渋沢 栄一とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 経営者 > 日本の実業家 > 渋沢 栄一の意味・解説 

しぶさわえいいち しぶさは- 【渋沢栄一】 ○

(1840~1931 実業家武蔵榛沢(今の埼玉県)の人。号は青淵せいえん一橋家仕え次いで幕臣となる。維新後大蔵省出仕。のち第一国立銀行王子製紙大阪紡績などを創立,その他諸産業経営にも関係して渋沢財閥形成した。教育社会事業にも尽力

渋沢栄一 しぶさわ えいいち

渋沢栄一の肖像 その1
天保11年2月13日昭和6年11月11日 (1840~1931

埼玉生まれ。明冶・大正期指導的大実業家。豪農長男一橋家仕え慶応3年(1867)パリ万国博覧会出席する徳川昭武随行し、欧州産業制度見聞明治2年(1869)新政府に出仕し、5年(1872)大蔵大丞となるが翌年退官して実業界に入る。第一国立銀行総監役、頭取となった他、王子製紙大阪紡績東京瓦斯など多く近代的企業創立発展尽力した。『論語』を徳育規範とし、「道徳経合一説」を唱える大正5年(1916)実業界から引退するが、その後社会公共事業国際親善に力を注いだ。明治33年(1900)男爵大正9年(1920)子爵

キーワード 実業家
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 西日記. [1], [2] / 渋沢栄一(青淵), 杉浦人著 耐寒同社, 明4 <YDM21922>
  2. 立会略則 / 渋沢栄一述 大蔵省, 1871.9 <YDM300362>
  3. 渋沢男爵最近実業談 / 高瀬魁介編 国光社, 明36.6 <YDM41804>
  4. 実業訓 / 渋沢栄一著 成功雑誌社, 明43.1 <YDM9828>
  5. 富源の開拓 / 渋沢栄一述 ; 立石駒吉編 文成社, 明43.12 <YDM42085>
  6. 実業要訓 / 渋沢栄一述 ; 浦田治平日吉丸書房, 明44.5 <YDM9832>
  7. 青淵百話. [1], [2] / 渋沢栄一著 同文館, 明45.6 <YDM6892>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

渋沢栄一


渋沢 栄一 (しぶさわ えいいち)

1840〜1931 (天保11年昭和6年)
実業家設立育成した企業の数は、約500社にも。日本資本主義育て経済界巨人
明治大正実業家武蔵国豪農の家に生まれた。一橋慶喜仕え実弟水戸藩主徳川昭武随行して仏パリなど欧州訪問維新後明治政府出仕した。パリで学んだ知識をいかして、新貨条例国立銀行条例など諸制度改革を行う。日本株式会社合本組織)を導入設立した第一国立銀行足掛かりに、王子製紙大阪紡績東京瓦斯など約500社の設立商業会議所銀行集会所創設関与日本資本主義発達大いなる貢献をした。「経済道徳合一」を主義とし、一部企業利益独占するのを生涯嫌った。

 年(和暦)
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 13
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 15才
1858年 (安政5年) 安政の大獄 18
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 20才
1862年 (文久2年) 生麦事件 22才
1863年 (文久3年) 薩英戦争 23
1867年 (慶応3年) 大政奉還 27
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 28
1869年 (明治2年) 版籍奉還 29
1871年 (明治4年) 廃藩置県 31
1871年 (明治4年) 解放令 31
1873年 (明治6年) 徴兵制布告 33才
1876年 (明治9年) 廃刀令 36
1877年 (明治10年) 西南戦争 37
1877年 (明治10年) 東京大学設立 37
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 42
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 43
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 49
1894年 (明治27年) 日清戦争 54
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 63
1904年 (明治37年) 日露戦争 64
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 67
1910年 (明治43年) 韓国併合 70
1918年 (大正7年) 米騒動 78
1923年 (大正12年) 関東大震災 83
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 88


 人物
近藤 勇 1834年1868年 (天保5年明治元年) +6
Roesler K. 1834年1894年 (天保5年明治27年) +6
橋本 雅邦 1835年1908年 (天保6年明治41年) +5
土方 歳三 1835年1869年 (天保6年明治2年) +5
榎本 武揚 1836年1908年 (天保7年明治41年) +4
徳川(一橋) 慶喜 1837年1913年 (天保8年大正2年) +3
Morse E. S. 1838年1925年 (天保9年大正14年) +2
三遊亭 円朝(初代) 1839年1900年 (天保10年明治33年) +1
Morel E. 1841年1871年 (天保12年明治4年) -1
沼間 守一 1843年1890年 (天保14年明治23年) -3
Griffis William Eliot 1843年1928年 (天保14年昭和3年) -3
尾上 菊五郎(五世) 1844年1903年 (弘化元年明治36年) -4
沖田 総司 1844年1868年 (弘化元年明治元年) -4
徳川 家茂 1846年1866年 (弘化3年慶応2年) -6

渋沢栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/08 15:05 UTC 版)

渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、天保11年2月13日1840年3月16日) - 昭和6年(1931年11月11日)は、江戸時代末期(幕末)から大正初期にかけての日本武士幕臣)、官僚実業家第一国立銀行東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、「日本資本主義の父」ともいわれる。理化学研究所の創設者でもある。




[ヘルプ]
  1. ^ 世界帝王事典
  2. ^ 小貫修一郎 筆記、渋沢栄一 談、『渋沢栄一自叙伝』、渋沢翁頌徳会、1938年、生立ちのころ(1頁)。
  3. ^ 『渋沢栄一伝記資料』第1巻 - 渋沢栄一記念財団。
  4. ^ “【ボースの遺骨を守ってもう一つの日印交流】(3)「日印協会」の変遷”. 産経新聞 (産経新聞社). (2008年9月28日) 
  5. ^ 1890年12月15日、第1回帝国議会の貴族院予算委員会に出席すると同時に休暇を願い出て認められている。
  6. ^ 衆議院編『衆議院議員総選挙一覧』衆議院事務局、1912年、p.2
  7. ^ 『渋沢栄一伝記資料』第27巻 - 渋沢栄一記念財団。]
  8. ^ 渋沢栄一『論語と算盤』(角川ソフィア文庫)(角川学芸出版 ISBN 978-4044090012 2008年10月25日)、22頁。
  9. ^ 渋沢栄一『論語と算盤』(角川ソフィア文庫)(角川学芸出版 ISBN 978-4044090012 2008年10月25日)、49頁(一部の漢字を現代語風にひらがなに改めて引用)。
  10. ^ 筒井清忠『帝都復興の時代:関東大震災以後』中央公論新社 <中公新書>、2011年、ISBN 9784121100030 pp.114-120.
  11. ^ 多田井喜生「朝鮮銀行」PHP新書
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak 正四位勲四等男爵渋沢栄一以下十七名勲位進級及初叙ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A10112538500 
  13. ^ 『官報』第1475号「叙任及辞令」1888年6月1日。
  14. ^ 『官報』第2719号「叙任及辞令」1892年7月21日。
  15. ^ 『官報』第5053号・号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  16. ^ 『官報』第5589号「叙任及辞令」1902年2月24日。
  17. ^ 『官報』第7977号「叙任及辞令」1910年1月28日。
  18. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  19. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  20. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。
  21. ^ 『官報』号外「授爵・叙任及辞令」1928年11月10日。
  22. ^ 『官報』第1016号「彙報 - 褒章」1930年5月22日。
  23. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  24. ^ 『官報』第1782号「叙任及辞令」1889年6月10日。
  25. ^ 『官報』第825号「叙任及辞令」1915年5月5日。
  26. ^ 『明治美人伝』長谷川時雨、1921
  27. ^ 日記に見る雪中行軍の時代青弓社、2010-08-26
  28. ^ 庶子を合わせると20人くらいになるという。澁澤は女性関係が派手だったようで、大蔵省時代には自宅に妾と同居していたこともある。
  29. ^ 澁澤雅英オーラルヒストリー 澁澤栄一記念財団理事長 政策研究大学院大学
  30. ^ 佐野眞一著『渋沢家三代』文集新書
  31. ^ a b 渋沢正雄谷中・桜木・上野公園路地裏徹底ツアー


「渋沢栄一」の続きの解説一覧





渋沢 栄一と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

日本の実業家 飯田新一  久世庸夫  渋沢栄一  加島恵太郎  藤巻幸夫
実業家 諸井貫一  中橋徳五郎  渋沢栄一  三浦新七  藤巻幸夫
明治時代の人物 坪野平太郎  森鴎外  渋沢栄一  外山正一  大口喜六
日本の財務官僚 川崎実  久世庸夫  渋沢栄一  伊吹文明  松川隆志
日本の男爵 小池正弘  西竹一  渋沢栄一  松平正直  松田正久
日本の銀行家 柿内愼市  日原昌造  渋沢栄一  三浦新七  横尾敬介
日本の子爵 本多忠鋒  実吉安純  渋沢栄一  松前修広  織田信親
日本の鉄道実業家 南谷昌二郎  志賀直温  渋沢栄一  堤義明  柴谷貞雄
みずほフィナンシャルグループの人物 青木建  衛藤博啓  渋沢栄一  横尾敬介  下条みつ
日本の海事実業家 荘田平五郎  中橋徳五郎  渋沢栄一  京極高晴  草刈隆郎

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「渋沢 栄一」の関連用語

渋沢 栄一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

嘉納治五郎

伊藤博文

斎藤隆夫

加藤高明

木戸孝允

東郷平八郎

松平容保

南部次郎





渋沢 栄一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2017 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2017 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渋沢栄一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS