海賊戦隊ゴーカイジャーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > テレビ番組 > スーパー戦隊シリーズ > 海賊戦隊ゴーカイジャーの意味・解説 

海賊戦隊ゴーカイジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/10 08:17 UTC 版)

海賊戦隊ゴーカイジャー』(かいぞくせんたいゴーカイジャー)は、2011年2月13日から2012年2月19日までテレビ朝日系列で毎週日曜7:30 - 8:00(JST)に放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。




[ヘルプ]
  1. ^ 文字の色分けはマーベラス:黄、それ以外:白。
  2. ^ 第1話に『サンバルカン』の本拠地と同名のカレー店が登場したり、過去作品の主題歌の歌詞を引用したセリフが使われたり、歴代キャストに関連のある小道具が登場するなど。
  3. ^ 変身後からの多段変身なので顔がはっきりと見える場合はメットの上からとなっているが、フラッシュマンではシャットゴーグルを表現する関係上、変身前の顔が写っている。
  4. ^ ゲキレンジャー・ジェットマン・ジュウレンジャー編など。第31話のオーレンジャー編では、挿入歌や最終話エンディングテーマにもなった「虹色クリスタルスカイ」が使用されている。
  5. ^ 獣電戦隊キョウリュウジャー』を除く。なお、画面右下に番組ロゴが表示されるパターンは『地球戦隊ファイブマン』以来だが、この場合はBGMが存在する。第29話Aパートのみ三条夫妻が視聴者に問いかける特別仕様だったが、これは『爆竜戦隊アバレンジャー』のアイキャッチと同じ。
  6. ^ ザギンはザンギャックの通貨単位であり、ハカセ曰く日本円に換算すると「1ザギン=約360円」。
  7. ^ 戦闘が最高潮の時は「ド派手に行くぜ!」に変化する。またこのセリフを他メンバーが口走ることもあるが、メンバーの個性によって語尾は変化する。
  8. ^ 1ペアを自信満々にだしており、勝負に一度も勝っていないことを仲間に指摘されても、「調子が悪かっただけだ」と言い張っている。
  9. ^ 追加戦士の際はタイムファイヤー、番外戦士の際はウルザードファイヤー、『スーパーヒーロー大戦』でライダーキーを使った際はオーズ タジャドルコンボ、『スーパーヒーロー大戦Z』でメタルヒーローキーを使った際は特捜エクシードラフトのドラフトレッダーに変身している。
  10. ^ 作中で変身したレッド以外の戦士はボウケンシルバー・デンジグリーン・ガオイエロー・ゴセイブルー・プテラレンジャー・ビックワン(いずれも1度しか変身していない)。ブラック戦士の変身は1度も無い。
  11. ^ 作中で変身したブルー以外の戦士はガオレッド・アバレブラック・ビックワン・マジシャイン・ゴセイナイト・ボウケンレッド・シンケングリーン・タイガーレンジャー・ピンクフラッシュ・デカブレイク・レッドレーサー・デカマスター・デンジレッド・ダイナレッド、レッドフラッシュ、バルイーグルの16人。なお,『スーパーヒーロー大戦』ではオーズ シャウタコンボ、『スーパーヒーロー大戦Z』では重甲ビーファイターのブルービートに変身している。
  12. ^ ただし、キレンジャー、ゴーグルイエロー、ダイナイエローなどはデザインが男女共通のため、変化はない。
  13. ^ ただし全員でホワイト戦士に変身する場合はいずれか2人のキーではなくアイムが所有するガオホワイトキーを2度使用している。また、ジュウオウジャー29話のEDからイエローおよびホワイトが不在のキョウリュウジャーにチェンジする際は、キョウリュウブラックにチェンジすることが判明している。
  14. ^ 赤繋がりの際はマジレッド、ゲキレッド(2回)、女シンケンレッド(2回)、ギンガレッド、青繋がりの際はブルードルフィン、緑繋がりの際はシシレンジャー、ピンクつながりの際はメガピンク、黒つながりの際はニンジャブラックにチェンジしている。
  15. ^ 作中では追加戦士の際はメガシルバー(2回 / 銀色つながりの際も同様)、番外戦士ではズバーンと女シンケンレッド(赤つながりの際もたびたび使用)とマジマザー(戦闘ではなく雪を降らせるために変身)になっている。『スーパーヒーロー大戦』ではオーズ ラトラータコンボ、『スーパーヒーロー大戦Z』ではビーファイターカブトに変身している。
  16. ^ 味だけではなく健康面でも気を遣い、それらをレシピに記入しているが、鎧が加入するまでそのことを知っていたのはアイムとナビィのみである。
  17. ^ 追加戦士つながりで変身した際はドラゴンレンジャーに変身している。
  18. ^ ジュウオウジャー29話のEDより。なお、ハカセがデフォルトで変身する戦士の中では唯一オリジナルと性別が異なる。
  19. ^ ただし、1回ゲキレンジャーつながりで変身した際に黒獅子リオに変身したことがある。また、番外戦士の際はシグナルマンとズバーン、色つながりの際にはゴセイレッド(3回)、ガオシルバー、デカレッド、ハリケンイエロー、タイムブルー、ファイブピンク、アバレキラー、オーレッド、ファイブレッド、レッドレーサーにチェンジしており「スーパーヒーロー大戦」ではオーズ ガタキリバコンボ、『スーパーヒーロー大戦Z』では磁雷矢にチェンジしている。
  20. ^ これはアクションシーンで翻った髪が顔に被りNGとなることが多かったため、演じる小池が提案した物[3]
  21. ^ クワガライジャー・ゲキチョッパー・ゴーオンブラックが該当。なお当初は彼女がアバレキラーに変身していたが、シルバーの加入後は彼が変身するようになる。『スーパーヒーロー大戦』では唯一オーズのコンボに該当色がないためプトティラコンボ、『スーパーヒーロー大戦Z』ではジャンパーソン(どちらも紫)に変身している。また、番外戦士ではデカスワン(2回)、獣人メレ、マジマザー、姫シンケンレッド、色つながりの際はゲキレッド(2回)、マジレッド(4回)、ゴーオンシルバー(2回)、グリーンフラッシュ(2回)、ゴセイイエロー、マジブルー、ギンガレッド(ライオンつながり)に変身経験がある。
  22. ^ 一方でハカセほど健康面には気を遣っておらず、アイムからそのことを聞かされた際には素直に彼を賞賛しており、そのことが鎧への嫉妬心から自信を失っていたハカセを立ち直らせるきっかけになる。
  23. ^ 『空飛ぶ幽霊船』で一度だけナビィを呼び捨てしているが、それ以降は「さん」付けで呼んでいる。
  24. ^ 作中ではゴーオンシルバーのみゴーオンウイングスとして左半身だけの変身にとどまり、戦士単体には未変身。なお作中ではピンクが2度、ゴーオンシルバーに変身しており鎧自身も3回ゴーオンゴールドに変身している(このうち1回目はゴーオンシルバーに変身したアイムに合わせたため。残り2回は『VS宇宙刑事ギャバン』、『スーパーヒーロー大戦Z』で変身している)。
  25. ^ 作中ではシンケンゴールドに変身したかったので顔に漢字とマーベラスに伝えた結果、誤ってキングレンジャーになったり、自身がシュリケンジャーになるためハリケンジャーとゴウライジャーになってもらうためマーベラスとルカ以外の3人に忍者でと頼んだら他のメンバーがカクレンジャーになったり、自身がドラゴンレンジャーに変身するためジョーに恐竜戦隊でと言ったらジョーがアバレブルーになったことがあった。
  26. ^ 黄色つながりの際はキリンレンジャー、青色つながりの際はアオレンジャー、赤色つながりの際はデカレッド・ゴーオンレッド・ボウケンレッド・ティラノレンジャー(『VS宇宙刑事ギャバン』ではタイムファイヤー)、ピンクつながりの際はダイナピンクに変身している。『スーパーヒーロー大戦』ではオーズ サゴーゾコンボ、『スーパーヒーロー大戦Z』ではジバンに変身している。
  27. ^ 本作品に連動して発売している過去のスーパー戦隊に関係した玩具の総称は「レジェンド戦隊シリーズ」である。
  28. ^ そのため、変身アイテムを装備していない。
  29. ^ 原典でも恭介たちカーレンジャーは、変身前での戦闘経験がほとんどない。
  30. ^ その際、原典でVRVマスターが何かとカーレンジャーらに手渡していた瓶入りのコーヒー牛乳も差し出している。
  31. ^ 追加戦士という立場、コードネームに色が入っていない、レッドと因縁がある、恐竜型のロボを所有していた、など。また、ドラゴンレンジャーとアバレキラーは敵組織に属していた時期があり、タイムファイヤーは当初から敵ではないが一人でロンダーズファミリーと戦ったりタイムレッドをライバル視するなどしており、3人ともレギュラーメンバーと協力していなかった期間がある。その後は仲間となるが、最終回前に死亡しているのも共通。
  32. ^ 玩具での名称はブルブラックキー。
  33. ^ この際ハカセから差し入れのドーナツをもらうが、ドーナツはヒカル/ギンガイエローの好物である。
  34. ^ 鎧によると「消えたブラックコンドル」以外にもジェットマンには幾つかの謎があるとのこと。
  35. ^ その時の願い事は「ここ(今いる酒場)の酒はまずい。もっと、うまい酒が飲みたい」
  36. ^ 墓には、煙草、マッカラン、花束、野菜、アコちゃんラーメンが備えてあった。また、鎧の口からジェットマンのその後が説明された際、イエローオウルの大石雷太は「無農薬野菜のネットスーパー社長」になっていることが新たに設定された。
  37. ^ 原典にて、笑里が自作したコスプレであり、笑里曰くスーパー戦隊200番目の戦士。
  38. ^ その後、アイムも使用はしたものの、コスプレでしかなかったためにその姿のままでは戦闘に参加せず、その後のロボ戦においてもそのキーを使用した描写はなかった。ゴーカイジャーがアバレンジャーに変身する際は、他のメンバーのメットが吼えるのに対し、アバレピンクのみ豚の鳴き声を放つ。
  39. ^ 原典でも生身での戦闘や名乗りを行っている。
  40. ^ 劇場版では変身前の姿であるが、本編ではゴーオンイエローに変わっている。
  41. ^ チェンジマンのみ第31話の冒頭で地球守備隊が襲撃され、男性陣の誰かが大いなる力を奪われる場面が描かれている。
  42. ^ 原典において嵐山長官が着ていた長官服と同じデザインであるが、飛羽が長官になっているのかどうかは不明。
  43. ^ ドギー・クルーガー役の稲田徹のtwiterには「竹本監督に聞いた裏設定によると、レジェンド大戦後、実体をなくして何らかの形になっていたシグナルマンは地球署で保護(保管?)されていた。そのため、キーが帰ってきて実体を取り戻した時、一緒の場所にいたらしい」とある([1])。
  44. ^ 前者は韮沢の、後者は篠原の趣向によるものであるため、それぞれが担当した怪人のみ該当する。
  45. ^ ただし、デザイナーが明言したのは幹部のアクドス・ギル、ワルズ・ギル、ダマラス、インサーン、バリゾーグ、シカバネン、ザッガイ(アンコウ)、センデン(ワラスボ)、ジェラシット(ウミウシ)、ザキュラ(イソギンチャク)、ダイヤール(バーミヤ兵)、デラツエイガー(バツラー兵)や下記の決戦機2体とごく一部である。
  46. ^ デザインを担当した韮沢靖によると「皇帝」だから。
  47. ^ バリゾーグを持ち上げたり、ウガッツを素手でなぎ倒す程度の腕力はある。
  48. ^ 例として気に入らない態度をとった部下に秘密裏に爆弾を取り付けゴーカイジャーを道連れにしようとするなど。
  49. ^ ワルズが戦死した結果ダマラスが自由に動けるようになり、その後ゴーカイジャー打倒のため乗り出したため、大いなる力をすべてそろえるのにゴーカイジャーを泳がせようとしていたバスコは、ワルズの死を知って苦い顔をしていた。
  50. ^ インサーンの不在時などにはワルズやダマラスが使用する場合もある。
  51. ^ シドはこの技をジョーに見せたことがあり、後にジョーもこの技を習得している。『海賊戦隊ゴーカイジャーファイナルライブツアー2012』やダイスオーDXの特命3弾、『海賊戦隊ゴーカイジャー超全集』[18]において一刀流ソウルブレイドという名称がつけられている。
  52. ^ 当初は平成仮面ライダーシリーズにならって「○○○ダムド」(ダムド=屍の意味)と仮称していた。第1話の怪人が「シカバネン」なのはその所以。
  53. ^ 赤き海賊団の頃も戦闘には参加していなかったようであり、マーベラスは「大して強くない」と思っていたが、第15話の回想シーンでゴーミンと戦っている描写がある。
  54. ^ ただし、健太のことは「先生」と呼んでいた。
  55. ^ 後者は人間体でも頻繁に使用している。
  56. ^ 武器自体はハンドガンのみ『シンケンジャーVSゴーオンジャー』の冒頭でバッチードが使用していた物、他の2つがキレイズキーの所持するホウキショットガンとバケツバズーカの流用品である。
  57. ^ 第37話ではジョーにより命を落としたと語られたが真偽は不明。
  58. ^ ゴレンジャーやゴーグルファイブといったデザインが男女共通の戦隊・バトルフィーバー・番外戦士のスーツは例外。サンバルカン・ハリケンジャーに登場するゴウライジャーは原典では男性のみだったため、女性用のスーツは本作品で初登場となる。鎧の融合によって生み出される左右非対称のスーツも本作品で初登場となる。
  59. ^ アカレンジャー、スペードエース、バトルジャパン、デンジレッド、レッドワン、ニンジャレッド、マジレッド、ゲキレッド、シンケンレッドの9本。
  60. ^ ゴーグルファイブ、タイムレンジャー、シンケンレッド、サンバルカン、ゴウライジャー、デンジレッド、ダイナレッド、ゲキレッド、ファイブレッド、マジレッド、ゴーオンレッド、さらにゴールドモードに必要な追加戦士の37本。
  61. ^ 使用したのはレッドバスター、イエローバスター、キョウリュウピンク、トッキュウ4号、アオニンジャーの5本。
  62. ^ 玩具での名称はゴーオンゴールドシルバーキー。
  63. ^ ゴーカイイエローによるイエローチャージは未使用。ゴーカイシルバーは「スペシャルチャージ」、仮面ライダーオーズ タジャドルコンボは「タジャドルチャージ」、ドラフトレッダーは「スペシャルメタルチャージ」。
  64. ^ アクドス・ギル戦では「派手にウェーブ
  65. ^ ブルー・グリーンは共闘したハリケンイエローと交換したこともある。
  66. ^ ブルー・イエローでは持ち方が違うため形状が異なる。
  67. ^ ゴーカイブラスト&スラッシュ・ゴーカイスクランブルではゴレンジャーのキーも使用する。
  68. ^ ギンガブルー・ハリケンブルー・マジブルー・シンケンブルー・ゴセイブルーの水を操る戦士
  69. ^ 5のボタンのみゴーオンゴールド・シルバーの2つ。
  70. ^ シュリケンジャーとゴセイナイトは戦隊側に属してないため戦士名の音声。また、『スーパーヒーロー大戦Z』ではゴーオンゴールドも戦士名の音声になってた。
  71. ^ デカレッド、ゴーオンレッド、ボウケンレッド、ティラノレンジャー・アオレンジャー・キリンレンジャー・ダイナピンク・黒騎士の8名。
  72. ^ 攻撃順はキングレンジャー→デカブレイク→シンケンゴールド→キバレンジャー→ドラゴンレンジャー→シュリケンジャー→アバレキラー→タイムファイヤー。
  73. ^ メガシルバー・ガオシルバー・ボウケンシルバー・ゴーオンウイングス・ゴセイナイトの6名。
  74. ^ これまでの作品では初期メンバーのみが強化形態に変身する場合が多かったが、追加戦士のみおよびそれ自体が変身するのは本作品が初となる。
  75. ^ 主砲の他に一部の大いなる力も召喚する描写があり、宇都宮は航海ナビで本作品のロボットのモチーフが「何かが飛び出すびっくり箱だ」と明言している。
  76. ^ ゴーカイオーから直接シンケンゴーカイオーに合体することも可能。
  77. ^ ただし、スピニングシーザーのドリル部分は先端のみだったのに対し、豪獣レックスは半分がドリルになっている。
  78. ^ これはアバレンジャーのキーが5本しかなくアバレキラーキーの正式な所有者がシルバーなため。ただし、シルバーが仲間と認められる以前には、追加戦士という括りで全員が変身する際にピンクがアバレキラーキーを豪快チェンジに使用したこともある。
  79. ^ マーベラスはゴセイレッドに、鎧はゴーオンウイングスに豪快チェンジして脱出。
  80. ^ 召喚された戦士はある程度ダメージを受けると元のレンジャーキーに戻る。原典同様に自ら巨大化して戦う者もいた。
  81. ^ 第2話でのクレジット表記は「赤い戦士」。
  82. ^ 第1話ではアカレンジャーの声のみでの出演。
  83. ^ 第2話でのクレジット表記は「ローブの男」。
  84. ^ a b c d e f g 合成カット用の変身後の姿は、本人がスーツを着用している。
  85. ^ 仮面ライダーオーズ/OOO』第25話・第26話にゲスト出演した福井博章も参加していた(仮面ライダーオーズ/OOO 第25話 「ボクサーと左手と鳥ヤミー」|東映[テレビ])。
  86. ^ 石ノ森章太郎原作名義の『秘密戦隊ゴレンジャー』『ジャッカー電撃隊』ともクロスオーバーすることに因る。
  87. ^ 1番は昭和の戦隊(『ゴレンジャー』から『ライブマン』まで)、2番は20世紀の平成の戦隊(『ターボレンジャー』から『タイムレンジャー』まで)、3番は21世紀になってからの平成の戦隊(『ガオレンジャー』から『ゴセイジャー』まで)となっている。また、本作品では『侍戦隊シンケンジャー』から続いている番組終了時のテロップが「CMのあと、スーパー戦隊をおぼえよう!」となっている。
  88. ^ 劇場版公開前後は映像が劇場版のものになる。また『スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』公開前後には曲が3番・2番・1番の順に使用された。
  89. ^ 仲代壬琴は18話で、椎名鷹介・野乃七海・尾藤吼太は26話で、結城凱は28話で、海城剛は最終話でそれぞれ変身を披露した。ただし仲代壬琴・結城凱の2人は故人という設定のため、レンジャーキーを使わずに変身している。
  90. ^ 3月13日は東北地方太平洋沖地震東日本大震災)のANN緊急報道特別番組放送のため1週順延。
  91. ^ 6月19日は第111回全米オープンゴルフ3日目生中継のため
  92. ^ 1月1日は『新春!トリハダ&ココイコ スカイツリーから初日の出 お年玉&福袋映像 6時間生放送SP』放送のため休止。
  1. ^ 45話でハカセ・鎧に指摘されている
  2. ^ 第39話
  3. ^ a b 第44話
  4. ^ a b c 最終話
  5. ^ a b c 第16話
  6. ^ 第12話
  7. ^ a b c d 第41話
  8. ^ a b c 第34話
  9. ^ a b 第42話
  10. ^ a b c 第48話
  11. ^ a b 第18話
  12. ^ a b 第49話
  13. ^ a b 第38話
  14. ^ a b 第43話
  15. ^ 第24話
  16. ^ a b 第47話
  1. ^ テレビ朝日公式サイト。
  2. ^ a b 「宇都宮孝明インタビュー」、『ハイパーホビー』2011年2月号、徳間書店、 16-17頁、 ASIN B004IOZB12。
  3. ^ a b c 『35 SUPER HERO クロニクル feat. 海賊戦隊ゴーカイジャー 公式航海ナビ』 エンターブレイン、2011年ISBN 978-4047273665
  4. ^ 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』パンフレットインタビューより。
  5. ^ 「2012年上半期 バンダイボーイズトイ事業部商品カタログ」より。
  6. ^ バンダイナムコホールディングス 第3四半期決算短信 補足資料
  7. ^ バンダイナムコホールディングス 通期決算短信 補足資料
  8. ^ a b c d e プレミア発表会・配布パンフレットより。
  9. ^ a b 「荒川稔久 インタビュー」『宇宙船』vol.132、ホビージャパン2011年、90-91頁。ISBN 978-4-7986-0213-4
  10. ^ 2011年10月25日放送分の『ヒルナンデス!』にゲスト出演した清水の発言より[出典無効]
  11. ^ 『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』劇場版パンフレットインタビュー。
  12. ^ 百化繚乱 下之巻 2012, p. 360.
  13. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第18話 恐竜ロボットドリルで大アバレ|東映[テレビ]”. 2011年9月12日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g 豪快演義 2012
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m (日本語) 海賊戦隊ゴーカイジャー Vol.12[完] 初回生産限定 超全集スペシャルボーナスパック (DVD). 東映ビデオ.. (2012年6月21日). DSTD03531  映像特典 ゴーカイギャラリー
  16. ^ a b c d e f g 百化繚乱 下之巻 2012, p. 341
  17. ^ a b c d e f g h i j k 百化繚乱 下之巻 2012, p. 343
  18. ^ 超全集 2012, p. 11.
  19. ^ a b c d e 百化繚乱 下之巻 2012, p. 347
  20. ^ a b c d e f 百化繚乱 下之巻 2012, p. 354
  21. ^ a b c d e f g h i j 百化繚乱 下之巻 2012, p. 345
  22. ^ 構成・文:用田邦憲『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』パンフレット 発行:東映事業推進部 2012年1月21日発行
  23. ^ 百化繚乱 下之巻 2012, p. 349
  24. ^ 百化繚乱 下之巻 2012, p. 301.
  25. ^ 百化繚乱 下之巻 2012, p. 335.
  26. ^ テレビマガジン2011年4月号などより[要ページ番号]
  27. ^ 『VS宇宙刑事ギャバン』の劇中ナレーションより。
  28. ^ テレビ朝日公式サイト。
  29. ^ 超全集 2012, p. 29.
  30. ^ a b c d e 百化繚乱 下之巻 2012, p. 361
  31. ^ a b c 百化繚乱 下之巻 2012, p. 357
  32. ^ a b 宇宙帝国ザンギャック”. 海賊戦隊ゴーカイジャー 東映公式サイト (2011年2月20日). 2011年2月20日閲覧。
  33. ^ 「関智一インタビュー」、『特撮ニュータイプ』2011年4月号、角川書店、 66頁、 ASIN B004O9PZ6C。
  34. ^ 「関智一インタビュー」『宇宙船』vol.134、ホビージャパン。
  35. ^ 松坂桃李BIOGRAPHY
  36. ^ 相葉裕樹BIOGRAPHY
  37. ^ a b c 「第1話 宇宙海賊現る!」”. 海賊戦隊ゴーカイジャー 東映公式サイト (2011年2月6日). 2011年10月23日閲覧。
  38. ^ 福沢博文 -株式会社レッド・エンタテインメント・デリヴァー-”. 2011年4月5日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g h 超全集 2012, p. 114
  40. ^ a b 豪快演義 2012, p. 115
  41. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第4話 何のための仲間|東映[テレビ]”. 2011年10月23日閲覧。
  42. ^ 「市道真央インタビュー」、『東映ヒーローMAX』第36号、辰巳出版、2011年、 9頁。
  43. ^ a b カ~レンジャー!”. motoブログ(中川素州オフィシャルブログ) (2011年5月22日). 2011年5月23日閲覧。
  44. ^ 『東映ヒーローMAX』vol.38、辰巳出版、2011年、110頁。
  45. ^ 「小池唯インタビュー」、『東映ヒーローMAX』第36号、辰巳出版、2011年、 9頁。
  46. ^ 号泣のちワクワク”. 人見早苗オフィシャルブログ「瞳の中のひとみ」 (2011年6月12日). 2011年6月15日閲覧。
  47. ^ a b c 『海賊戦隊ゴーカイジャーキャラクターブック2 宇宙最大のお宝』 東京ニュース通信社
  48. ^ a b 豪快演義 2012, p. 118
  49. ^ 『宇宙船』vol.136、特別付録「宇宙船YEARBOOK 2012」
  50. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第6話 「一番大事なもの」|東映[テレビ]”. 2011年10月23日閲覧。
  51. ^ 稲田徹(trombe_boss) on twitter”. 2011年7月10日閲覧。
  52. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第45話 「慌てん坊忍者」|東映[テレビ]”. 2012年1月6日閲覧。
  53. ^ ゴウカイジャー”. りーちのブログ(清家利一オフィシャルブログ) (2011年2月20日). 2011年7月24日閲覧。
  54. ^ 最期”. りーちのブログ(清家利一オフィシャルブログ) (2011年11月13日). 2011年11月15日閲覧。
  55. ^ 大漁です!!”. 進藤学オフィシャルブログ「GAKU'S ROAD」 (2011年5月31日). 2011年5月31日閲覧。
  56. ^ 「小澤亮太・細貝圭対談」、『CAST-PRIX ZERO』第17号、グライドメディア、2011年、 29頁。
  57. ^ 「HERO VISION」Vol.42、東京ニュース通信社。
  58. ^ 大雪過ぎて・・・”. motoブログ(中川素州オフィシャルブログ) (2011年2月15日). 2011年2月20日閲覧。
  59. ^ 昨日の”. motoブログ(中川素州オフィシャルブログ) (2013年5月16日). 2013年5月19日閲覧。
  60. ^ 「東映仮面俳優列伝 大藤直樹」『東映ヒーローMAX Vol.41』 辰巳出版2012年5月1日、111頁。ISBN 978-4777810277
  61. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第29話 「アバレ七変化で新合体」|東映[テレビ]”. 2011年10月23日閲覧。
  62. ^ 【TV・舞台出演情報】”. 今井靖彦オフィシャルブログ~One for all,All for one.~ (2011年9月24日). 2011年10月4日閲覧。
  63. ^ 【TV出演情報】ゴーカイジャー”. 今井靖彦オフィシャルブログ~One for all,All for one.~ (2011年9月4日). 2011年10月4日閲覧。
  64. ^ もうすぐ…”. 今井靖彦オフィシャルブログ~One for all,All for one.~ (2011年9月17日). 2011年10月4日閲覧。
  65. ^ 諸先輩方!”. 今井靖彦オフィシャルブログ~One for all,All for one.~ (2011年11月14日). 2011年11月15日閲覧。
  66. ^ 1000回。”. 面白ければオールOK!(矢部敬三オフィシャルブログ) (2011年3月27日). 2011年4月11日閲覧。
  67. ^ 山。”. 面白ければオールOK!(矢部敬三オフィシャルブログ) (2012年2月12日). 2012年2月25日閲覧。
  68. ^ 豪快演義 2012, p. 117.
  69. ^ 『東映ヒーローMAX』vol.40、辰巳出版、2012年、84頁
  70. ^ Niibori Kazuo Special Achievement Award ENG SUB 新堀 和男 特別功労賞 「ジャパンアクションアワード2015」表彰式”. The Tokusatsu Network (2011年11月14日). 2015年3月21日閲覧。
  71. ^ 百化繚乱 下之巻 2012, pp. 360、364.
  72. ^ ヤンガーとエルダー(スニークブラザース)”. 海賊戦隊ゴーカイジャー テレビ朝日公式サイト. 2010年4月17日閲覧。
  73. ^ Twitter / @IBUKI_VOICE: 先日ツイートしたリキッドロイドはワタリではなくワテ...”. 2011年6月22日閲覧。
  74. ^ Twitter / @IBUKI_VOICE”. 2011年7月14日閲覧。
  75. ^ Twitter / @IBUKI_VOICE: さぁて、今週のゴウカイジャー。勇吹輝はファイアロイド ...”. 2011年7月31日閲覧。
  76. ^ Twitter / @IBUKI_VOICE: 今日のゴウカイジャー。久々にマゲラッパ演って楽しかっ ...”. 2011年8月18日閲覧。
  77. ^ Twitter / @IBUKI_VOICE: アフレコ終わった。因みに昨日のゴウカイジャー。ウッド ...”. 2011年11月23日閲覧。
  78. ^ Twitter / @IBUKI_VOICE: 昨日のゴーカイジャー、ドロリンだったか…見忘れてしま ...”. 2011年11月23日閲覧。
  79. ^ Twitter / @IBUKI_VOICE: ゴーカイジャー。サンロイドのソーラーくんを演ったよ。 ...”. 2012年1月23日閲覧。
  80. ^ 成澤 卓 ベルプロダクション”. 2012年7月24日閲覧。
  81. ^ ゴーカイジャーとジュウオウジャーがド派手なアクション披露、シリーズ放送通算2000回記念で夢の競演 music.jpニュース 2016年8月22日、同27日閲覧。
  82. ^ 恒例のスーパー戦隊コラボ、今年はゴーカイジャー×新喜劇!よしもとニュースセンター 2011年7月25日
  83. ^ チビっ子の心つかんでNo.1座長や! 川畑泰史msn産経ニュース 2011年9月19日
  84. ^ ジェネレーション天国(2014年1月6日放送分) - gooテレビ番組(関東版)







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

海賊戦隊ゴーカイジャーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「海賊戦隊ゴーカイジャー」の関連用語

海賊戦隊ゴーカイジャーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

孔 令文

豊田佐吉

掃海管制艇「にいじま」型

エオラプトル・ルネンシス

イタリア産干しイチジク

ハシビロガモ

第五しょうどしま丸

2000系





海賊戦隊ゴーカイジャーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海賊戦隊ゴーカイジャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS