浩然の気とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 浩然の気の意味・解説 

こう ぜんの き かう- 【浩然の気】

孟子 公孫丑上「我善養浩然之気」〕
天地充満する,生命活力みなもととなる気。転じて俗事とらわれない広く大きな気分。 「 -を養う」

こうぜんのき 【浩然の気】

孟子公孫丑上』に「我善く吾が浩然の気を養う」とあるのによる。天地間に充満している非常に大きく強い気(至大至剛の気)をいう。自分行動正しいと、この気が身中満ち不屈の道徳的勇気となるとする。浩気とも。明け方近く清澄な大気をも意味し、呼吸法とも関係し、修養法ともされる。





浩然の気と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

浩然の気に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「浩然の気」の関連用語

浩然の気のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

前夜祭

あるぜんちな丸

ダブルフィード

トレス・クーペ

デリカ バン

ポルウォース

真空コンクリート舗装

お清水





浩然の気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2016 Weblio RSS