深海魚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 海魚 > 深海魚の意味・解説 

しん かいぎょ [3] 【深海魚】

水深200メートル 以深の海中にすむ魚類総称発光器退化した目などを特徴とする。日本近海では,チョウチンアンコウ・ハダカイワシ・タラなど。


深海魚

作者佐伯海夫

収載図書佐伯海夫作品集
出版社佐伯海夫
刊行年月2001.6

収載図書佐伯海夫作品集
出版社佐伯海夫
刊行年月2006.11


深海魚

作者柴田よしき

収載図書、あたしと恋
出版社イースト・プレス
刊行年月2001.10

収載図書、あたしと恋
出版社光文社
刊行年月2004.9
シリーズ名光文社文庫


深海魚

作者吉田ちさ都

収載図書深海魚
出版社碧天舎
刊行年月2004.10


深海魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/13 15:46 UTC 版)

深海魚(しんかいぎょ、: Deep sea fish)は、深海に生息する魚類の総称。一般に、水深200mより深い海域に住む魚類を深海魚と呼んでいる[1]。ただし、成長の過程で生息深度を変える種類や、餌を求めて日常的に大きな垂直移動を行う魚類も多く、「深海魚」という用語に明確な定義が存在するわけではない[2]




  1. ^ a b 『深海魚 暗黒街のモンスターたち』 pp.8-13 「暗黒の世界と深海魚」
  2. ^ 北海道大学総合博物館第8回公開シンポジウム・深海魚の多様性”. 北海道大学総合博物館・大学院水産科学研究科. 2011年5月21日閲覧。
  3. ^ 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.11-14
  4. ^ a b c d e 『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.393-394
  5. ^ Cohen(1970)は深海産の魚類を2,400 - 2,900種と概算している(『Fishes of the World Third Edition』 pp.11-17;『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.201-202)。
  6. ^ Cohen DM (1970). “How many recent fishes are there?”. Proc Californian Acad Sci 38: 341-346. 
  7. ^ 『Fishes of the World Third Edition』 pp.11-17
  8. ^ 一つの科には底生性・遊泳性いずれかの深海魚のみが含まれ、両者が混在することはほとんどない。
  9. ^ a b c d e 『Deep-Sea Fishes』 pp.79-82
  10. ^ a b 『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.398-400
  11. ^ a b 『魚学入門』 pp.59-60
  12. ^ a b 『深海調査船が観た深海生物』 pp.23-29
  13. ^ Naganuma T (2003). “Search for life in deep biospheres”. Biol Sci Space 17 (4): 310-317. PMID 15136755. 
  14. ^ 1775年までに、すでに26種の底生魚が記載されている(『Deep-Sea Fishes』 pp.79-82)。
  15. ^ 『深海と深海生物 美しき神秘の世界』 p.121
  16. ^ 『深海の生物学』 p.235
  17. ^ マリアナ海溝チャレンジャー海淵において世界で初めて底生生物の採集に成功”. 海洋科学技術センター. 2014年4月19日閲覧。
  18. ^ 『深海の生物学』 p.392
  19. ^ a b Nielsen JG (1977). “The deepest living fish Abyssobrotula galatheae. A new genus and species of oviparous ophidioids (Pisces, Brotulidae)”. Galathea Rep: 41-48. 
  20. ^ Andriashev AP (1955). “A new fish of the snailfish family (Pisces, Liparidae) found at a depth of more than 7 kilometers”. Trudy Inst Okeanol Akad Nauk SSSR: 340-344. 
  21. ^ Nielsen JC, Munk O (1964). “A hadal fish (Bassogigas profundissimus) with a functional swimbladder”. Nature 197: 594-595. 
  22. ^ 『深海生物図鑑』 pp.244-247
  23. ^ 『海洋生物の機能』 pp.89-101
  24. ^ a b 『Deep-Sea Fishes』 pp.352-359
  25. ^ Phleger CF, McConnaughey RR, Crill P (1979). “Hyperbaric fish trap operation and deployment in the deep sea”. Deep-Sea Res 26: 1405-1409. 
  26. ^ 『潜水調査船が観た深海生物』 pp.383-385
  27. ^ 『深海生物ファイル』 pp.160-162
  28. ^ a b Devine JA, Baker KD, Haedrich RL (2006). “Deep-sea fishes qualify as endangered”. Nature 439: 29. PMID 16397489. 
  29. ^ a b c d e 『Deep-Sea Fishes』 pp.83-99
  30. ^ a b 『深海生物図鑑』 pp.238-239
  31. ^ a b c 『Deep-Sea Fishes』 pp.115-117
  32. ^ 『潜水調査船が観た深海生物』 pp.3-4
  33. ^ 区分方法や区切りとなる水深は研究者によって異なる。また、海底には別の区分がある。
  34. ^ a b 『Deep-Sea Fishes』 pp.82-83
  35. ^ これら2目には合わせて約650種が所属し、中深層遊泳性魚類の大半を占めている。
  36. ^ 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.208-209
  37. ^ 漸深層と深海層の境界を4,000mに置く場合もある(『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.393-394)。
  38. ^ 『深海生物図鑑』 p.221
  39. ^ 『深海の生物学』 pp.172-173
  40. ^ Denton EJ and Marshall NB (1958). “The buoyancy of bathypelagic fishes without a gas-filled swimbladder”. J Marine Biol Assoc UK 37: 753-767. 
  41. ^ a b c d e f 『Deep-Sea Fishes』 pp.150-172
  42. ^ a b 『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.394-396
  43. ^ Locket NA (1977). Adaptations to the deep-sea environment. In Handbook of sensory physiology. Vol. VII/5. The visual system in vertebrates. Berlin: Springer-Verlag. pp. 67–192. 
  44. ^ 『深海生物図鑑』 pp.48-49
  45. ^ 『深海の生物学』 pp.249-250
  46. ^ Warrant EJ and Locket NA (2004). “Vision in the deep sea.”. Biol Rev Camb Philos Soc 79 (3): 671–712. PMID 15366767. 
  47. ^ Warrant EJ (2000). “The eyes of deep-sea fishes and the changing nature of visual scenes with depth.”. Philos Trans R Soc Lond B Biol Sci 355 (1401): 1155–1159. PMID 11079389. 
  48. ^ 『日本の海水魚』 p.90
  49. ^ a b 『深海生物図鑑』 pp.170-175
  50. ^ 『深海の生物学』 p.143
  51. ^ a b c d e f g h i j 『Deep-Sea Fishes』 pp.128-172
  52. ^ 脂質の主成分であるスクアレンは、肝油の原料として利用される。
  53. ^ 『深海の生物学』 pp.275-280
  54. ^ Denton EJ and Land MF (1971). “Mechanism of reflexion in silvery layers of fish and cephalopods”. Proc R Soc Lond B Biol Sci A178: 43-61. PMID 4397267. 
  55. ^ 『深海の生物学』 p.281
  56. ^ a b 『Oceanic Anglerfishes』 pp.229-251
  57. ^ 『深海の生物学』 p.284
  58. ^ Haygood MG (1993). “Light organ symbioses in fishes”. Critical Rev Microbiol 19: 191-216. PMID 8305135. 
  59. ^ a b 『深海の生物学』 pp.287-289
  60. ^ 『深海の生物学』 pp.289-291
  61. ^ Herring PJ (1988). Luminescent organs. In The Mollusca. Vol. 11. Form and function. San Diego: Academic Press. 
  62. ^ Douglas RH, Partridge JC, Marshall NJ (1998). “The eyes of deep-sea fish. I: Lens pigmentation, tapeta and visual pigments”. Prog Retin Eye Res 17 (4): 597-636. PMID 9777651. 
  63. ^ Denton EJ, Herring PJ, Widder EA, Latz MI, Case CE (1985). “On the 'filters' in the photophores of mesopelagic fish and on a fish emitting red light and especially sensitive to red light”. Proc R Soc Lond B225: 63-97. 
  64. ^ a b c 『深海の生物学』 pp.302-306
  65. ^ 『深海の生物学』 pp.297-302
  66. ^ a b 『深海の生物学』 pp.307-310
  67. ^ 『深海の生物学』 pp.293-297
  68. ^ Young RE (1983). “Review of oceanic luminescence”. Bull Marine Sci 33: 829-45. 
  69. ^ 『深海生物図鑑』 pp.52-53
  70. ^ a b c d e f 『Deep-Sea Fishes』 pp.118-128
  71. ^ 『深海の生物学』 pp.128-138
  72. ^ a b 『Deep-Sea Fishes』 pp.99-102
  73. ^ a b c 『Deep-Sea Fishes』 pp.103-106
  74. ^ a b 『深海の生物学』 pp.332-336
  75. ^ Ghiselin MT (1974). The economy of nature and the evolution of sex. Berkeley: University of California Press. 
  76. ^ Pietsch T (1976). “Dimorphism, parasitism and sex: reproductive strategies among deep-sea ceratioid anglerfishes”. Copeia 4: 781-793. 
  77. ^ 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.254-255
  78. ^ 腹部が最も多いが、背部や頭部、あるいは誘引突起に付着していた例も知られている (『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.396-397)。
  79. ^ 『日本の海水魚』 p.109
  80. ^ a b 『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.396-397
  81. ^ Marshall NB (1967). “The olfactory organs of bathypelagic fishes”. Symposia Zoo Soc L 19: 57-70. 
  82. ^ 『深海生物図鑑』 pp.38-40
  83. ^ 『深海魚 暗黒街のモンスターたち』 pp.64-91 「IV 摂餌」
  84. ^ a b c 『Deep-Sea Fishes』 pp.102-103
  85. ^ 『深海生物図鑑』 pp.62-65
  86. ^ a b c 『深海魚 暗黒街のモンスターたち』 pp.196-203
  87. ^ 『日本の海水魚』 p.115
  88. ^ 『深海生物ファイル』 pp.118-119
  89. ^ 厚生省通達(昭和45年9月4日付 環乳第83号および昭和56年1月10日付 環乳第2号)
  90. ^ a b 『魚類環境生態学入門』 pp.192-193
  91. ^ 『潜水調査船が観た深海生物』 pp.35-37
  92. ^ Seo HS, Endo Y, Fujimoto K, Watanabe H, Kawaguchi K (1996). “Characterization of lipids in myctophid fish in the subarctic and tropical Pacific”. Fisheries Sci 62: 447-453. 
  93. ^ Better management for fishing's 'last frontier'”. FAO. 2010年5月2日閲覧。
  94. ^ 『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.201-202
  95. ^ 『海の動物百科2 魚類I』 pp.20-21
  96. ^ 『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.234-236
  97. ^ 例として、50属以上を擁するワニトカゲギス目の中で、化石記録を持つものは5属に過ぎない(『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.201-202)。
  98. ^ 『Deep-Sea Fishes』 pp.43-46
  99. ^ a b 『Deep-Sea Fishes』 pp.46-74
  100. ^ NZ IPY-CAML Voyage 2008 (英語)
  101. ^ 『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』 pp.344-346
  102. ^ a b 『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』 pp.1883-1892







深海魚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

深海魚に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「深海魚」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

深海魚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ピーシング針

トノサマガエル

正ヶ洞

斐伊川

SC430

ハンドルバー

広帯域移動無線アクセスシステム

IRT355内燃動車





深海魚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの深海魚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS