浪とは?

なみ [2] 【波・浪

風・振動などによって水面に生じる上下運動。また,その運動次々周辺に伝わっていく現象。 「 -が荒い」 「 -をかぶる」
〘物〙 「 波動(はどう) 」に同じ。
ゆるやかな起伏繰り返したり,ゆらいだりして,波のように見える状態。 「歓迎の旗の-」 「穂-」
高くなったり,低くなったりして,絶えず変動する状態。 「作品出来に-がある」 「景気の-」 「感情の-」
一つ方向に向かう流れ傾向。 「駅へ向かう人の-」 「自由化の-」 「不況の-をまともにかぶる」
年が寄ることのたとえ。また,年老い皮膚にできる,しわ。 「老いの-」 「はや額の-いちじるし文づかひ 鷗外
世の中騒ぎ波乱騒乱。 「四つの海-の声きこえず/後拾遺
消えすいものはかないもの。 「さては疑ひあら磯の,-と消えにし跡なれや/謡曲江口
文様家紋の一。図案したもの山内一豊が好んだ。

【ろう】[漢字]

【 老 】 らう [音] ロウ
年をとっている。年をへている。 「 老翁老化老朽老境老後老骨老残老師老弱老女老身老人老衰老僧老若老年老婆老父老兵老母老僕老幼老来老齢敬老初老老大国
経験をつんで物事手ぬかりがない。 「 老獪ろうかい老巧老手老熟老将老成老練古老宿老老大家
政務担当する中心人物臣下の長。 「 老中家老元老
老人対す敬称。 「 老兄老公老台長老
老人自称。 「 老生愚老拙老
古くから伝統がある。 「 老舗
老子のこと。 「 老荘
【 労 ( 勞 ) 】 らう [音] ロウ
はたらく。つとめ。 「 労役労賃労働労務労力勤労
苦心する。 「 労作
立派な働き。てがら。 「 功労
つかれる。ほねおり。 「 労苦過労苦労心労疲労
いたわる。ねぎらう。 「 慰労
労働組合」「労働者」の略。 「 労使労資労組
【 弄 】 [音] ロウ
あなどる。なぶる。 「 愚弄嘲弄(ちようろう翻弄
ほしいままにする。 「 弄言弄舌
【 牢らう [音] ロウ
罪人をとじこめておく所。 「 牢獄牢死牢番出牢入牢
かたい。 「 牢固堅牢
【 郎 ( 郞 ) 】 らう [音] ロウ
おとこ。男子若者。 「 新郎野郎
男子の名の一部に用いる。 「 一郎 ・次郎 ・太郎
つかえている者。武家家来。 「 郎従郎党郎等下郎
中国官名。 「 侍郎
【 陋[音] ロウ
せまくてむさくるしい。 「 陋屋陋宅
【 朗 ( 朗 ) 】 らう [音] ロウ
あかるい。ほがらか。 「 朗月朗報高朗晴朗明朗
声が高らかによく澄みとおる。 「 朗詠朗吟朗唱朗読朗朗
【 浪 】 らう [音] ロウ
なみ。大波。 「 逆浪激浪蒼浪そうろう波浪風浪
むだなこと。 「 浪費
らう [音] ロウ
おおかみ。また,凶暴な者。 「 狼煙虎狼(ころう)狐狼(ころう)白狼
あわてる。 「 狼狽ろうばい
みだれる。 「 狼藉ろうぜき
【 廊 ( 廊 ) 】 らう [音] ロウ
細長い建物。 「 廊下回廊画廊歩廊
) 】 [音] ロウ
やぐら。物見やぐら。 「 井楼 ・船望楼
茶屋料理屋遊女屋。 「 妓楼(ぎろう)酒楼青楼登楼
【 漏 】 [音] ロウ
もれる。もらす。 「 漏水漏電漏斗早漏
秘密などが外部に知られる。 「 漏洩ろうえいろうせつ) ・漏泄ろうえいろうせつ) 」
手ぬかり。 「 遺漏疎漏脱漏
水時計。 「 漏刻刻漏
【 臘らふ [音] ロウ
年末祭り。また,陰暦12月異名。 「 臘月旧臘
僧が修業をしてからの年数。 「 戒臘夏臘(げろう)法臘
【 露 】
⇒ ろ〔露〕 [漢]
らふ [音] ロウ
動植物から採る,ろう。 「 蠟石蠟燭ろうそく白蠟蜜蠟みつろう
【 籠 】 [音] ロウ
竹かご。 「 籠球籠鳥灯籠薬籠
こめる。とりこむ。 「 籠絡
【 聾[音] ロウ
耳がきこえない。 「 聾啞(ろうあ)聾学校


読み方:なみ

  1. 風の音或は。塩のこと。

読み方:なみ

  1. 塩ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・三重県
  2. 塩ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・愛知県
  3. 塩。〔第六類 器具食物

分類 三重県愛知県


読み方:なみ

  1. 風ノ声。〔第一類 天文事変
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/27 21:08 UTC 版)

( から転送)

なみ(波、浪、濤)[1][2]とは、水面の高低運動である[1]。波浪(はろう)とも言う[1]


  1. ^ a b c 広辞苑第六版「なみ【波、浪、濤】」
  2. ^ 「波」とも「浪」とも「濤」とも書く。小学生などは知識が足りず「波」の字ばかりを使うが、本当は、しばしば「浪」も使う。「濤」は、ニュアンスをこめて文学作品などで使われることがある。
  3. ^ a b c 『風と波を知る101のコツ』p.102
  4. ^ a b c d e f g h 『風と波を知る101のコツ』p.109
  5. ^ a b c d e f 世界大百科事典 第21巻 p.162【波】 寺本俊彦 執筆。


「波」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/01/17 05:20 UTC 版)

発音

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





浪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「浪」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

浪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダナブルー

コナユキツバメガイ

曾禰荒助

C11325

仙腸関節

30000系

スミ

パジェロミニ





浪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS