気遣いとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 気遣いの意味・解説 

き づかい -づかひ [2] 【気遣い】

気をつかうこと。心づかい。配慮。 「お-は無用願います」
好ましくないことが起こるのではないかという心配。おそれ。懸念多く,下に打ち消しの語を伴う。 「食糧が不足する-はない」
「気遣い」に似た言葉


気遣い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

気遣い

作者清水

収載図書ショートショートの広場 19
出版社講談社
刊行年月2007.5
シリーズ名講談社文庫


マナー

(気遣い から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/13 03:45 UTC 版)

マナー英語: manners)とは、行儀・作法のことを指す[1][2]


  1. ^ 出典 : 『広辞苑』・『大辞林』他
  2. ^ 英語の "manner" は、「仕方・やり方・流儀、態度、行儀・作法、風習、~風」などの広い意味がある。出典 : goo辞書 英和辞書 mannergoo辞書)2011年7月24日閲覧。
  3. ^ a b c 出典 : 『絵でわかる マナー事典』 現代マナー・フォーラム 西東社 1996年8月 p.1.
  4. ^ a b 出典 : 『恥をかかない マナー&エチケット事典』 清水勝美 新星出版社 2000年9月 p.3.
  5. ^ a b c 出典 : 『ポイントがわかるマナー手帳』 外山晴彦 榎島景子 西東社 2002年9月 p.1.
  6. ^ 出典 : 『マナーと常識事典』自由国民社
  7. ^ a b c d Proper Table Manners
  8. ^ a b 庄司真人 原田保(編)「宮廷料理のスタイルデザイン」『食文化のスタイルデザイン』<地域デザイン学会叢書> 大学教育出版 2015 ISBN 9784864293389 pp.185-186.
  9. ^ 大路直哉・フェリシモ左きき友の会『左ききでいこう!愛すべき21世紀の個性のために』株式会社フェリシモ、2000年、95項。
  10. ^ 出典 : 『生活基本大百科』part6「テーブルマナー : 洋食」
  11. ^ Business Etiquette in Brief, Ann Maine Sabath, 1993
  12. ^ 出典 : 『生活基本大百科』
  13. ^ 出典 : ジャン・セール著『ふらんすエチケット集』白水社
  14. ^ 出典 : 『冠婚葬祭・暮らしのマナー大百科』
  15. ^ 参考 : 国旗#国際的な慣習
  16. ^ 出典 : 「ザ・アール」宮本映子取締役による「できる人のビジネスマナー」月刊総務
  17. ^ 出典 : 『反社会学講座』ちくま文庫


「マナー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「気遣い」の関連用語

気遣いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Touch Pro

屈折放水塔車

関 和也

ふじ丸

Sストローク

隈笹

セパレート型ボディスーツ

チャールズ・シモニー





気遣いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマナー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS