沼気とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 沼気の意味・解説 

しょう き せう- [1] 【沼気】

沼などで,沈殿した有機物腐敗して発生するガスメタンなど。

メタン

分子式CH4
その他の名称:沼気、MethaneMarsh gasR-50
体系名:メタン


メタン

(沼気 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/21 03:01 UTC 版)

メタン: Methan[† 1]: methane[† 2])は最も単純な構造の炭化水素で、1個の炭素原子に4個の水素原子が結合した分子である。分子式は CH4。和名は沼気(しょうき)。CAS登録番号は [74-82-8]。カルバン (carbane) という組織名が提唱されたことがあるが、IUPAC命名法では非推奨である。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ドイツ語発音: [meˈtaːn] (メターン)
  2. ^ アメリカ英語発音: [ˈmeθeɪn]セイン)、イギリス英語発音: [ˈmiːθeɪn]ミーセイン)。

出典

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ a b 早稲田周、岩野裕継、ガス炭素同位体組成による貯留層評価 石油技術協会誌 Vol.72 (2007) No.6 P585-593, doi:10.3720/japt.72.585
  3. ^ CH4の炭素同位体比とN2/Ar比の分布に基づく天然ガスの生成プロセス 石油技術協会誌 Vol.66 (2001) No.3 P292-302, doi:10.3720/japt.66.292
  4. ^ 新潟県上越市沖の海底にメタンハイドレートの気泡を発見、東京大学、海洋研究開発機構、東京家政学院大学、独立総合研究所、産業技術総合研究所
  5. ^ 兼松株式会社 (2007年10月12日). “バイオガス供給事業の開始について”. 2009年11月23日閲覧。
  6. ^ 腸内微生物との共生関係の不思議
  7. ^ 温室効果ガスの種類,気象庁
  8. ^ 温室効果ガス排出量の算定方法について,横浜市 メダンの地球温暖化係数は21
  9. ^ 弘前大学農学生命科学部畜産学研究室 (2003年9月2日). “羊などの家畜に「げっぷ税」 NZ、温暖化対策研究費に”. 2009年11月23日閲覧。 朝日新聞社asahi.com2003年9月2日より引用


「メタン」の続きの解説一覧





沼気と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「沼気」の関連用語

沼気のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

遣方

家事動線

山国川

エルステッド

小学校

ウエストミンスター寺院

秋田駒ケ岳

フライド エッグ





沼気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS