浅葱とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > 浅葱の意味・解説 

あさ ぎ [0] 【浅葱

〔「(き)」はネギ古名。薄いの色の意。「浅黄」は当て字
わずかに緑色を帯びた薄い青。また,青みをおびた薄い緑色あさぎ色。 「 -袴(ばかま)」 「 -帽子(ぼうし)
(着ている袍(ほう)の色が浅葱であるところから)六位
浅葱裏」の略。

あさ つ き [2] [0] 【浅葱・〈胡葱〉】

ユリ科多年草。高さ約30センチメートルは細い筒状ネギ類に属し,各地山野自生するが,野菜として栽培され,鱗茎食用とする。せんぼんわけぎ[季] 春。

浅葱

読み方:アサギasagi

薄いの色の意


浅葱

読み方:アサギasagi

薄いの色の意。


あさつき (浅葱)

Allium schoenoprasum var. foliosum

Allium schoenoprasum var. foliosum

Allium schoenoprasum var. foliosum

わが国北海道から本州四国、それに中国シベリア分布しています。山地海岸砂浜生え、高さは3040センチになります。は細い円柱形をしています。5月から6月ごろ、花茎伸ばし散形花序をだし、淡い紅紫色の花を咲かせます。名前はの色が浅い緑色をしていることから「あさつき(浅つ)」。古くから食用にされ、現在でも広く栽培されています。
ユリ科ネギ属多年草で、学名Allium schoenoprasum var. foliosum。英名はありません。
ユリのほかの用語一覧
ネギ:  行者大蒜  山辣韮  千島辣韮  浅葱  大蒜    

浅葱

読み方:アサズキ(asazuki)

ユリ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Allium schoenoprasum var.foliosum


浅葱(あさつき)

浅葱

類の中でももっとも細く、ほの辛さとさわやかな香り特徴
ラーメンだけでなく、和食全般に使用される。

※「ラーメン用語辞典」の内容は、2013年時点の情報となっております。

浅葱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/03/11 09:20 UTC 版)

浅黄・浅葱(あさぎ)




「浅葱」の続きの解説一覧





浅葱と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

浅葱に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「浅葱」の関連用語

浅葱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

桔梗草

差水

立ち坪菫

油ダレ

浜豌豆

レンゲ

シクラメン・ロールフシアヌム

サバ節





浅葱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2017 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ぐるなびぐるなび
Copyright(C)1996-2017 GOURMET NAVIGATOR INC. All rights reserved.
ぐるなびラーメン用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浅葱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS