洞道とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 洞道の意味・解説 

とう どう -だう [0] 【洞道】

〔「どうどう」とも〕
通信ケーブル・ガス管・送電線用などに,地下設けトンネル

洞道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/19 06:50 UTC 版)

洞道(とうどう[1]英語: cable tunnel/英語: service tunnel[2])とは、通信ケーブル・ガス管・送電線などの専用管路トンネルのうち、特に敷設・撤去・保守作業用に人が立ち入れる管径のものを指す。常用漢字表外の訓読みのため、とう道との表記も一般的。




  1. ^ 「どうどう」とも。洞道(トウドウ)とは - コトバンク
  2. ^ 洞道の英語・英訳 - 英和辞典・和英辞典 Weblio辞書
  3. ^ 1984年11月12日に東京都世田谷区三軒茶屋の世田谷電話局で発生した洞道内火災。消し忘れた工事用トーチランプが引火し、10時間近く延焼。世田谷局収容の固定電話約9万回線が不通になり三菱銀行ではオンラインシステムが全面的に停止するなど、完全復旧までに9日間を要した。


「洞道」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「洞道」の関連用語

洞道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

筑後川

釧路湿原国立公園

ニガイグチ

ガーター編み

幹筋鳳凰竹

階段ブラケット

3Pプラグ

つづら淵





洞道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの洞道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS