溝口 健二とは?

溝口 健二 (みぞぐち けんじ)

1898〜1956 (明治31年昭和31年)
映画監督】 ワンシーンワンカットの長回しで、世界巨匠に。妥協を許さず「ゴテ健」と呼ばれた。
大正昭和期映画監督東京都本郷出身1920年大正9)日活入社22年愛に甦へる日」で監督となり、「浪華悲歌」「滝の白糸」などで無声映画時代地位確立第二次世界大戦後は、「西鶴一代女」(52年)「雨月物語」(53年)「山椒大夫」(54年)の3作品が、ベネチア国際映画祭3年連続受賞栄誉輝いた。若い頃に学んだ絵画センスとワンシーンワンカットの独特の技法は、仏のヌーベルバーグ作家多大影響与えた。

 年(和暦)
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 5才
1904年 (明治37年) 日露戦争 6才
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 9才
1910年 (明治43年) 韓国併合 12
1918年 (大正7年) 米騒動 20才
1923年 (大正12年) 関東大震災 25
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 30
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 34
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 38
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告 43
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾 47
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布 48
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約 53
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始 55
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟 58


 人物
芥川 龍之介 1892年1927年 (明治25年昭和2年) +6
西条 八十 1892年1970年 (明治25年昭和45年) +6
早川 徳次 1893年1980年 (明治26年昭和55年) +5
加藤 シヅエ 1897年2001年 (明治30年平成13年) +1
淺沼 稲次郎 1898年1960年 (明治31年昭和35年) 0
土方 与志 1898年1959年 (明治31年昭和34年) 0
近衛 秀麿 1898年1973年 (明治31年昭和48年) 0
吉野 源三郎 1899年1981年 (明治32年昭和56年) -1
田河 水泡 1899年1989年 (明治32年平成元年) -1
阪東 妻三郎 1901年1953年 (明治34年昭和28年) -3
小林 秀雄 1902年1983年 (明治35年昭和58年) -4
近藤 真柄 1903年1983年 (明治36年昭和58年) -5
古川 縁波 1903年1961年 (明治36年昭和36年) -5
美濃部 亮吉 1904年1984年 (明治37年昭和59年) -6
堀 辰雄 1904年1953年 (明治37年昭和28年) -6
榎本 健一 1904年1970年 (明治37年昭和45年) -6

溝口 健二

溝口健二の画像 溝口健二の画像
芸名溝口 健二
芸名フリガナみぞぐち けんじ
性別男性
生年月日1958/8/21
星座しし座
干支戌年
血液型B
出身茨城県
身長175 cm
URLhttp://hanagumi.ne.jp/yaku/mizoguti.html
ブログURLhttp://hanagumi.ne.jp/t/mizoguti/
靴のサイズ25 cm
プロフィール東京工学院専門学校演劇科卒業1987年、『ザ・隅田川』(旗揚げ公演)より花組芝居参加。映画・テレビドラマCMラジオドラマなど芝居のほか、外部出演積極的に行う。
代表作品1年2007
代表作品1舞台『KANADEHON忠臣蔵
代表作品2年2003
代表作品2舞台夜叉ヶ池
代表作品3年1994
代表作品3映画『写楽
職種タレント俳優女優/話す仕事
資格・免許普通二輪/普通自動車

» タレントデータバンクはこちら

溝口健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/02 16:12 UTC 版)

溝口 健二(みぞぐち けんじ、1898年5月16日 - 1956年8月24日)は、日本映画監督




[ヘルプ]
  1. ^ 弟の善男は、法政大学英文科を卒業して東芝に勤めており、マルクス主義に傾倒していた。1938年(昭和13年)に33歳で亡くなっている[5]
  2. ^ 佐藤忠男著『溝口健二の世界』では、「溝口家は代々、新橋加賀町で請負業をしていた」と書かれている
  3. ^ 松平忠正(1886年 - 1963年)は、松平忠礼の弟土井忠直の次男で、忠礼の養子となった
  1. ^ 四方田犬彦著『映画監督溝口健二』p.11
  2. ^ a b c d e 佐藤忠男著『溝口健二の世界』p.3-20
  3. ^ 佐藤忠男著『日本の映画人 日本映画の創造者たち』p.581
  4. ^ a b c ある映画監督の生涯 溝口健二の記録本編より
  5. ^ 佐藤忠男著『溝口健二の世界』p.131
  6. ^ a b c d e f g h i j 『溝口健二集成』p.318
  7. ^ a b 新藤兼人著『ある映画監督 溝口健二と日本映画』p.87-88
  8. ^ 『溝口健二・全作品解説』p.389
  9. ^ 四方田犬彦著『映画監督溝口健二』p.256
  10. ^ a b c 佐藤忠男著『溝口健二の世界』p.389
  11. ^ a b 貴田庄著『小津安二郎と映画術』
  12. ^ 四方田犬彦著『映画監督溝口健二』p.100
  13. ^ 世界大百科事典 第2版「溝口健二」の項
  14. ^ a b 『溝口健二集成』p.325
  15. ^ a b 『溝口健二を愛した女』p.246-249
  16. ^ 木下千花著『溝口健二論』p.255
  17. ^ 『キネマ旬報 第698号』p.391
  18. ^ 佐藤忠男著『溝口健二の世界』p.241
  19. ^ 佐藤忠男著『溝口健二の世界』p.275
  20. ^ 猪俣勝人田山力哉著『日本映画俳優全史 男優編』p.48
  21. ^ 没後五十年特別企画「溝口健二の映画」カタログ「はじめての溝口健二」
  22. ^ 児井英生 『伝・日本映画の黄金時代』 文藝春秋、1989年ISBN 4163430105p182


「溝口健二」の続きの解説一覧





溝口 健二と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「溝口 健二」の関連用語

溝口 健二のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アームレスリング

ゆりかもめ

べにりあ

山王寺

田打車

海徳海山

コンペ機

レンジフードファン





溝口 健二のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
江戸net江戸net
Copyright (C) 2017 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2017 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの溝口健二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS