淀川とは?

よど がわ -がは 【淀川】 ◇

滋賀県琵琶湖水源とし,京都盆地南部西流盆地西端桂川木津川合わせ大阪平野南西流し大阪湾に注ぐ川。長さ75キロメートル上流瀬田川宇治川といい,狭義では桂川木津川との合流点から下流をさす。⦅歌枕⦆ 「さみだれ近くなるらし-のあやめのもみくさおひにけり/拾遺

淀川

淀川の流れ信頼文化はぐくむ淀川をめざして・・・)
日本最大の湖「琵琶湖」を源とする淀川は、その上流部では瀬田川中流部では宇治川と呼ばれ、京都府大阪府境界付近桂川木津川合流した後は淀川となり、大阪市はじめとする近畿圏中心部を貫き大阪湾に注ぐ流域面積8,240km2幹川流路延長75.1kmの一級河川です。

大阪市中心部を流れる淀川
大阪市中心部を流れる淀川

河川概要
水系淀川水系
河川淀川
幹川流路延長75.1km
流域面積 8,240km2
流域内人1,100万人(猪名川除く)
流域関係都県大阪府京都府滋賀県兵庫県三重県奈良県

淀川流域図
○拡大図
1.淀川の歴史
"明治時代、淀川改修工事においてオランダ人技師 デ・レーケは、「粗朶沈床工」を用いて航路確保しました。
舟運衰退後、この粗朶沈床工が現在のワンドとなり、天然記念物イタセンパラ生息するなど、生物にとって貴重な環境となっています。"

特有の歴史先人の知恵活用

淀川は長岡京784年遷都)や平安京794年遷都)の頃から、都と瀬戸内海を結ぶ交通大動脈として利用されていました。江戸時代大阪は「天下の台所」として繁栄しましたが、その基礎となったのも淀川の水運でした。
ところが明治初めの淀川は、上流から流れてくる真砂花崗岩風化した砂)が堆積し、水深およそ40cm。流心は一定でなく、昨日澪筋今日浅瀬変わり航路は迂余曲折し、40石積みの舟がようやく航行できるというありさまでした。河床の浅いところでは数人人夫小舟乗り鋤簾土砂をすくい、舟を進める「澪掘り」という一時しのぎで、わずかに航路維持していました。

写真1:粗朶水制の作成作業風景 写真2:水制工事図面(赤い線が水制) 写真3:水制と蒸気船
写真4:城北ワンド群(上流側より撮影)
当時日本に招かれた、オランダ人土木技師ヨハネス・デ・レーケ達によって、淀川の改修工事始まりました。この工事目的蒸気船が淀川を通って大阪湾から京都伏見まで行けるように、1.5m水深を保つことにありました。そのため、この工事で用いられたのが、明治時代初めヨーロッパから持ち込まれた「粗朶水制」(写真1,2,3)という技術です。 この水制は岸から川の中央に向かって垂直に突き出した形をしており、木の小枝下草をあんだものを何重にも積み重ねその上に大きな石を乗せ、川の底に沈めて作りました。この水制を使えば、水の流れは、木の小枝の間を通ることができ、穏やかに川の流れ曲げることができました。この水制で囲まれたところに土や砂がたまり、その上に水際を好む木や茂り現在のワンド」(写真4)の元の形ができました。水制工事は、昭和20年代前半まで行われました。

写真5:イタセンパラ
写真5:イタセンパラ
ワンドでは水の流れもなく、川底に細かい土がたまり貝類が住み着き、貝に産卵する多くなります。またワンド周辺植物茂り大きな入り込めなくなるので、稚魚天然記念物であるイタンセパラ(写真5)をはじめとした多く生物が暮らす絶好の場所となっています。
淀川の航路整正し、船を通すための工事を行った結果淀川の営みと相まって、非常に良好淀川の河川環境創造されたと言えるでしょう

3.淀川の自然環境
"淀川の特徴ある河川環境として、ワンド多く見られます。ワンドにはイタセンパラをはじめ、淀川で見られる魚類の殆どの種類生息しています。また、鵜殿には75haに及ぶヨシ原が広がっています。"

三川合流点(上流側より撮影,左より木津川、宇治川、桂川)
三川合流点上流側より撮影,
左より木津川宇治川桂川
淀川は滋賀県琵琶湖を源とする宇治川三重県青山高原を源とする木津川京都府丹波高原を源とする桂川三川京都府八幡市付近合流し、淀川(本川)となり大阪湾流れ込む本川流路延長約75kmの河川です。

三川合流付近河川敷ヤナギ類エノキクワなどが生え豊富な種類野草が生い茂っているため、淀川でも有数昆虫類生息地となっています。また宇治川木津川の境及び宇治川桂川の境には背割堤という川の流れを緩やかに合流させるための堤が築かれています。宇治川木津川の境にある背割堤名所として有名で、長さ約1.5kmに及ぶ桜並木あります

鵜殿のヨシ原(上流側より撮影)、右下:鵜殿のヨシ原焼き
鵜殿のヨシ原上流側より撮影
右下鵜殿のヨシ原焼き
三川合流より2kmほど下流右岸側には広大ヨシ原鵜殿のヨシ原)が広がっています。このヨシ原手入れを行わずに放置しておくと他の植物との生存競争負け減少します。そこで毎年2月に「鵜殿のヨシ原焼き」を行ない、他の植物焼き払う等し保護努めています。鵜殿のヨシ原には夏に姿を見せオオヨシキリの大繁殖地があります。またカヤネズミ等様々な生物生息地になっています。

さらに下流に行くと河川公園グラウンドなど人が利用している空間隣接して、多くの植?物が群落を作っており、淀川河川敷きは原野環境が残された大阪平野でも貴重な場所となっています。原野水鳥たちの生育する環境でもあり、こうした豊かな環境守り、人の影響和らげる地区として野草地区を設けています。
また、淀川の特徴的環境であるワンド所々見られます。とくに城北(きたしろ)ワンド群は多くワンドが連なっており、天然記念物イタセンパラ希少な水生昆虫のエサキアメンボなど貴重な動植物宝庫になっています。

また、毛馬にある淀川大堰から下流海水淡水が混ざり合った汽水域であり、十三干潟にはヤマトシジミ生息しています。

4.淀川の主な災害
"昭和34年9月台風15号伊勢湾台風)では、名張市全域濁水中に没するなど、木津川流域過去最高の流量記録しました。"

昭和28年9月25日出水について
9月16日トラック島付近に発生した熱帯性低気圧は、18日午前9時台風13号となりました。台風その後発達しながら北西進み22日には中心気圧897hpa、最大風速75mの猛烈な台風となりました。台風北北東進み25日午後5時30志摩半島上陸本州縦断して、26日朝奥羽地方東沖に抜けました。
淀川本川沿岸では、右支芥川とその右小支川女瀬川との合流点付近で、25右岸約150mが決壊本川芥川逆流して決壊口より氾濫し、富田町三箇牧村味生村一帯の1,700haが浸水しました。右支檜尾川では、左岸堤約60mが決壊、約500haが20日間浸水し、低地京阪神急行線を途絶させました。
その他、左岸においても数カ所、総延長1,000mに渡り表のりを崩壊し、堤防漏水内水のために約15haが浸水しました。
堤防決壊400箇所達し府県下重要国府県道国道24号線のほか56路線に及ぶ433箇所通行不能となりました。また、橋梁流出は、国府県道その他にわたり359数えるに至りました。

檜尾川左岸決壊、淀川右岸堤より高槻市梶原方面を撮影 地図
檜尾川左岸決壊、淀川右岸堤より高槻市梶原方面撮影

(注:この情報2008年2月現在のものです)

淀川

読み方:ヨドガワ(yodogawa)

所在 岡山県

水系 吉井川水系


淀川

読み方:ヨドガワ(yodogawa)

所在 岡山県

水系 高梁川水系


淀川

読み方:ヨドガワ(yodogawa)

所在 宮城県

水系 淀川水系

等級 2級


淀川

読み方:ヨドガワ(yodogawa)

所在 秋田県

水系 雄物川水系

等級 1級


淀川

読み方:ヨドガワ(yodogawa)

所在 福井県

水系 九頭竜川水系

等級 1級


淀川

読み方:ヨドガワ(yodogawa)

所在 滋賀県京都府大阪府

水系 淀川水系

等級 1級


淀川

読み方:ヨドガワ(yodogawa)

所在 兵庫県

水系 千種川水系

等級 2級


淀川

読み方:ヨドガワ(yodogawa)

所在 岡山県

水系 吉井川水系

等級 1級


淀川

読み方:ヨドガワ(yodogawa)

所在 北海道磯谷郡蘭越町


淀川

読み方:ヨドガワ(yodogawa)

所在 宮崎県宮崎市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

淀川

読み方:ヨドガワ(yodogawa)

所在 大阪府(阪神電気鉄道阪神本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

淀川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/11 07:48 UTC 版)

淀川(よどがわ)は、琵琶湖から流れ出る唯一の河川瀬田川(せたがわ)、宇治川(うじがわ)、淀川と名前を変えて大阪湾に流れ込む。滋賀県京都府及び大阪府を流れる淀川水系の本流で一級河川。流路延長75.1km、流域面積8,240km²。なお、先述の流路延長は琵琶湖南端よりの延長であり、河口から最も遠い地点は滋賀県・福井県分水嶺である栃ノ木峠であり、淀川の源の石碑が設置されている。この場所は琵琶湖へ流入する河川・高時川の水源地であり、そこからの河口までの直線距離は約130km、流路延長に換算すると約170kmとなる。




  1. ^ 古代には淀川・大和川ともに河内湖(草香江、歴史をさらにさかのぼると河内湾)に流入していた。
  2. ^ 暁鐘成「雲錦随筆」吉川弘文館(日本随筆大成 巻2)1927年(昭和2年)、44頁
  3. ^ 出典・京都新聞連載記事「潤いをとどけて・京都市水道100年」2012年8月21日掲載『8)返したい美しい水』
  4. ^ 京都市広報「きょうと市民しんぶん」平成25年1月1日号3面掲載の「東部クリーンセンターの持ち込みゴミの受付終了」より
  5. ^ 山崎太郎ともよばれ、瀬田の唐橋(勢多次郎)、宇治橋(宇治三郎)とともに日本三古橋の一つに数えられる。







淀川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「淀川」の関連用語

1
98% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

淀川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

江戸川

天塩川

釧路川

赤川

関川

大井川

常呂川

米代川





淀川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2016 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの淀川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS