。


滝
滝とは、流水が急激に落下する場所をいいます。ふつうは高さが5メートル上で、いつも流れている有名な滝や好目標となる滝を表示しています。滝のはばが20メートル未満のものは滝(小)、はばが20メートル上のものは滝(大)で表示します。
群馬県利根村付近の地形図

1:25,000地形図「追貝」
吹割の滝群馬県利根村
竜頭滝栃木県日光市
栃木県日光市付近の地形図

1:25,000地形図男体山
滝の画像1

滝の画像2


たき 【滝】

滝を神聖視する話は早くからあり、行者が滝にうたれたりする。これは霊力身につけるためである。滝壺近く不動弁天が祀られるのは滝の神格化表れである。滝のを飲むと病気治り若返るとする俗信もある。

作者瀬戸内寂聴

収載図書生死長夜
出版社講談社
刊行年月1989.5

収載図書生死長夜
出版社講談社
刊行年月1992.5
シリーズ名講談社文庫

収載図書瀬戸内寂聴全集15みみらく風のない日々・髪 他
出版社新潮社
刊行年月2002.4


作者丸山健二

収載図書丸山健二自選短篇集
出版社文芸春秋
刊行年月1989.6

収載図書青色の深い帽子
出版社文芸春秋
刊行年月1994.9
シリーズ名丸山健二短篇集


作者奥泉光

収載図書
出版社集英社
刊行年月1990.10

収載図書その言葉を
出版社集英社
刊行年月1993.8
シリーズ名集英社文庫

収載図書北村薫ミステリー
出版社新潮社
刊行年月2005.10
シリーズ名新潮文庫


作者松谷みよ子

収載図書小説捨てていく話
出版社筑摩書房
刊行年月1992.11


作者前島

収載図書求めし者
出版社鳥影社
刊行年月2000.9


作者ジョージ・ソウンダース

収載図書パストラリア
出版社角川書店
刊行年月2002.11


作者大田富雄

収載図書親子の歳月
出版社文芸社
刊行年月2003.12


作者木田エイゴ

収載図書フーコー短編小説傑作16
出版社フーコー
刊行年月2005.5


読み方:タキtaki

山中の岩の絶壁から垂直に落ち

季節

分類 地理


読み方:タキtaki

所在 新潟県新発田市


読み方:タキtaki

所在 富山県高岡市


読み方:タキtaki

所在 福井県あわら市



読み方:タキtaki

所在 兵庫県豊岡市




読み方:タキtaki

所在 岡山県玉野市


読み方:タキtaki

所在 岡山県美作市


読み方:タキtaki

所在 秋田県由利本荘市


読み方:タキtaki

所在 福島県須賀川市



読み方:タキtaki

所在 栃木県那須烏山市


読み方:タキtaki

所在 埼玉県ふじみ野市


読み方:タキtaki

所在 千葉県東金市



読み方:タキtaki

所在 三重県伊賀市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方:タキtaki

所在 兵庫県(JR加古川線)


読み方:タキtaki

所在 栃木県(JR烏山線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
たき
たきざき
たつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/06 13:04 UTC 版)

(たき)とは、河川の一部が段差になっているため、が落下している場所を言う。瀑布(ばくふ)、飛瀑(ひばく)とも言う。なお、水の落下開始場所を滝口(たきぐち)と言い、水の落下点の水深が深くなっている場所を滝壷(たきつぼ)と言う。 日本においては、国土地理院の定めた定義によると、"流水が急激に落下する場所で落差が5メートル以上で、常時水が流れているもの"とされているが、歴史的に有名な滝や地理上の好目標となる滝については例外もある。






「滝」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/10/01 12:48 UTC 版)

発音


出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 21:33 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





滝と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「滝」の関連用語



3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

電波塔

荒地

採石地

水準点

その他の樹木畑

広葉樹林

立体交差

JR線以外





滝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの滝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS