洞部落とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 洞部落の意味・解説 

洞部落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/28 18:43 UTC 版)

洞部落(ほうらぶらく)は、奈良県橿原市にかつて存在した被差別部落戦後の部落解放運動の歴史のうえで、部落問題の視点による天皇制批判の好材料としてたびたび議題に上げられてきた。


  1. ^ 「近代における神話的古代の創造」高木博志(京都大学人文学報2000.03)[1]


「洞部落」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「洞部落」の関連用語

洞部落のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

H-IIB

箱根女竹

御手洗池

メキシカンサイプレス

DVI端子

FACOM M-190

カシミヤ

ブローチ加工





洞部落のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの洞部落 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS