江戸三座とは?

江戸三座

読み方:エドサンザ(edosanza)

江戸幕府公認した三大歌舞伎劇場


江戸三座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/19 04:24 UTC 版)

江戸三座(えど さんざ)は、江戸時代中期から後期にかけて江戸町奉行所によって歌舞伎興行を許された芝居小屋官許三座(かんきょ さんざ)、公許三座(こうきょ さんざ)、また単に三座(さんざ)ともいう。江戸には当初数多くの芝居小屋があったが、次第に整理されて四座になり、最終的に三座となった。


  1. ^ 承応元年 (1652) に玉川彦十郎(たまがわ ひこじゅうろう)という者が葺屋町に櫓をあげ、これを玉川座(たまがわざ)といったが、間もなく経営難で廃座となった。
  2. ^ a b c 明和年間(1764–71) の堺町・葺屋町では、中村座が大茶屋(高級料理屋)16軒と小茶屋(一般向けの小料理屋)15軒を従え、市村座が大茶屋10軒と小茶屋15軒を従えていた。また木挽町では森田座が大茶屋7軒を従えていた。
  3. ^ 寛永10年 (1633) に都伝内(みやこ でんない)という者が堺町に櫓をあげ、これを都座(みやこざ)といったが、間もなく経営難で廃座となった。
  4. ^ 寛文元年 (1661) に桐大内蔵(きり おおくら)という者が木挽町五丁目に櫓をあげ、これを桐座(きりざ)といったが、これも間もなく経営難で廃座となっている。
  5. ^ ただし実際には1年目は大入り、2年目もそこそこだったが、3年目は資金繰りがつかずついに一度も幕を開けられなかった。
  6. ^ a b c 森田座は安政4年 (1858) に座名を守田座(もりたざ)と改めているが、これは積年の経営不振を座名のせいにして改称したものとして知られている。「森の下に田」では陽当たりが悪くて稲穂の実のりが悪いのも当然で、これを「田を守る」と改めればきっと豊作になるだろう、というをかついだのである。
  7. ^ 天保8年 (1837) から安政3年 (1856) まで。
  8. ^ 同じ年には吉原を唯一の公娼とし、城下での遊郭を一切禁じている。聖天町はこの吉原に隣接した地にある。
  9. ^ 安政から明治初年ごろまでの錦絵や書籍には、「猿若町」に「さるわかまち」と仮名を振ったものと「さるわかちょう」したものが混在する。明治末年以後に出た町名便覧などの官庁発行による文書では「さるわかちょう」としているものが多いが、地元では一貫して「さるわかまち」と呼んでいたという。
  10. ^ 三座が猿若町に軒を連ねた30年間に火災で焼失したのは安政2年 (1855) 河原崎座のただ1度のみだった。その後の30年間には三座とも度重なる失火や類焼による被災で頻繁な修理や再築を余儀なくされていたのとは対照的である。
  11. ^ a b 喜昇座(きしょうざ)→ 久松座(ひさまつざ)→ 千歳座(ちとせざ)→ 明治座(めいじざ)と改称。
  12. ^ 奥田座(おくだざ)→ 春木座(はるきざ)→ 本郷座(ほんごうざ)と改称。
  13. ^ 河原崎座は安政2年 (1855) に失火で全焼すると休座に追い込まれ、代わって翌年には本櫓の森田座が再興された。その後座元の六代目河原崎権之助は市村座の舞台に立ち金主(財務責任者)を兼ねるなど活躍したが、明治元年 (1868) 9月に自宅に押し入った強盗に刺し殺される。このとき戸棚に隠れて九死に一生を得たのが養子の七代目権之助、のちの河原崎三升で、これが明治7年 (1874) に芝新堀町に河原崎座を再興し、のちにこれを新堀座(しんぼりざ)と改めている。三升はこれを節目に生家の市川家に戻って九代目市川團十郎を襲名、明治9年 (1876) には旧本櫓筋にあたる新富座(森田座)の座頭(興行の責任者)になっている。
  14. ^ この守田座の新富町への移転と新富座への改称も、山積する負債からなんとか抜け出したいという願いを込めた験かつぎだった。文字通り「新しい富」を求めたのである。
  15. ^ 中村座 → 猿若座(さるわかざ)→ 鳥越座(とりごえざ)→ 中村座と改称。
  16. ^ 幕末の中村座の舞台間口は6(約11メートル)、明治11年 (1878) 落成の新富座は8間(約15メートル)、明治22年 (1889) 落成の歌舞伎座は13間(約24メートル)あった。
  17. ^ それまでの芝居小屋は天窓から明かりをとっていたため、上演は早朝から日没までと決っていた。明治7年 (1874) 1月に刷られた中村座の番付(演目表)は上演時間帯を明記したものの初見だが、そこにも「午前七時より相始め、午後五時迄」と書かれている。
  18. ^ 歌舞伎座はかつての芝居町だった木挽町4丁目に建設されたが、この界隈はそもそも森田座の本貫であること、歌舞伎座は当時最大だった新富座よりもさらに大きい劇場となったこと、新富座がガス灯照明なのに対し歌舞伎座は当時最新の技術だった電灯を使用していたこと、法人として新設された歌舞伎座には従前の座と座の間の因習が通じないことなど、守田にとって歌舞伎座は面白くないことばかりだった。
  19. ^ このとき守田に支払われたのは2万円で、これは劇場が一つ建つほどの大金だった。歌舞伎座の総工費が3万5千円だった時代のことである。


「江戸三座」の続きの解説一覧





江戸三座と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

江戸三座に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「江戸三座」の関連用語

江戸三座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オオハネモ

御蔵島

日吉大社

クリスタル・セレニティ

ブーツカット

風車

ロムニー

裏筋





江戸三座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの江戸三座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS