源泉徴収票とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 転職用語 > 源泉徴収票の意味・解説 

源泉徴収票

源泉徴収票とは、所得総額とそれに対して支払った 税金額が記載された書類のことをいいます。
企業で働く会社員の間では所得証明書として利用されているものです。 源泉徴収票は、2部が作成され、1部は税務署提出されます。
例えば年度の途中で転職した場合前職所得転職先での所得合算した年間所得源泉徴収対象となります。 そのため転職先で年末調整行なう場合は、前職の源泉徴収票が必要となります。

源泉徴収票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/09 13:10 UTC 版)

源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう)とは、日本において、給与退職手当公的年金等の支払をする者が、その支払額及び源泉徴収した所得税額を証明する書面。所得税法第226条を根拠とする。「給与所得の源泉徴収票」、「退職所得の源泉徴収票」、「公的年金等の源泉徴収票」の3種類がある。






「源泉徴収票」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

源泉徴収票に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「源泉徴収票」の関連用語

源泉徴収票のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

自然放射線

大谷海水浴場

F-2

猩々

馬瀬黒石水源の森

ドロノキ

松下幸之助

ダブルローディング





源泉徴収票のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2017 Net Markers.Inc all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの源泉徴収票 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS