海運とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 地名 > 海運の意味・解説 

かい うん [0] 【海運】

海上を)船舶旅客貨物などを運ぶこと。 「 -業者」 「 -国」 → 陸運水運


海運

読み方:カイウン(kaiun)

所在 北海道釧路市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒085-0023  北海道釧路市海運

海運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/10 18:27 UTC 版)

海運(かいうん、英語:marine transport)とは、海上を利用した旅客輸送貨物輸送である。




脚注
  1. ^ 運輸業界では、物流効率や物流量を計る尺度として「輸送トンキロ」を使用する。輸送トンキロは、1トンの貨物を1キロメートル運ぶ場合の燃費やコスト、その輸送量を表現するのに使用される。まれに「輸送キロトン」とも云う。
  2. ^ フジサンケイビジネスアイ (2009年7月28日). “視界不良、海運に大波 郵船・川汽が通期赤字”. 2009年8月4日閲覧。
  3. ^ 国土交通省海事局 (2007年8月15日). “18.旅客輸送実績 (PDF)”. 2009年4月16日閲覧。
  4. ^ 国土交通省海事局 (2007年8月15日). “26.輸送機関別貨物輸送量の推移 (PDF)”. 2009年4月16日閲覧。
  5. ^ \frac{6,549,940}{11,596,327}\approx 0.5648 自動車工業会調べ
  6. ^ 池田良穂監修 『船のすべてがわかる本』 ナツメ社 2009年2月9日発行 ISBN 9784816346408


「海運」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

海運に関連した本

「海運」に関係したコラム

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • 株式の小型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「海運」の関連用語



3
74% |||||






9
回漕 国語辞典
70% |||||

10
漕運 国語辞典
70% |||||

海運のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ムラサキケマン

ハンノキ

せりだし

ヤスリ

USB端子

ドクヤマドリ

カイマントカゲ

デオ600系





海運のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2016 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海運 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS