深見東州とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 深見東州の意味・解説 

深見東州

深見東州の俳句

弁慶になりきって出る薪能
最澄はいい人でした比良八講
渦潮や往く波が来る波を呑む
蒲団はね尻叩きたる母はなし
鶯が森を眺める籠の中
 

深見東州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/17 13:52 UTC 版)

深見 東州(ふかみ とうしゅう、本名:半田 晴久(はんだ はるひさ)1951年3月18日 - )は日本芸術家[9][10]、福祉活動家[11]実業家[12][13]宗教家[13]フィランソロピスト(慈善活動家)[14]評論家[11]歌手[15]オペラ歌手[10][14]画家[10][14]書家[10][14]能楽師[14]詩人[10][14]作曲家[14]などとして、幅広い活動をしている[16][11]




  1. ^ a b RNIBの活動に大きな貢献をした者が就任する役職であり、2014年現在は16人が就任している。
  2. ^ 任天(にんでん)の導師とは、天がその人にすべてをまかす人間界、天上界ふたつながらの指導者という意味(大原一浩 1992, p. 73)。
  3. ^ の漢字を、一般的に間違いやすいと表記し、あたかも間違った作品であるかのように見えるが、ギャグとして、故意に別の字をあてたギャグ書である。
  4. ^ 生涯に一度と思われるほど、おいしい苺に出会った感動を表現したギャグ作品
  5. ^ 2002年3月18日-22日、東京国際フォーラムで開催。
  6. ^ 2003年3月19日-25日、テレコムセンターで開催。
  7. ^ 2004年3月19日-24日、東京国際フォーラムで開催。
  8. ^ 2005年3月19日-24日、東京国際フォーラムで開催。
  9. ^ 2006年3月19日-24日、東京国際フォーラムでを開催した。
  10. ^ 2007年3月21日-25日、東京国際フォーラムで開催。
  11. ^ 2008年3月19日-23日、東京国際フォーラムで開催。
  12. ^ 2009年3月20日-24日、六本木ヒルズで開催。新作69点、旧作39点、計108点を展示。
  13. ^ 2010年3月19日-23日、品川グランドセントラルタワーで開催。新作61点、旧作30点、計91点展示。
  14. ^ 2011年3月18日-22日、品川グランドセントラルタワーで開催。
  15. ^ 2012年3月20日-23日、品川グランドセントラルタワーで開催。新作約60点、旧作約50点、計122点を展示。
  16. ^ 2013年3月18日-24日、ラフォーレミュージアム六本木でを開催。
  17. ^ 2014年]3月18日-24日、ラフォーレミュージアム六本木で開催。新作115点、旧作136点、計252作品を展示。
  18. ^ 2015年]3月18日-24日、ラフォーレミュージアム六本木で開催。165作品展示。
  19. ^ 公共図書館や学校図書館に図書情報を提供することを目的として、公益社団法人日本図書館協会が毎年選定する。
  20. ^ 2005年11月受賞。オーストラリアでの音楽への貢献、および芸術促進への貢献」(For services to Music and For services to the promotion of the Arts in Australia) により、ジョーン・サザーランドから直接授与。
  21. ^ 2006年8月受賞
  22. ^ 米国、英国、豪州、カナダ、日本など、世界15カ国17地域のブラインドゴルフ協会が加盟。
  23. ^ 身体の不自由な人の福祉に対するチャリティー大会
  24. ^ 日米初のシニアの共催大会
  25. ^ この第1回大会優勝者に森田理香子がいる。他、薗田峻輔も出場した。以降、藤本麻子、森桜子等が出場している
  26. ^ 65歳以上男子で争うゴルフトーナメント
  27. ^ 日本代表は初出場の石川遼と3度目の出場となる谷原秀人
  28. ^ ワールドサテライトやモーニングサテライトで報道される
  29. ^ エジプト国営テレビ番組「グッドモーニング・エジプト」にゲスト出演し、インタビューを受けた
  30. ^ カンボジアでは、首相、副首相、上級大臣、大臣というランクがあり、上級大臣は首相、副首相に次ぐ3番目の位の大臣である。
  31. ^ アジア全域で発行しているゴルフ専門誌「Asian Golf Monthly」読者のオンライン投票により毎年選出される賞
  1. ^ a b c d 井上順孝 et al. 西山茂, pp. 323-324.
  2. ^ a b c 武蔵野音楽大学特修科声楽専攻卒業”. Toshu Fukami. 2014年2月10日閲覧。
  3. ^ 「MA」表記は深見東州公式サイトのプロフィールに基づく。
  4. ^ a b c 西オーストラリア州立 エディス・コーエン大学芸術学部大学院修了”. Toshu Fukami. 2014年2月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 学術活動”. 半田晴久公式ホームページ. 2013年12月21日閲覧。
  6. ^ a b c 駐日外国公館リスト アジア”. 外務省. 2013年11月4日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 福祉、教育、スポーツ、学術、芸術などの公益活動”. ワールドメイト. 2013年12月26日閲覧。
  8. ^ a b “Alliance expands opportunities for region’s golfers”. ジャパンタイムズ. (2016年6月14日). http://www.japantimes.co.jp/news/2016/06/14/national/alliance-expands-opportunities-regions-golfers/#.V2NgwlcfSv0 2015年6月17日閲覧。 
  9. ^ a b c “深見東州氏「こてんこてんの個展」開く ユニークな作品ズラリ 会場にビッグな「衝撃波」”. 日中新聞 (日中新聞社). (2008年4月22日) 
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 「深見東州の深奥の世界とは? 第1回芸術の脈絡に誘い込む? 深見東州の活動奇跡 美術、書、演劇、オペラ、小説、詩etc.…」、『ギャラリー』第325号、ギャラリーステーション、2012年、 94-97頁。
  11. ^ a b c d e “「世界オピニオンリーダーズサミット」で熱き議論”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社). (2013年11月18日) 
  12. ^ a b c d e Olympics-Father of blind golf pushing for Paralympic place”. REUTERS (2012年6月29日). 2014年3月27日閲覧。
  13. ^ a b c “シドニー湾に浮かぶ「蝶々夫人」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2014年4月14日). オリジナル2014年4月17日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/CbpZc 
  14. ^ a b c d e f g h i 6 Honorary Degrees to Be Awarded at Commencement”. THE JUILLIARD SCHOOL (2009年5月). 2014年2月19日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g “クリントン元米大統領来日 半田晴久WSD総裁と世界平和日米関係語り合った”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2013年11月19日) 
  16. ^ a b c d e f 「欧米の要人招聘などの功績も 半田晴久・怪人物が疑惑と中傷に応える」、『THEMIS』第23巻第1号、株式会社テーミス、2014年1月1日、 84-85頁。
  17. ^ 島田裕巳 (2008). 平成宗教20年史. 幻冬舎. p. 191. 
  18. ^ a b c “アカスリ半田劇場6 意欲的に芸術活動に取り組む理由は?”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年11月13日) 
  19. ^ a b c d “アカスリ半田劇場1 1通のラブレターから書道部へ”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年8月28日) 
  20. ^ 磯崎史郎 1991, p. 180.
  21. ^ a b c d e f g h 「アニメソングと予備校経営、何でもボーダーレスになった経緯(いきさつ)」”. 半田晴久. 2014年4月1日閲覧。
  22. ^ 島薗進 2001, p. 128-130.
  23. ^ 沼田健哉 1995, p. 258.
  24. ^ a b c d e f “アカスリ半田劇場2 大学入学までに約1000冊読破”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年9月11日) 
  25. ^ 磯崎史郎 1991, p. 191.
  26. ^ a b c d “アカスリ半田劇場3 京都での4年間が今のベースに”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年9月25日) 
  27. ^ a b c “アカスリ半田劇場4 培った英語力で海外の著名人と親密に”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年10月9日) 
  28. ^ “帰ってきた! アカスリ半田劇場1 トップを攻め落とす営業力でチャンスを”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2015年11月18日) 
  29. ^ a b 深見先生が、ギャグやユーモアを 広告やスピーチ等で発信する理由”. ワールドメイト. 2015年6月25日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g “続・アカスリ半田劇場1 日本のブラインドゴルフの父”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2014年7月9日) 
  31. ^ a b 半田晴久 2006, p. 19.
  32. ^ 半田晴久 2006, pp. 23-24.
  33. ^ a b c “日艺术家荣膺“一流美术师” [日本芸術家“一級美術師”の光栄を受く]” (中国語). 京華時報. (2002年9月25日) 
  34. ^ a b c “[中国芸術研究院 初の外国人一級美術師称号授与]” (中国語) 中国芸术研究院首次授予外国人一级美术师称号. 作家出版社. (2002-09-26). 
  35. ^ a b c 中国芸術研究院一級美術師”. Toshu Fukami. 2014年4月2日閲覧。
  36. ^ a b c 钟誉(鐘誉) (2002年9月27日). “东瀛学者 徳艺双馨 深见东州在华荻一級美术师证书 [日本の学者 徳と芸の芳香 深見東州 中国にて一級美術師称号得る]” (中国語). 中国民族報 
  37. ^ a b c “第10回高校生国際美術展”. 日中新聞 (日中新聞社). (2009年8月11日) 
  38. ^ 首页>学位论文 > 清华大学 > 美术学 > 从中日美术品在艺术市场的流通变迁看艺术与市场的关系” [学位論文 > 精華大学 > 美術学 > 芸術市場の流通の変遷における日中美術品から見た芸術と市場の関係] (中国語). 山西省科学技术情报研究所. 2015年6月2日閲覧。
  39. ^ a b c d e “アカスリ半田劇場5 オペラや京劇に不惑からチャレンジ”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年10月23日) 
  40. ^ a b c “続・アカスリ半田劇場6 人生に影響与えたトカラ列島での釣り”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2014年9月24日) 
  41. ^ "The living artist " by Haruhisa Handa - Edith Cowan University
  42. ^ The Living Artist (PDF)”. 半田晴久. 2015年10月25日閲覧。
  43. ^ a b c 魯人 (2002年10月30日). “文化传奇人物-深见东州 [文化的伝奇人物-深見東州]” (中国語). 光明日報. http://www.gmw.cn/01gmrb/2002-10/30/17-ACA428391084668648256C6100804BAB.htm 2015年6月1日閲覧。 
  44. ^ a b 刘亚东(劉亜東) (2002年11月1日). “中国歌剧舞剧院聘用日本歌唱家 [中国歌劇舞劇団日本人オペラ歌手を招聘]” (中国語). 音楽週報 
  45. ^ a b 中国歌劇舞劇院(オペラ団)一級声楽家”. Toshu Fukami. 2014年4月2日閲覧。
  46. ^ a b 『美術と市場』まえがき参照
  47. ^ 日本入宋僧研究 2006年 - 中国国家図書館
  48. ^ a b c 半田晴久” (中国語). 浙江工商大学日本語言語文化学院. 2016年6月7日閲覧。
  49. ^ a b 「世界芸術文化振興協会とアメリカ・ジュリアード音楽院が協定 音楽家の養成プログラムを支援」、『MOSTLY CLASSIC』第141巻、扶桑社2008年12月
  50. ^ “富士山と三保松原が世界遺産に”. 電気新聞 (一般社団法人日本電気協会新聞部). (2013年7月4日) 
  51. ^ 安田喜憲 2014, p. 49.
  52. ^ 安田喜憲 2014, p. 49-50.
  53. ^ a b “谷原&藤本、主役は譲らない! ISPSハンダグローバルC開幕”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2015年6月25日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/06/25/kiji/K20150625010604840.html 
  54. ^ “【ISPSハンダグローバルカップ】グローバル化への第一歩”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2015年6月25日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/golf/414550/ 
  55. ^ “半田ISPS会長「日本のゴルフ界はグローバル化必要」”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2015年6月25日). http://www.sanspo.com/golf/news/20150624/jgt15062405010002-n1.html 
  56. ^ “フランク ミュラー&ロベルト カヴァリ豪華コラボ時計”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社). (2015年12月18日). http://www.daily.co.jp/info/watch/ 2016年5月27日閲覧。 
  57. ^ “フランク ミュラーとロベルト・カヴァリが協業したウォッチコレクション上陸”. fashionsnap.com News (Reco orlando inc.). (2015年12月8日). http://www.fashionsnap.com/news/2015-12-08/robertocavalli-franckmuller-jp/ 2016年5月27日閲覧。 
  58. ^ “土屋アンナ・大石参月・木下ココが美の競演 SEXYドレスアップで集結”. モデルプレス. (2015年12月8日). http://mdpr.jp/news/detail/1548237 2016年5月27日閲覧。 
  59. ^ “土屋アンナ裁判は「二度とヤダ」”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社). (2015年12月9日). http://www.daily.co.jp/gossip/2015/12/09/0008632354.shtml 2016年5月27日閲覧。 
  60. ^ “続・アカスリ半田劇場5 一番になることより「進化」が大切”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2014年9月10日) 
  61. ^ 川上恒雄、2006、「新宗教とビジネス哲学」、『宗教研究』(第八部会)、日本宗教学会<特集>第六十五回学術大会紀要、NAID 110006271815 pp. 379-380
  62. ^ “帰ってきた! アカスリ半田劇場6 なによりも根性! 「関西型」で取引先を攻め落とせ”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2016年2月24日) 
  63. ^ 島薗進 1991, pp. 151-154.
  64. ^ 沼田健哉 1991, pp. 246-313.
  65. ^ 日外アソシエーツ whoplus - who(人物・文献情報) 整理番号:247535 作成年月:2007年12月
  66. ^ ワールドメイトと深見東州、5つの特徴”. ワールドメイト (2015年5月15日). 2016年1月4日閲覧。
  67. ^ “帰ってきた! アカスリ半田劇場2 新聞は知的に自分を追い込む脅迫代”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2015年12月9日) 
  68. ^ a b “帰ってきた! アカスリ半田劇場3 黒ノートで「空白の時間」を有意義に”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2015年12月23日) 
  69. ^ “帰ってきた! アカスリ半田劇場4 電車の待ち時間や車中はかけがえのない勉強の時間”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2016年1月13日) 
  70. ^ a b “帰ってきた! アカスリ半田劇場5 創意工夫で「身につく勉強の絶対量」がUP”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2016年1月27日) 
  71. ^ Honorary Degrees to Be Awarded at Commencement”. The Juilliard School. 2013年6月23日閲覧。
  72. ^ Corpus Christi College Oxford - News”. Corpus Christi Oxford. 2013年6月23日閲覧。
  73. ^ SOAS Honorary Fellows:Haruhisa Handa”. SOAS, University of London. 2013年6月23日閲覧。
  74. ^ University announces honorary awards”. University of Gloucestershire. 2013年12月9日閲覧。
  75. ^ a b Dr Haruhisa Handa”. Curtin University. 2013年6月23日閲覧。
  76. ^ 深見東州 『全国の開運神社案内』 たちばな出版1999年6月奥付ISBN 4813311393
  77. ^ a b “『第16回 深見東州・バースデー書画展』”. 日中新聞 (日中新聞社). (2016年4月5日). http://www.infochina.jp/jp/index.php?m=content&c=index&a=show&catid=16&id=9358 2016年4月8日閲覧。 
  78. ^ “深見流ド迫力の筆パフォーマンス!!”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2016年3月29日) 
  79. ^ a b “深見東州と世界の友人コンサートツアー日本武道館 世界に垣根なし”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ社). (2013年9月7日) 
  80. ^ a b c マイケル・ボルトン (2012年11月7日). “MICHAEL BOLTON Memories in Singapore”. 2013年6月12日閲覧。
  81. ^ マイケル・ボルトン (2014年1月16日). “Michael Playing in the Humana Challenge”. 2014年5月17日閲覧。
  82. ^ a b c “「世界オピニオンリーダーズサミット」クリントン元大統領語る 日本のあるべき姿”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2013年11月18日) 
  83. ^ “続・アカスリ半田劇場4 世界を股にかけたスポーツ外交”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2014年8月20日) 
  84. ^ a b c “フレミングのソプラノ響く 東京国際コンサート”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2014年6月19日) 
  85. ^ “Art exhibition Calligraphy, paintings, other works featured in latest exhibition”. ジャパンタイムズ. (2015年3月31日). http://www.japantimes.co.jp/2015/03/31/special-supplements/art-exhibition/#.VR55uhOsWje 2015年6月1日閲覧。 
  86. ^ a b “「シャイン」のモデル ヘルフゴットのライブ盤を発売”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社). (1997年5月23日) 
  87. ^ ヘルフゴット ライブイン・ジャパン91
  88. ^ a b c Faldo Series Asia teams up with ISPS for good causes in golf”. Golftoday.co.uk. 2013年12月19日閲覧。
  89. ^ a b c IBGA Honorary President”. IBGA. 2013年12月19日閲覧。
  90. ^ “演歌とオペラの最強"兄弟"が大暴れ”. スポーツ報知. (2014年11月20日) 
  91. ^ “深見東州今度は小林旭と熱唱”. 東京スポーツ. (2014年11月20日) 
  92. ^ a b 2009 USEN演歌年間リクエストランキング (PDF)”. 株式会社USEN (2009年). 2014年5月25日閲覧。
  93. ^ a b c d 森樹「劇団座長&演歌歌手としての「彼」に迫る!」、『Quick Japan』第117巻、太田出版2014年12月、 198-199頁。
  94. ^ 戸渡阿見 短編小説「蜥蜴(とかげ)」まえがきエッセー”. 2013年6月23日閲覧。
  95. ^ a b c d e f g h “第14回深見東州バースデー個展 252作品(絵画・書・立体作品)展示連日「深見作品ファン」で大変な賑わい”. 日中新聞 (日中新聞社). (2014年4月5日). オリジナル2014年4月13日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/kwh99 
  96. ^ a b c 「東京国際コンサート 歌姫ルネ・フレミングをゲストに開催」、『MOSTLY CLASSIC』第206巻第7号、産経新聞社、2014年5月、 96-97頁。
  97. ^ 「世界芸術文化振興協会 (IFAC) 理事を務める指揮者 大友直人」、『MOSTLY CLASSIC』、日本工業新聞社、2014年12月20日、 110頁。
  98. ^ 湯川れい子 (2010). 深見東州「黄金のポップスを歌う」解説. たちばな出版. pp. 6-7. 
  99. ^ 吉田豪のギリギリレビュー!! Vol.7 深見東州『アメリカンポップス&J-POPS・ライブ名曲集』-ORICON STYLE 連載” (2012年7月3日). 2013年6月12日閲覧。
  100. ^ [CD]TOSHU FUKAMI ゴールデン演歌”. たちばな出版. 2014年4月1日閲覧。
  101. ^ a b 「深見東州の深奥の世界とは? 第4回深見東州の絵画作品 近作の名作展 多彩な芸術活動で多忙を極める深見東州だが静かに内面と対話する絵画制作も途切れることなく続いている」、『ギャラリー』第328号、ギャラリーステーション、2012年、 94-97頁。
  102. ^ 松井武利「絵を観る人も好き好きこの一品」、『ギャラリー』第333号、ギャラリーステーション、2013年、 26-27頁。
  103. ^ 「深見東州の深奥の世界とは? 第3回「深見東州の書」が世に問うもの 研ぎ澄まされた集中力と自由な創作精神から生まれる書の世界」、『ギャラリー』第327号、ギャラリーステーション、2012年、 108-111頁。
  104. ^ a b c d 今野良彦 (2014年10月16日). “チャップリン再来!!戸渡阿見が酔わせた!!”. デイリースポーツ (神戸新聞社). http://www.daily.co.jp/info/gekidan/ 
  105. ^ a b c d 肖非 (1998年10月25日). “[深見東州 - まるで夢物語]” (中国語). 浙江文化報 
  106. ^ a b c d e 崔偉(崔伟) (2000). “[日本の友人深見東州氏について]”. 黎継徳. ed (中国語). 中国戏剧的域外知音:记日本友人深见东州. 8. 中国戯劇. pp. 48-49. 
  107. ^ 水易 (2001). “[魂の息吹 深見東州の作品に感ずる]” (中国語). 灵魂的气息-深见东州之作有感. 11. 作家出版社. 
  108. ^ 清蓮 (2002年9月24日). “艺术奇才文化使者 深见东州的艺术演出 [芸術の奇才 文化の使者]” (中国語). 中国文化報 
  109. ^ a b “オペラ「椿姫」の江戸・吉原版公演”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2003年8月29日) 
  110. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「深見東州の深奥の世界とは? 第6回オペラ活動には瞠目すべき多くの実績が残されてきた日本の創作オペラから、中国との共同制作のオペラ実現など 深見東州のオペラにかける企画力は壮大な軌跡を残している」、『ギャラリー』第330号、ギャラリーステーション、2012年、 116-119頁。
  111. ^ a b “「オペラ ゼウスの化身 怪人 ドン・ジョヴァンニ」上演”. 日中新聞 (日中新聞社). (2010年1月15日) 
  112. ^ a b “オペラと能を上演 熊野本宮大社旧社殿跡で21、22両日”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (1997年3月13日) 
  113. ^ a b “国づくりに情熱注ぐ姿 舞台いっぱいに演じる”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2002年11月15日) 
  114. ^ a b 何鵬浩 (2003年11月26日). “中日澳艺术家联袂演出“经典歌剧之夜”登陆北京 [日中豪声楽家共演 “古典オペラの夕べ”]” (中国語). 中国新聞社 
  115. ^ a b 揚国(扬国) (2003年12月2日). “视频欣赏:中日澳经典歌剧齐登台 [日中豪古典オペラ総出演]” (中国語). 中国中央電視台 
  116. ^ a b “オペラ「大正時代のボエーム」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2004年8月25日) 
  117. ^ a b 趙爽 (2004年5月19日). “中国歌剧《杨贵妃》深情感人 [中国オペラ「楊貴妃」、心を動かす大型作品に]” (中国語). 北京日報. http://yule.sohu.com/2004/05/20/73/article220197392.shtml 2015年6月1日閲覧。 
  118. ^ a b 慶新(庆新) (2004年4月7日). “中日联合推出大型歌剧《杨贵妃》 [スーパーオペラ「楊貴妃」日中共同で上演!]” (中国語). 人民日報 
  119. ^ a b 谌强 (2004年4月14日). “各路英才共创歌剧《杨贵妃》 [オペラ「楊貴妃」に各界の英才が集結]” (中国語). 光明日報. http://www.gmw.cn/01gmrb/2004-04/14/content_12549.htm 2015年6月1日閲覧。 
  120. ^ a b “オペラ『雛祭りのフィガロの結婚』上演”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2005年8月24日) 
  121. ^ a b 穆东 (2005年10月20日). “大型原创歌剧《杨贵妃》在日本东京上演 [スーパー創作オペラ「楊貴妃」日本・東京にて公演]” (中国語). 新華社. http://news.163.com/05/1020/00/20FEVGRP0001122B.html 2-15-06-01閲覧。 
  122. ^ a b 王暁陽(王晓阳) (2005年11月11日). “《杨贵妃》:首部走出国门的中国古典原歌剧 [「楊貴妃」日本で好評、中国古典オペラ初の国際公演]” (中国語). 陝西日報. http://www.sxdaily.com.cn/data/wtxwdd/01/20051111_8718272_3.htm 2015年6月1日閲覧。 
  123. ^ “爆笑相次ぐ明るい喜劇を堪能! 芸術の原点の芸能に回帰・演出”. 日中新聞 (日中新聞社). (2010年1月15日) 
  124. ^ “モーツァルトのユーモア今に 随所に世界初のビックリ演出”. 日中新聞 (日中新聞社). (2010年1月15日) 
  125. ^ a b c d 「深見東州の深奥の世界とは? 第7回オペラ"ドン・パスクワーレ"の主役を演じた深見東州 世界12大オペラ団のひとつ、オペラ・オーストラリアの日本公演 満場の会場で、高らかに謳いあげた深見東州のドン・パスクワーレ」、『ギャラリー』第331号、ギャラリーステーション、2012年、 108-111頁。
  126. ^ 座長・戸渡阿見(半田晴久)プロフィール”. 一般社団法人東京芸術財団(TAF). 2013年11月16日閲覧。
  127. ^ オペラ・声楽・指揮 - 深見東州(半田晴久)”. Toshu Fukami. 2013年11月16日閲覧。
  128. ^ 一般社団法人東京芸術財団(TAF)/合唱”. 一般社団法人東京芸術財団(TAF). 2013年11月16日閲覧。
  129. ^ a b c d “創立25年記念し慈善コンサート 武生府中RC”. 福井新聞 (福井新聞社). (2002年6月3日) 
  130. ^ a b “IFACガラコンサート大盛況”. 日中新聞 (日中新聞社). (2010年10月8日) 
  131. ^ a b 森樹「『進撃の阪神巨人 ロックコンサート!!』で、『深見東州』を体感する。」、『Quick Japan』第116巻、太田出版2014年10月、 208-209頁。
  132. ^ a b “Enka concert raises money for charity to battle HIV in Africa”. ジャパンタイムズ (ジヤパンタイムズ社). (2014年11月22日) 
  133. ^ a b c “Welcoming Christmas with a song and a body slam”. ジヤパンタイムズ (ジャパンタイムズ社). (2014年12月16日) 
  134. ^ a b c d 森樹「深見東州色100%の、濃厚なジャズコンサートに突撃!」、『Quick Japan』第118巻、太田出版2015年2月、 158-159頁。
  135. ^ “深見東州氏ワンマンショー!2公演58曲熱唱”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ社). (2015年4月16日). http://www.nikkansports.com/general/info/info-general_150416.html 
  136. ^ “深見東州会長カレーラスらと三重唱”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ社). (2015年6月22日). http://www.nikkansports.com/general/info/info-general_150622.html 
  137. ^ “夢の共演実現 世界的テノール歌手ら美声で聴衆魅了”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2015年6月18日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/06/18/kiji/K20150618010560740.html 
  138. ^ a b “深見東州 in 武道館”. 東京スポーツ. (2013年9月8日) 
  139. ^ a b マイケル・ボルトン (2013年9月6日). “A Starry show at the Budokan in Toyko!”. 2014年2月26日閲覧。
  140. ^ a b 謝燕辰 (1999年5月15日). “日本京剧迷到京拜名师 [日本人京劇ファン北京にて名門師匠に入門]” (中国語). 北京青年報 
  141. ^ a b “日本艺人在中国拜师 [日本人芸術家 中国で弟子入り]” (中国語). 人民日報. (1999年6月10日) 
  142. ^ a b 趙宇清 (2002年8月13日). “唱京剧的日本人深见东州 [京劇を演じる日本人深見東州]” (中国語). 黒龍江日報 
  143. ^ a b 二級京劇俳優授与式”. Toshu Fukami. 2014年4月2日閲覧。
  144. ^ 陳娉舒 (2002年12月7日). “《京剧大典》编纂工程在京启动 [《京劇大典》編纂プロジェクト北京にて始動]” (中国語). 中国青年報 (浙江省文化庁). http://demo.zjwh.gov.cn/include_inc/news_center/news_show.php?news_id=2257&search_news_type=2 
  145. ^ a b “「明るすぎる劇団・東州」が定期公演”. 日中新聞 (日中新聞社). (2009年3月31日) 
  146. ^ a b c d e 「深見東州の深奥の世界とは? 第2回演劇空間のアーティスト 原作・脚本・演出・音楽すべてを担当 ユーモラスに人間社会にもの申す表現者」、『ギャラリー』第326号、ギャラリーステーション、2012年、 100-103頁。
  147. ^ a b c d e f 「深見東州の深奥の世界とは? 第5回東州大薪能、入門能楽鑑賞講座で見せた芸術作品へ理解 古典芸能の解説、説明にも創造性が大きな力となって表れる深見東州の「能楽」に対する愛情と深い知識」、『ギャラリー』第329号、ギャラリーステーション、2012年、 92-95頁。
  148. ^ a b “史上初!! 新国立劇場に本物のリング タイガー、ブル中野らと"異種格闘技戦"も”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年10月20日) 
  149. ^ “「明るすぎる劇団・東州」に初代タイガー、サスケ、西村ら伝説のレスラーも参戦”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2015年6月1日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/323523/ 
  150. ^ “戸渡阿見氏1人7役”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ社). (2015年7月9日) 
  151. ^ “明るすぎる劇団・東州 第6回定期公演”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社). (2015年7月10日) 
  152. ^ “「ミュージオモ」異空間を演出”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2015年7月10日) 
  153. ^ a b c d “第7回定期公演でも戸渡阿見ワールド全開”. 東京スポーツ. (2016年5月24日) 
  154. ^ a b 「第7回明るすぎる劇団東州 定期公演2016 新国立劇場公演リポート」夕刊フジ、2016年5月20日
  155. ^ a b “能楽+バレエ+京劇 物語も躍動 “新” 西遊記”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (1999年10月25日) 
  156. ^ a b c “世界のプリマが能と幻想的な共演”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2000年8月29日) 
  157. ^ a b “『羽衣』を能とバレエで”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2000年8月30日) 
  158. ^ a b “マイヤ・プリセツカヤ 能・バレエ『羽衣』を上演”. 日刊スポーツ新聞 (日刊スポーツ社). (2000年8月24日) 
  159. ^ a b “豪華絢爛スーパーファッションショー”. 日中新聞 (日中新聞社). (2006年12月5日) 
  160. ^ a b 遠藤英湖 (2006年12月7日). “时装表演展现故印象, 四百观众倾倒中国魅力 [紫禁城モチーフのファッションショー 400人の観客を魅了]” (中国語). 東方時報 
  161. ^ ギャグ 戸渡阿見”. 戸渡阿見. 2013年11月16日閲覧。
  162. ^ “今までの人生で一番印象に残っているCM・ポスターのキャッチコピー「怒濤の合格、みすず学苑」「NO MUSIC, NO LIFE」”. マイナビウーマン (株式会社マイナビ). (2013年12月16日). オリジナル2013年12月17日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/6Tofk 
  163. ^ みすず学苑のCMがネットで話題に!”. 株式会社リファイド (2013年2月17日). 2015年6月1日閲覧。
  164. ^ 恩納力 (2014年9月9日). “フカキョン「秘書の才覚」から伝説の「みすず学苑」まで…ネットニュース編集者の心を惑わせる広告ネタ13連発”. 宣伝会議. 2015年6月1日閲覧。
  165. ^ みすず学苑CMの謎を解く”. みすず学苑. 2015年4月4日閲覧。
  166. ^ a b c “深見東州氏の作品展「何やっ展覧会」新作69点含む108点展示 アート創作の「魅力」語る”. 日中新聞 (日中新聞社). (2009年3月31日) 
  167. ^ a b c d e f g h i j k “私の個展 今年もこってんの!”. 日中新聞 (日中新聞社). (2010年3月26日) 
  168. ^ a b c “热爱中华文化关心教育事业 “北京———深见东州日本书画展” 在京举办 [熱愛中国文化 美心教育事業"北京-深見東州日本書画展"北京にて開催]” (中国語). 人民日報. (2000年5月31日). http://www.people.com.cn/GB/paper39/700/83206.html 2015年6月2日閲覧。 
  169. ^ a b “中日画家作品在金台艺术馆展出 [日中画家作品 金台芸術館に展示]” (中国語). 中国教育報. (2001年7月17日) 
  170. ^ a b “中日美术家世纪坛“过招” [日中美術家 世紀壇に招かる]” (中国語). 北京娯楽信報. (2002年11月26日). オリジナル2003年4月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030421022115/http://people.com.cn/GB/wenyu/69/20021126/874835.html 2015年6月1日閲覧。 
  171. ^ “日本・中国国際交流展”. 日中新聞 (日中新聞社). (2010年12月10日) 
  172. ^ a b “深見東州氏が作品展”. 日中新聞 (日中新聞社). (2012年4月13日) 
  173. ^ a b c “深見東州氏が個展”. 日中新聞 (日中新聞社). (2015年4月1日). http://www.infochina.jp/jp/index.php?m=content&c=index&a=show&catid=16&id=7441 2015年6月1日閲覧。 
  174. ^ ガブリエル天使のラブロマンス茶会”. Toshu Fukami. 2014年4月23日閲覧。
  175. ^ 現代俳句データベース(人名)”. 2014年6月3日閲覧。
  176. ^ a b c 会員詳細”. 公益社団法人能楽協会. 2014年3月31日閲覧。
  177. ^ 能楽”. Toshu Fukami. 2014年4月23日閲覧。
  178. ^ a b 宝生流嘱託免状取得記念 東州宝生会発足式”. Toshu Fukami. 2014年4月2日閲覧。
  179. ^ “初訪中の日本宝生流"能"杭州にて講演”. 日経経済新聞. (1999年6月3日) 
  180. ^ “首次来华的日本宝生流“能”剧团来杭献艺 [中国初の日本宝生流 “能” 杭州にて講演]” (中国語). 浙江青年報. (1999年7月29日) 
  181. ^ a b c d “東京大薪能 堪能 摩天楼に優美な世界出現”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (1999年10月2日) 
  182. ^ a b “北京で浸る幽玄の世界 世界芸術文化振興協会が能楽公演”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2000年9月6日) 
  183. ^ a b “能とバレエがステージで融合、「羽衣」を初上演”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2000年9月1日) 
  184. ^ a b “スフィンクスに伝統の舞を披露ーエジプト”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  185. ^ a b “スフィンクスも日本の幽玄鑑賞”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2001年6月2日) 
  186. ^ a b “エジプト スフィンクス背に「薪能」壮大な歴史と自然に溶け込んだ幽玄の美”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2001年8月15日) 
  187. ^ a b “鹿島神宮 能楽ファンでにぎわう”. 茨城新聞 (茨城新聞社). (2002年8月9日) 
  188. ^ a b “夜の潮風にかがり火揺れて”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2001年9月26日) 
  189. ^ a b c “伝統芸術 能 わかりやすく解説”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2002年9月16日) 
  190. ^ a b “夜景に映える幽玄の美 お台場で薪能”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2003年10月1日) 
  191. ^ “お台場で東京大薪能”. 読売新聞 (読売新聞社). (2001年9月22日) 
  192. ^ a b “「第15回東京大薪能」入門能楽鑑賞講座”. 日中新聞 (日中新聞社). (2013年8月6日). オリジナル2014年6月4日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/plaor 
  193. ^ “第12回「東京大薪能」厳かに”. 日中新聞 (日中新聞社). (2009年8月25日) 
  194. ^ “幽玄薪能 都庁をバックに観客6500人堪能”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2004年9月16日) 
  195. ^ “高校生美術祭の優秀作品を展示”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2001年7月25日) 
  196. ^ “高校生の力作320点展示”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2003年8月1日) 
  197. ^ 『第2回東アジア美術交流祭』は東京の日中友好会館で開幕”. 中華人民共和国駐日本国大使館. 2014年3月25日閲覧。
  198. ^ a b c “慈善事业是我一生的追求 [福祉は私のライフワーク]” (中国語). 中国婦女報. (2009年4月28日) 
  199. ^ 鈴木一士 (2013年). “ブラインドゴルフの競技支援に関する研究 (PDF)”. 筑波技術大学大学院. 2014年4月16日閲覧。
  200. ^ a b “ブラインドゴルフ ジャパン・オープン”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2002年3月27日) 
  201. ^ “HOT TIMEインタビュー”. 電気新聞 (一般社団法人日本電気協会新聞部). (2005年4月7日) 
  202. ^ 世界ブラインドゴルフ協会事務局長からの手紙”. 特定非営利法人ブラインドゴルフ振興協会 (2012年6月29日). 2014年3月27日閲覧。
  203. ^ 世界ブラインドゴルフ協会加盟国一覧”. 特定非営利法人ブラインドゴルフ振興協会. 2014年3月27日閲覧。
  204. ^ ISPS Handa PGA Academy Programme”. ISPS. 2013年7月2日閲覧。
  205. ^ Patricia Hannigan (2012年7月16日). “Golf in the Paralympics - Dr. Haruhisa Handa's High Hopes for 2020”. Golf Girl's Diary. 2014年5月29日閲覧。
  206. ^ a b How we are governed”. Royal National Institute Of Blind People (RNIB). 2014年4月24日閲覧。
  207. ^ a b c d e プロフィール”. Toshu Fukami. 2014年3月1日閲覧。
  208. ^ a b シアヌーク病院 ホープ医療センターとは”. 認定NPO法人ホープワールドワイド・ジャパン. 2014年3月27日閲覧。
  209. ^ ABOUT US”. HOPE worldwide. 2012年11月25日閲覧。
  210. ^ “チャリティー音楽会 カンボジアの孤児を救おう オペラ歌手 深見さんら出演”. 福井新聞 (福井新聞社). (2002年5月29日) 
  211. ^ ワールドメイト未来の光孤児院”. ワールドメイト未来の光孤児院. 2013年11月16日閲覧。
  212. ^ Dr. Handa Compensation and Memorial Fund For the Victims of the Khmer Rouge Genocide (PDF)”. HANDA Foundation. 2013年12月22日閲覧。
  213. ^ “Foundation gets 30 million yuan” (英語). チャイナデイリー. (2000年3月30日) 
  214. ^ “第一所“东州春蕾小学”建成”. 新華社. (2000年11月14日). http://www.people.com.cn/GB/channel1/12/20001114/312807.html 
  215. ^ 刘雯 (2000年11月25日). “百所“东州春蕾小学校”计划启动 [百校の"東州春雷小学校"プロジェクト始動]” (中国語). 光明日報. http://www.gmw.cn/01gmrb/2000-11/25/GB/11%5E18615%5E0%5EGMA3-213.htm 2015年6月1日閲覧。 
  216. ^ 刘菲 (2000年11月27日). “百所“东州春蕾小学”正式启动 [“東州春雷小学校”百校正式始動]” (中国語). 人民日報. http://www.people.com.cn/GB/paper39/2052/327874.html 2015年6月2日閲覧。 
  217. ^ 中国の辺境地区に、「春蕾小学校」130校建設”. Toshu Fukami. 2013年11月4日閲覧。
  218. ^ 若梅 (2000年4月4日). “日本国世界艺术文化振兴协会会长深见东州 建百所“春雷小学” [世界芸術文化振興協会会長深見東州、中国児童少年基金会に3000万人民元を寄贈]” (中国語). 中国中学生報 
  219. ^ “春雷女生第一次见到日本“老爸” [春蘭女子生徒日本の“お父さん”と初顔合わせ]” (中国語). 北京晩報. (2001年7月10日) 
  220. ^ a b 「春蕾(しゅんらい)小学校」130校建設計画”. 半田晴久公式ホームページ. 2013年11月4日閲覧。
  221. ^ a b “艺坛耆宿在京喜获成就奖 [芸術界の長老北京にて喜びの“成就賞”受賞]” (中国語). 光明日報. (2002年5月15日) 
  222. ^ a b 高仁 (2002年5月26日). “第一届『造型表演艺术创作研究成就奖』颁奖 [第一回 “造形舞台芸術創作及び学術研究成就賞” 授与]” (中国語). 人民日報 
  223. ^ a b 扬宁舒(楊寧舒) (2006年11月15日). “中国“造型表演艺术成就奖” [中国 “造型舞台芸術成就賞”]” (中国語). 黒龍江日報 
  224. ^ a b “热烈祝贺首届“中国儿童慈善活动日”大型公益活动圆满成功 [熱烈祝賀第一回“中国児童慈善活動日”大型福祉活動円満成功]” (中国語). 人民日報. (2002年6月22日) 
  225. ^ a b 陈佳宾(陳佳賓) (2002年6月23日). “愛心无价 [愛心は無情の宝]” (中国語). 京華時報. http://h-handa.upper.jp/img/c02-11.gif 
  226. ^ a b Honorary International Advisors”. Parliament of the World's Religions. 2013年12月16日閲覧。
  227. ^ a b History and Objectives of the World Faiths Development Dialogue”. Georgetown University (2009年6月). 2013年12月16日閲覧。
  228. ^ a b Leadership of AFDD”. AFDD. 2014年3月27日閲覧。
  229. ^ a b Trustees”. Religions for Peace. 2015年6月2日閲覧。
  230. ^ a b Council of Presidents”. Religions for Peace USA. 2014年4月1日閲覧。
  231. ^ 磯崎史郎 1991, p. 229.
  232. ^ 深見青山『神界からの神通力』日本文芸社 1985年、『奇跡の開運』学習研究社 1991年、『大天運』廣済堂出版 1987年、『大除霊』角川出版 1989年。
  233. ^ 天台声明を大僧正より習う 天台宗比叡山 得度式”. Toshu Fukami. 2013年12月16日閲覧。
  234. ^ a b c インターナショナル・シントウ・ファウンデーション ニューヨーク便り”. 神道国際学会. 2014年2月16日閲覧。
  235. ^ 島薗進 2001, p. 130.
  236. ^ 南アで自由選挙に関するIFAPA会議”. レルネット. 2014年3月27日閲覧。
  237. ^ a b The Australian Council for Human Rights Education (ACHRE)”. ACHRE. 2013年6月23日閲覧。
  238. ^ a b “続・アカスリ半田劇場3 メジャーだけでなくマイナー競技にもスポット”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2014年8月13日) 
  239. ^ a b “続・アカスリ半田劇場2 「ゴルフによる社会貢献」に全力投球”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2014年7月20日) 
  240. ^ a b 海外でのシニアゴルフの振興”. 国際スポーツ振興協会. 2014年5月29日閲覧。
  241. ^ a b ASIAN GOLF MONTHLY AWARDS: KINGDOM OF THAILAND REIGNS SUPREME”. Danang Golf Tour. 2013年7月2日閲覧。
  242. ^ Patricia Hannigan (2011年11月9日). “Dr. Haruhisa Handa - The Quintessential Golf Ambassador”. Golf Girl's Diary. 2014年5月29日閲覧。
  243. ^ Patricia Hannigan (2009年9月6日). “The Handa Cup and Dr. Haruhisa Handa”. Golf Girl's Diary. 2014年5月29日閲覧。
  244. ^ 女性版ライダーカップ構想も持ち上がった 女子プロブームは日米シニア界にも波及中. ゴルフダイジェスト社. (2006-05-02). http://www.golfdigest.co.jp/digest/column/back9/2006/20060502c.asp 2014年3月13日閲覧。. 
  245. ^ 女子シニアゴルフとの出会い”. 国際スポーツ振興協会. 2014年5月29日閲覧。
  246. ^ “"Olympic Values: London and Beyond" Report of the Olympic Values Symposium”. BERKLEY CENTER FOR RELIGION, PEACE & WORLD AFFAIRS AT GEORGETOWN UNIVERSITY. (2012年7月1日). http://berkleycenter.georgetown.edu/publications/olympic-values-london-and-beyond-report-of-the-olympic-values-symposium 2013年11月5日閲覧。 
  247. ^ “Remarks by H.E. Mr. Nassir Abdulaziz Al-Nasser United Nations High Representative for the UN Alliance of Civilizations At The World Sports Values Summit for Peace and Development”. United Nations Alliance of Civilizations (UNAOC) (UNAOC(英語)). (2014年5月22日). オリジナル2014年5月29日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/e3gR6 
  248. ^ “「スポーツ平和サミット東京大会」スポーツの価値を日本から発信”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2013年7月19日) 
  249. ^ a b About Golf Australia”. ゴルフオーストラリア. 2015年6月24日閲覧。
  250. ^ a b Wales Open provides global platform for Handa philosophy”. ヨーロピアンツアー. 2014年3月27日閲覧。
  251. ^ “北の大地に"古豪"集結 シニアツアー「ISPS HANDA CUP 秋晴れのシニアマスターズ」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2013年8月30日) 
  252. ^ “"世界遺産級"熟練の技必見 シニアツアー「ISPS HANDA CUP フィランスロピーシニアトーナメント」あす開幕”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2013年7月10日) 
  253. ^ PGA「ISPSグローイングシニアオープン 」アマチュア予選会”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2013年7月2日閲覧。
  254. ^ “ISPSハンダがワールドカップのタイトルスポンサーに”. ParGolf (Pargolf & Company). (2013年9月11日). オリジナル2013年9月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/QgYir 
  255. ^ “ISPSハンダがワールドカップのタイトルスポンサーに”. ゴルフダイジェストオンラインニュース (ゴルフダイジェスト社). (2013年9月11日). オリジナル2013年9月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/mBtDW 
  256. ^ “ISPS、11月の男子ゴルフW杯に協賛”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2013年9月12日). オリジナル2013年9月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/gtZnp 
  257. ^ 第1回 HANDA CUPフィランスロピー プロボウリングトーナメント”. 一般社団法人 国際スポーツ振興協会. 2013年11月18日閲覧。
  258. ^ a b 役員名簿”. 公益財団法人協和協会. 2014年3月27日閲覧。
  259. ^ “三次元物理探査船の複数隻建造を 海底資源の試掘成功率高める”. 世界日報社 (世界日報). (2010年11月28日) 
  260. ^ 〔三次元物理探査船〕複数隻建造を! (PDF)”. 公益財団法人協和協会. 2014年3月27日閲覧。
  261. ^ a b 評議員・役員等”. 公益財団法人日本国際フォーラム. 2014年3月27日閲覧。
  262. ^ 緊急アピール 対露領土交渉の基本的立場を崩してはならない”. 特定非営利活動法人 ユーラシア21研究所. 2013年12月6日閲覧。
  263. ^ 第32政策提言『積極的平和主義と日米同盟のあり方』 (PDF)”. 日本国際フォーラム (2009年10月). 2013年12月12日閲覧。
  264. ^ 第33政策提言『外国人展望の受け入れと課題』 (PDF)”. 日本国際フォーラム (2010年11月). 2013年12月12日閲覧。
  265. ^ 第35政策提言『膨張する中国と日本の対応』 (PDF)”. 日本国際フォーラム (2012年1月). 2013年12月12日閲覧。
  266. ^ a b c d “UC AND GUANGDONG UNIVERSITY SEEK ACADEMIC TIES”. 東南アジア英字新聞 (The South East Asia Weekly). (2011年2月7日). オリジナル2014年2月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140226172329/http://www.thesoutheastasiaweekly.com/uc-and-guangdong-university-seek-academic-ties/ 2014年2月20日閲覧。 
  267. ^ 世界開発協力機構とは”. WSD. 2015年6月1日閲覧。
  268. ^ 世界開発協力機構とは”. WSD. 2015年6月1日閲覧。
  269. ^ 北方領土4島返還を考える『紙面広告』を掲載”. WSD世界開発協力機構. 2009年5月11日閲覧。
  270. ^ "Bridges" in Cambodia and Thailand starting in November 2009”. International Peace Foundation (2009年). 2013年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月1日閲覧。
  271. ^ 第3回世界オピニオンリーダーズサミット「グローバリゼーションにはチャンスと課題がある」”. WSD世界開発協力機構. 2015年6月1日閲覧。
  272. ^ a b c “「世界オピニオンリーダーズサミット」開催 元英国首相トニー・ブレア氏来場!!”. 東京スポーツ. (2013年9月8日) 
  273. ^ a b 「「世界オピニオンリーダーズサミット」開催 ブレア元英国首相らが日本へ緊急提言」、『THEMIS』第22巻第10号、株式会社テーミス、2013年10月1日、 70頁。
  274. ^ WSD-Handa Young Leaders Program - Tokyo, Japan”. CSIS. 2013年11月22日閲覧。
  275. ^ ザ・グレート・サスケ オフィシャルブログ”. ザ・グレート・サスケ. 2013年11月22日閲覧。
  276. ^ “一夜明け世界オピニオンリーダーズサミット ゲストにブレア元首相”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ社). (2013年9月7日) 
  277. ^ “「世界オピニオンリーダーズサミット」で世界平和を誓った ブレア氏も熱弁”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2013年9月7日) 
  278. ^ a b “クリントン元米大統領らが熱弁”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年11月18日) 
  279. ^ “Bill Clinton, Not Hun Sen, Booked to Speak at Tokyo Summit”. The Cambodia Daily (The Cambodia Daily). (2013年11月5日). http://www.cambodiadaily.com/news/bill-clinton-not-hun-sen-booked-to-speak-at-tokyo-summit-46603/ 
  280. ^ “クリントン元米大統領「日本に必要なのは平和への存在感」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ社). (2013年11月19日) 
  281. ^ 世界の若い議員と語り合う グローバル・オピニオン・サミット. 新聞用広報. 2015年5月23日閲覧。
  282. ^ メディアの皆さん、こんにちはコーナー!. 半田晴久オフィシャルサイト. 2015年5月23日閲覧。
  283. ^ a b c 学術プロフィール”. Toshu Fukami. 2014年2月20日閲覧。
  284. ^ Ismail Abdullahi, ed (2009). Global Library and Information Science: A Textbook for Students and Educators. IFLA Publications. pp. 167-168. 
  285. ^ Hun Sen-Handa Scholarships 2008”. カンボジア大学. 2013年12月22日閲覧。
  286. ^ Samdech Akka Moha Sena Padei Techo Hun Sen-Haruhisa Handa National Scholarships 2009”. カンボジア大学. 2013年12月22日閲覧。
  287. ^ SCHOLARSHIP POLICY”. カンボジア大学. 2014年4月11日閲覧。
  288. ^ a b 孙勤 (2014年9月19日). “在都厅观大薪能剧义演 [都庁で東京大薪能を鑑賞]” (中国語). 中国台湾网. http://news.xinmin.cn/world/2014/09/19/25435443.html 2015年6月1日閲覧。 
  289. ^ 芸術教養学科 教員紹介 有明教育芸術短期大学 [リンク切れ]
  290. ^ “カンボジア遊学、5期生決まる”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2013年3月6日) 
  291. ^ 弦楽四重奏「スターライト・イン・パース」初演”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  292. ^ 「シンフォミエッタ熊野」剣舞「黎明」”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  293. ^ オペラバレエ「やまとは国のまほろば」”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  294. ^ マイヤ・プリセツカヤを迎えての オペラバレエ「天の安河のうけひ」”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  295. ^ ウィーンフィルのトップメンバーを迎えてのチャリティコンサート 「七福神 ウィーンを巡る」”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  296. ^ ウィーンフィルのコンサートマスターとアメリカポップスのスターを迎えてのチャリティコンサート「真夏の夜のイリュージョン」”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  297. ^ チャリティコンサート 「AROUND THE WORLD 」”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  298. ^ “21、22日に「薪オペラ」「薪能」 本宮の大斎原”. 中日新聞 (中日新聞社). (1997年3月19日) 
  299. ^ よみがえる日本の心 オペラと能の鑑賞会 第2 夜「薪能と狂言の夕べ」 能「竹生島」「巻絹」 狂言「仏師」”. Toshu Fukami. 2015年6月1日閲覧。
  300. ^ 鹿島灘薪能と野外オペラの鑑賞会 第1夜「薪能と狂言の夕べ」 能「西王母」 半能「石橋」 狂言「附子」”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  301. ^ 箱根薪能とガラ・コンサート オラトリオ「七福神来天」”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  302. ^ 笛の会 能「養老」”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  303. ^ 藤の花咲く能バレエの夕べ 能「藤」創作バレエ「日本蘇生」”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  304. ^ 賈微 (1999年5月12日). “日本徒弟武生泰斗王金璐 [武生泰斗王金璐、昨日日本の弟子を取る]” (中国語). 北京日報 
  305. ^ 能の「宝生流」NYっ子魅了 日本経済新聞
  306. ^ “宝生流『羽衣』など披露 天女の動き 観客を魅了”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (1999年8月) 
  307. ^ 世界初の試み能楽とバレエと京劇の共演 新作「西遊記・孫悟空」唐皇・土蜘蛛・釈迦の一人三役”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  308. ^ Handa Noh theatre”. Royal Holloway, University of London. 2014年5月29日閲覧。
  309. ^ “ビルの谷に幻想一夜”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2000年10月18日) 
  310. ^ エジプトスフィンクス薪能”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  311. ^ T. Fukami ファッションショー”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  312. ^ “能狂言、2000人が堪能-宝生流一門、鹿島神宮に奉納”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2002年8月8日) 
  313. ^ “真夏の涼 幽玄の美”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2002年8月7日) 
  314. ^ オペラ「聖徳太子」”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  315. ^ “聖徳太子の人間像、オペラでわかりやすく”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2002年10月30日) 
  316. ^ シドニー京劇公演”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  317. ^ 深見東州・52歳バースデイ・サーカス 中東和平コンサート”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  318. ^ オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  319. ^ 節分の鬼神達が歌う 旧暦の年末 第九コンサート”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  320. ^ オペラ 『楊貴妃』”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  321. ^ オラトリオ メサイヤ”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  322. ^ アンコールワット薪能”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  323. ^ a b “用汉语连爱的长城 第二届 (东舒杯) 世界汉语合唱大会举行 [中国語で愛の万里の長城をつなぐ 第二回(東州杯)世界中国語合唱大会開催]” (中国語). 音楽週報. (2006年9月1日) 
  324. ^ 世界初・薪能と薪京劇の競演”. Toshu Fukami. 2014年5月29日閲覧。
  325. ^ ドン・パスクワーレ”. TAF. 2014年5月29日閲覧。
  326. ^ “10日は中野で国際交流オペラ”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2013年9月7日) 
  327. ^ 「深見東州クリスマス・チャリティ・ディナーショー」を開催しました(2013年12月11日)”. 世界開発協力機構. 2013年12月12日閲覧。
  328. ^ “深見東州氏呼びかけ世界的ロッカー集結”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年10月4日). オリジナル2014年10月18日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/nbwgg 
  329. ^ 圧倒的声量で観衆魅了 「秋に燃ゆる国民のコンサート」” (2014年10月6日). 2014年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月24日閲覧。
  330. ^ “3大テノールの一人プラシド・ドミンゴ 4年ぶり来日で大観衆を魅了”. 東京スポーツ. (2015年8月28日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/441473/ 
  331. ^ “国境越え豪華ハーモニー再び 世界的テノール歌手ら美声披露”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2015年8月28日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/08/28/kiji/K20150828011016530.html 
  332. ^ ““十项全能艺术家”印象在-写深见东州北京画展开幕之际 [“十種競技の芸術家” の印象ー深見東州北京画展開幕に際して]” (中国語). 中国文化報. (2001年7月13日) 
  333. ^ See works by distinguished Japanese calligrapher Haruhisa Handa today in the Great Court”. 大英博物館 (2014年12月1日). 2015年6月1日閲覧。
  334. ^ Captivating calligraphy”. 大英博物館 (2014年12月1日). 2015年6月1日閲覧。
  335. ^ 番組紹介ラジオNIKKEI第1
  336. ^ 盲人ゴルファーと女子世界殿堂プロたちの競演 ワールドシニアレディース選手権が日本で開催」、『週刊ゴルフダイジェスト』、ゴルフダイジェスト社、2005年4月2013年6月12日閲覧。
  337. ^ Barrett Wissman (2015年12月9日). “Haruhisa Handa in Tokyo: Lost and Found in Translation”. Forbes. 2016年1月1日閲覧。
  338. ^ 10月23日1回目の放送後記、ラジオNIKKEI、2015年10月24日、2015年10月30日閲覧
  339. ^ 浙江大学大学院日本文化研究所客員教授”. Toshu Fukami. 2014年3月27日閲覧。
  340. ^ “深见东州先生受聘清华大学顾问教授” (中国語). 光明日報. (1999年10月20日). http://news.sina.com.cn/culture/1999-10-20/23803.html 
  341. ^ 中国戯曲学院客員教授”. Toshu Fukami. 2014年3月27日閲覧。
  342. ^ ウルヴァーハンプトン大学経営学部客員教授”. Toshu Fukami. 2014年3月27日閲覧。
  343. ^ 中華女子学院客員教授”. Toshu Fukami. 2014年3月27日閲覧。
  344. ^ Chancellor » Profile”. The University of Cambodia (UC). 2013年6月23日閲覧。
  345. ^ 浙江工商大学日本語言語文化学院日本芸術文化教授”. Toshu Fukami. 2014年4月2日閲覧。
  346. ^ 半田晴久研究データ”. 有明教育芸術短期大学. 2014年2月17日閲覧。
  347. ^ 国際縄文学協会について”. 特定非営利活動法人国際縄文学協会. 2014年3月27日閲覧。
  348. ^ UC Chancellor Appointed Adviser to the Prime Minister”. The University of Cambodia (UC). 2014年4月2日閲覧。
  349. ^ 名誉領事ご挨拶”. 在福岡カンボジア王国名誉領事館. 2014年3月27日閲覧。
  350. ^ Dr. Handa Appointed Adviser to the Royal Government of Cambodia”. The University of Cambodia (UC). 2014年4月2日閲覧。
  351. ^ 半田晴久名誉領事が「政府顧問」に就任”. 在福岡カンボジア王国名誉領事館. 2014年4月2日閲覧。
  352. ^ H.E. Dr. Haruhisa Handa’s Appointment By the Royal Government of Cambodia”. The University of Cambodia (UC). 2013年11月4日閲覧。
  353. ^ 半田晴久名誉領事が「上級大臣政府顧問」に就任”. 在福岡カンボジア王国名誉領事館. 2014年4月2日閲覧。
  354. ^ 張学軍 (2004年3月27日). “中日联手推出歌剧《杨贵妃》 [日中共同公演オペラ]” (中国語). 北京娯楽信報 演劇映画週刊 
  355. ^ IFACの紹介”. 特定非営利活動法人世界芸術文化振興協会(IFAC). 2014年3月27日閲覧。
  356. ^ 高校生国際美術展公式サイト”. 高校生国際美術展実行委員会. 2014年3月25日閲覧。
  357. ^ 組織概要”. 東京芸術財団(TAF). 2014年3月27日閲覧。
  358. ^ 会社案内”. 株式会社ミスズ. 2014年3月27日閲覧。
  359. ^ 学苑長のあいさつ”. みすず学苑. 2014年3月27日閲覧。
  360. ^ 会社案内”. 株式会社たちばな出版. 2014年3月27日閲覧。
  361. ^ 会社案内”. ジャパンペガサスツアー. 2014年3月27日閲覧。
  362. ^ List of Commissioners IFAPA President”. Inter-Faith Action for Peace in Africa. 2014年6月2日閲覧。
  363. ^ 半田晴久名誉会長のごあいさつ”. 特定非営利活動法人日本ブラインドゴルフ振興協会(JBGA). 2014年3月27日閲覧。
  364. ^ 会員名簿”. グローバルフォーラム. 2014年3月30日閲覧。
  365. ^ 世界開発協力機構とは”. 特定非営利活動法人世界開発協力機構(WSD). 2014年3月27日閲覧。
  366. ^ 菱研とは”. 株式会社菱法律経済政治研究所. 2014年3月27日閲覧。
  367. ^ Pacific Forum Board of Governors”. パシフィックフォーラム CSIS. 2013年8月31日閲覧。
  368. ^ The 8th AEF Speakers' Profiles (PDF)”. Asia Economic Forum (AEF) (2012年3月). 2013年6月23日閲覧。
  369. ^ 役職員等名簿”. 東アジア共同体評議会. 2014年3月30日閲覧。
  370. ^ 日印協会 役員等名簿”. 公益財団法人 日印協会. 2014年3月30日閲覧。
  371. ^ 役員紹介”. 日本・ロシア協会. 2016年5月23日閲覧。
  372. ^ ISPS設立の主旨”. 国際スポーツ振興協会. 2014年3月27日閲覧。
  373. ^ フィランスロピーシニアトーナメント”. 公益社団法人 日本プロゴルフ協会. 2014年3月30日閲覧。
  374. ^ 絵画”. 戸渡阿見公式サイト. 2014年3月31日閲覧。
  375. ^ ジュリアード音楽院学長賞(Juilliard President's Medal)”. Toshu Fukami. 2014年1月2日閲覧。
  376. ^ Dr Handa honoured for other passion”. ゴルフオーストラリア (2015年10月29日). 2015年10月29日閲覧。
  377. ^ “为中国儿童福利事业做出突出贡献的先进个人 [中国児童福祉事業に特に貢献のあった個人]” (中国語). 中国婦女報. (2001年7月25日) 
  378. ^ “热烈庆祝中国儿童少年基金会成立二十周年 [熱烈慶祝中国児童少年基金会成立二十周年]” (中国語). 人民日報 (人民日報社). (2001年7月26日) 







固有名詞の分類

歌人 斎藤昌子  中野あけ美  深見東州  加藤貞子  赤瀬ノブ
日本の作曲家 市川喜康  清水昭男  深見東州  篠崎正嗣  三国義貴
ラジオ番組のパーソナリティ・DJ 大田こぞう  徳永玲子  深見東州  服部整治  鶴蒔靖夫
日本の作詞家 市川喜康  加賀大介  深見東州  齋藤貴義  前田武彦
日本の詩人 池井昌樹  富原孝  深見東州  今井白楊  池澤夏樹
日本の経営学者 窪田靖彦  中村秀一郎  深見東州  鶴日出郎  斉藤毅憲
日本の宗教家 久保角太郎  庭野日敬  深見東州  長山六郎  村上光清
日本の芸術家 獅子倉シンジ  池田満寿夫  深見東州  川埜龍三  磯崎新
日本のバリトン歌手 小川雄亮  初鹿野剛  深見東州  松尾興  栗林義信
日本の声楽家 嘉納愛子  大和田りつこ  深見東州  松島瞳  佐々木襄

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

深見東州に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「深見東州」の関連用語

深見東州のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シェルビーズ

紙袋の口止め

アオバト

桑切包丁

自動車船

天神木場の棚田

探偵・映画

排水性トップコート工法





深見東州のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの深見東州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS