減肉摩耗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 摩耗 > 減肉摩耗の意味・解説 

減肉摩耗(げんにくまもう)(corrosion wastage)

水の流れによって配管腐食すること

高温高圧水流によって配管の厚みが削られる現象のこと。配管内の構造上、乱流発生して減肉摩耗を引き起こすことがある

減肉摩耗による事故を防ぐには、定期的に超音波検査実施するなどして肉厚測定なければならない原子力発電所における2次冷却は、放射能を帯びる1次冷却比べ安全規制が緩いため、検査体制甘さが出やすい。

1986年12月にはアメリカサリー原子力発電所で、炭素鋼配管が減肉摩耗によって破裂して、2次冷却を浴びた作業員4人が死亡する事故があった。

9日福井県美浜町関西電力美浜原子力発電所3号機タービン建屋で、復水配管から高温高圧2次冷却水蒸気となって噴き出し作業員11人が蒸気を浴び、うち4人が全身やけどで死亡した。現段階では、配管の減肉摩耗が原因見られている。

(2004.08.13掲載






減肉摩耗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

減肉摩耗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

橋杭海水浴場

2階床組

ストール

駕籠

シルバービーチ

LPGタンカー

つけ汁

毘沙門水





減肉摩耗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS