水中翼船とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 船舶 > > 水中翼船の意味・解説 

すい ちゅうよく せん [5] 【水中翼船】

船体下部に翼を取り付けた船。航走中,翼に揚力が生じて船体水上押し上げるので水の抵抗減り高速を出すことができる。


【水中翼船】(すいちゅうよくせん)

Hydrofoil(ハイドロフォイル)
船艇一種で、船首部と船尾部の船底水中翼呼ばれるフィン装備し、船体水面から浮き上がって航行するもの。

停船時や低速航行中は通常の船艇同様に船体浮力水面に浮く。これをハルボーン(艇走)という。
速度上がる水中翼揚力発生し、船体水面から飛び上がる。これをフォイルボーン(翼走)といい、水中翼以外は触れないため抗力小さく高速航行を可能とする。
浮力ではなく揚力飛び上がるため、「海の飛行機」とも呼ばれる

初期のものは半没型と呼ばれるスタイル取っており、水中翼両端大きな上反角備え水面から翼端がはみ出していた。
船体不意にロールした際には翼端水中に沈んで揚力発生し、ロール偏り復元し、転覆を防ぐ働きを持つ。
しかしこの方法では、ある程度ロールしてからでないと復元力が働かないため、揺動抑制することは出来ず乗り心地も悪かった。
また、翼端船腹よりも横へはみ出すため、通常の岸壁接舷することができず、ボーディングブリッジ用意したりするなどの手間がかかる。

かわって登場したのが全没型水中翼船である。
船体のわずかな傾きや波などを自動的検知し、フラップ呼ばれる動翼能動的制御するため、揺動抑えることができ、乗り心地良い
この制御システムACS(Automatic Control System)といい、仕組み飛行機にかなり近いため、飛行機同様に頻繁メンテナンスを必要とする。
後述のように、アメリカ水中翼艇は航空機メーカーもしくはその関連企業により建造されたものが多い)
変針するときも舵を切るではなく、やはり飛行機同様に少しロールし旋回する。
また、水中翼ウィングスパンを短く設計することが可能で、通常の岸壁などに接舷することもできる。
さらに水中翼折り畳み式にすることも可能であり、水深の浅い港へ入ることもできる。

軍用としてはアメリカペガサス水中翼ミサイル艇存在し、そこからイタリアスパルヴィエロ級、さらに海上自衛隊1号型が派生している。
船体サイズ小さいものの、全没型のため大きなうねりには強いが、波長の短い三角波には比較弱く外洋での実用性は低いとされる
一方でペガサス級を幅広・低重心化した民間船「ジェットフォイル」は、日本中心に多数航路がある。

主な軍用水中翼船

アメリカ

ロシア

イギリス

イタリア

日本

関連表面効果翼機


水中翼船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/16 23:40 UTC 版)

水中翼船(すいちゅうよくせん)、または、ハイドロフォイル(Hydrofoil) とは、推進時に発生する水の抵抗を減らす目的のため、船腹より下に「水中翼」(すいちゅうよく)と呼ばれる構造物を持った




[ヘルプ]
  1. ^ 「人力水中翼艇」サイエンス1987年2月号、日本経済新聞社など
  2. ^ hovercraft-museum.org. “Musthorn1”. 2009年9月9日閲覧。
  3. ^ Diego Brozzola. 1999. Aerei Italiani - "Il mio Idroplano" (Italian) 2009-12-10閲覧
  4. ^ SRI International (1961年). “The Economic Feasibility of Passenger Hydrofoil Craft in U.S. Domestic and Foreign Commerce.”. 2009年9月9日閲覧。
  5. ^ foils.org. “Enterprise”. 2009年9月9日閲覧。


「水中翼船」の続きの解説一覧





水中翼船と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

水中翼船に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「水中翼船」の関連用語

水中翼船のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダイヤモンド

T尾翼

ポストストール機動

96式多目的誘導弾

ナイフエッジ

タイコンデロガ

落下式タンク

ボーンヤード





水中翼船のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水中翼船 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS