池沢夏樹とは?

池澤夏樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/24 03:58 UTC 版)

池澤 夏樹(いけざわ なつき、1945年7月7日 - )は、日本小説家詩人翻訳書評も手がける。日本芸術院会員。




  1. ^ 結城正美 「狩猟民を横目で見ながら 言葉の海で舵を取る」『文芸』第50巻第1号(2011年2月1日発行)、河出書房新社、2011年。
  2. ^ 「【Q&A】読者から池澤夏樹への50の質問」P.94 Q26への回答、「プラスかマイナスかわかりませんが、理科を勉強したことはぼくの一部です。嫌でも書くものに出てきます」。 『文芸』第50巻第1号(2011年2月1日発行)、河出書房新社、2011年。
  3. ^ 小池昌代 「かたまりの塩」『文芸』第50巻第1号(2011年2月1日発行)、河出書房新社、2011年。「池澤夏樹は毒が回る前に、詩を呼吸する方法を残しながら、しなやかに小説へと移行した。」
  4. ^ 南里空海 「ぼくはこんな旅をしてきた」『池澤夏樹の旅地図』池澤夏樹、世界文化社、2007年
  5. ^ impala (2009年11月3日). “Cool Book Review : 豚を飼う、詩の束、哈爾濱”. 本棚 Impala. Cafe Impala(ixtan). 2015年10月3日閲覧。
  6. ^ “作家の池澤夏樹さんが館長就任へ 北海道立文学館”. 産経ニュース (産経新聞). (2014年7月11日). オリジナル2014年10月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141001022450/http://www.sankei.com/life/news/140711/lif1407110006-n1.html 
  7. ^ 山下智恵 (2014年10月3日). “慰安婦:元朝日記者に応援団「脅迫文で講師辞めないで」”. 毎日新聞. オリジナル2014年10月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/zDlOv 
  8. ^ “学者や弁護士ら、脅迫状届いた大学を支援する会”. asahi.com (朝日新聞). (2014年10月7日). オリジナル2015年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150704232426/http://www.asahi.com/articles/ASGB67JQTGB6PTIL03H.html 


「池澤夏樹」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

池沢夏樹に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「池沢夏樹」の関連用語

池沢夏樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

元和台海浜公園

docomo PRIME series F-03A

嶋原清子

ユビワミノウミウシ

イリエワニ

三大始祖

トラクション

化学消防艇すみだ





池沢夏樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの池澤夏樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS