清浦奎吾とは?

きようらけいご 【清浦奎吾】 ○

(1850~1942 政治家肥後の人。法相農商務相・枢密顧問官などを歴任1924年大正13貴族院議員中心に組閣したが,第二次護憲運動のために半年総辞職した。

清浦奎吾

清浦奎吾
総理在職期間
     大13. 1. 7~大13. 6.11157
総理就任時年齢:73歳

清浦奎吾 きようら けいご

清浦奎吾の肖像 その1
清浦奎吾の肖像 その2
嘉永3年2月14日昭和17年11月5日 (1850~1942

熊本生まれ。官僚、政治家。父は僧侶上京して埼玉県官吏となり、明治9年(1876)司法省に入る。17年(1884)山県有朋内務卿のもと、内務省警保局長に就任し、保安条例制定などに尽力。有力な山県系官僚として政界影響力を及ぼす。24年(1891)貴族院議員勅選第2次松方内閣第2次山県内閣司法相、第1次桂内閣司法相、農商務相を歴任その後枢密顧問官枢密院副議長、同議長経て大正13年(1924)に首相となるが、第2次護憲運動により衆議院解散総選挙大敗し、総辞職した。

キーワード 官僚, 政治家, 首相
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 於警官練習所清浦奎吾演述講談筆記 警官練習所, 明22.5 <YDM29331>
  2. 監獄費用ニ関スル意見 / 清浦奎吾著 清浦奎吾, 明24.4 <YDM37279>
  3. 奎堂余睡 / 清浦奎吾著 ; 和田錬太, 平野貞次郎編 警察機関社, 明24.8 <YDM29365>
  4. 明治法制史 / 清浦奎吾著. 再版 明法堂, 1899 <YDM30803>
  5. 清浦男爵産業論集 / 清浦奎吾述 ; 神山潤次編 博文館, 明39.5 <YDM41892>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

清浦奎吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/18 17:40 UTC 版)

清浦 奎吾(きようら けいご、1850年3月27日嘉永3年2月14日) - 1942年昭和17年)11月5日)は、日本司法官僚政治家位階正二位勲等大勲位爵位伯爵幼名普寂(ふじゃく)。旧姓大久保(おおくぼ)。




[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2330号、明治24年4月10日。
  2. ^ 清浦の枢密顧問官就任の背景には清浦が自分に代わる山縣閥の首相候補になることを恐れた桂太郎が、清浦をその勢力基盤である貴族院から追い出すためであったと言われている。(尚友倶楽部「貴族院の会派研究史 明治大正編」(1980年)がこの説を採る)
  3. ^ 1906年5月17日に貴族院議員を辞職。『官報』第6863号、明治39年5月18日。
  4. ^ なお、支持基盤ゆえに特権内閣と呼ばれたが、清浦は内閣制度成立後はじめての武士・公家以外の出身の首相である。
  5. ^ もっとも、これ以前の重臣会議にも高齢ゆえほとんど出席していない。なお、清浦が出席したことで、前首相でありながら病欠した近衛文麿は「その病気というのは91歳の清浦より悪いのか?」と批判されることになった。
  6. ^ 『官報』第6148号、「叙任及辞令」1903年12月28日。
  7. ^ 『官報』第7072号、「叙任及辞令」1907年01月28日。
  8. ^ 『官報』第7578号・付録、「辞令」1908年09月28日。


「清浦奎吾」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

清浦奎吾に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「清浦奎吾」の関連用語

清浦奎吾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




清浦奎吾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2014 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2014 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの清浦奎吾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS