準天頂衛星システムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > 宇宙船 > 日本の人工衛星 > 準天頂衛星システムの意味・解説 

準天頂衛星システム

読み方じゅんてんちょうえいせいシステム
【英】Quasi Zenith Satellite System, QZSS

準天頂衛星システムとは、日本開発している、準天頂衛星呼ばれる測位衛星使用した衛星測位システムのことである。

準天頂衛星システムは、日本オーストラリアの上空を変形8の字型の軌道を描いて行き来する人工衛星複数配置し、そのうちいずれか衛星が常に日本の天近く位置するように設計されている。衛星が常に上空の高い仰角にあることで、高い測位精度良好電波状況実現できる。

準天頂衛星システムは、米国運用するGPSのような全地球測位システムではなくGPS連携し、日本対象としたGPS測位精度向上させる役割を持つ。

準天頂衛星システムは2000年代前半から官民連携プロジェクトが進められてきたが、2006年民間企業撤退し、以後国家プロジェクトとして計画が進められている。2010年に初の準天頂衛星みちびき」が打ち上げられ、2012年現在、試験運用が進められている。


参照リンク
準天頂軌道とは - (JAXA
準天頂衛星「みちびき」 - (三菱電機 宇宙システム
ネットワークシステムのほかの用語一覧
位置情報:  ロケつく  Skybox  全地球測位システム  ジオコーディング  準天頂衛星システム  スタンドアロンGPS  デジタル地図

準天頂衛星システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/23 07:12 UTC 版)

準天頂衛星システム(じゅんてんちょうえいせいシステム、英語: Quasi-Zenith Satellite System、QZSS)は、主に日本地域向けに利用可能とする地域航法衛星システムを言う。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が準天頂衛星を用いてシステム構築を目指している。2010年9月11日に技術実証のための準天頂衛星初号機みちびき (QZS-1)が打ち上げた。2016年4月の宇宙基本計画で、2017年に衛星3機が追加で打ち上げられ、2018年に4機体制でシステムを運用開始し、さらに2020年に初号機の後継1機と2023年に衛星3機を追加して7機体制で運用することが閣議決定された[1][2]




  1. ^ 宇宙基本計画(平成28年4月1日閣議決定) (PDF)”. 内閣府宇宙基本計画. 宇宙開発戦略本部. p. 17 (2016年4月1日). 2016年12月20日閲覧。
  2. ^ 宇宙基本計画工程表(平成27年度改訂版) (PDF)”. 内閣府宇宙基本計画. 宇宙開発戦略本部. p. 3 (2015年12月8日). 2016年12月20日閲覧。
  3. ^ 平成22年に開催された日本政府主催の有識者会議では「国家として独自の測位システムを構築する意思がない場合は不要。他国の測位システムの補完システム(本システム)もユーザからの強い要望がない限り不要」とされた。(今後の宇宙政策の在り方に関する有識者会議提言書(平成22年4月20日)
  4. ^ GPSをもっと正確に――準天頂衛星「みちびき」、打ち上げへITmedia 2010年08月20日
  5. ^ 市販GPS受信機の準天頂衛星システム対応支援制度の開始について 2010年10月12日 JAXA
  6. ^ a b c d 準天頂衛星初号機「みちびき」の準天頂軌道投入について
  7. ^ H-IIAロケット18号機による準天頂衛星初号機「みちびき」の打上げについて
  8. ^ 準天頂衛星初号機の愛称募集結果について 2010年1月20日 JAXA
  9. ^ 準天頂高精度測位実験について(第2分冊:評価その2対象分)(2006年7月11日)2011年4月29日閲覧
  10. ^ 準天頂高精度測位実験について(第2分冊:評価その2対象分)(2006年10月17日)2011年4月29日閲覧
  11. ^ みちびく人々 準天頂衛星システムプロジェクトチーム 宇宙航空研究開発機構 2010年12月15日 2011年4月27日閲覧
  12. ^ 準天頂衛星初号機の内閣府移管と「試験サービス」開始に向けた調整期間の確保について”. みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト - 内閣府 (2017年2月22日). 2017年2月23日閲覧。
  13. ^ 準天頂衛星システムユーザーインターフェース仕様書(IS-QZSS)1.1版
  14. ^ 旧・宇宙開発委員会とは、日本の宇宙関連の政策を内閣総理大臣に諮問するために旧総理府(現在は内閣府に統合)に設置されていた、旧科学技術庁長官を長とする委員会である。2001年1月まで存続していた。
  15. ^ 我が国における衛星測位技術開発への取り組み方針について 1997年3月 旧・宇宙開発委員会
  16. ^ 近年の衛星測位システムの開発経緯 2003年11月27日 総合科学技術会議 宇宙開発利用専門調査会 測位分野検討会(第2回)資料
  17. ^ 準天頂衛星システムの事業化検討を行う新会社を設立 2002年10月30日 三菱電機他6社の共同発表資料
  18. ^ 今後の衛星測位に係る技術開発のあり方について 2002年10月9日 宇宙開発委員会
  19. ^ 第2回日米衛星測位システム(GPS)全体会合 2002年10月16日 外務省
  20. ^ 「準天頂衛星システム」について 2002年12月25日 総合科学技術会議
  21. ^ 今後の準天頂衛星システム計画の推進の基本的考え方 2006年3月31日 第3回測位・地理情報システム等推進会議 配布資料5
  22. ^ 第3回測位・地理情報システム等推進会議 議事次第 2006年3月31日 内閣官房
  23. ^ 宇宙開発委員会 第4回推進部会議事録(案) 2006年8月10日 宇宙開発委員会
  24. ^ 宇宙開発に関する重要な研究開発の評価準天頂高精度測位実験の事前評価結果最終とりまとめ 2006年10月27日 宇宙開発委員会
  25. ^ シームレス測位試作機を用いた実証実験の実施結果について 2007年4月3日 JAXA
  26. ^ 準天頂衛星システムの衛星開発等事業」の受託者の決定について2013年(平成25年)3月29日 内閣府ホーム > 調達情報 > 準天頂衛星システム関連
  27. ^ 読売新聞2013年3月30日13版8面


「準天頂衛星システム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「準天頂衛星システム」の関連用語

準天頂衛星システムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AQUOS PHONE f SH-13C

REGZA Phone T-01D

ウォークマンA

21.5インチiMac

ARROWS kiss

スマカメ

Windows 98 SE

Microsoft Expression Design





準天頂衛星システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ準天頂衛星システムの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの準天頂衛星システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS