気とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > の意味・解説 

[0] 【気】

生まれつきもっている心の傾向性質性格。 「 -が小さい」 「 -のいい人
物事積極的に立ち向かう心の動き意欲。 「 -がはやる」
物事に引きつけられる心の動き関心。 「彼女に-がある」 「 -をそそる」
物事に対してもつ,または物事影響を受けて変わる感情情緒。 「 -が沈む」 「 -が変わる」 「 -を楽にする」 「 -が滅入(めい)る」
外界認識し,外界自分との関係を理解する心のはたらき意識。 「 -を失う」 「 -を確かに持つ」 「 -が狂う」 「 -が付く」
物事をうまく運ぶために,状況を的確にとらえる注意力配慮。 「 -が回る」 「 -を付ける」 「 -を遣う」 「 -にとめる」 「 -が散る」
物事なしとげるために心を支え動かす力。気力。 「 -を挫(くじ)く」 「 -がゆるむ」 「 -は天を衝(つ)く」
ある物が含みもっていて,その物を生かしている目に見えないもの。特に,味わい香りをいう。 「 -の抜けビール」 「(たる)に酒の-が残る」
目には見えないが,空間に立ちこめているもの。精気。 「山の-を胸いっぱいに吸う」
その場に広がっている感じ雰囲気。 「会場厳粛の-に満ちている」
連体修飾語を受けて)
これから何かをしようという気持ち。つもり。 「彼を助ける-はない」 「これからどうする-か」 「あそこから飛びおりる-だ」
実際はそうでないのに,そうしたような気持ち。つもり。 「死んだ-になって努力する」 「天下取った-でいる」
その時々の心の状態。気持ち。 「ちょっといやな-がした」 「さびしい-がする」
漢方で,血(けつ)とともに体内経絡循行する生命力根源とされるもの。無形であるが,有形の血と一体となって生理機能全般つかさどるとされる。 →
宋学で,「理」が万有支配する原理であるのに対して万物形成する元素を「気」という。 〔「こころ」という語が精神活動を行う本体的なものを指すのに対して,「気」はその「こころ」の状態・反応など現象的な面をいう傾向が強い。「気は心」という言葉も,表面的な「気」のはたらき本体としての「心」の表れであるという考え方に基づく〕
[句]
気が合う気がある気がいい気が多い気が大きい気が置けない気が重い気が勝つ気が利く気が気でない気が腐る気が差す気が知れない気が進まない気が済む気がする気が急く気がそがれる気が立つ気が小さい気が散る気が尽きる気が付く気が詰まる気が遠くなる気が咎める気が無い気が長い気が抜ける気が乗る気が早い気が張る気が晴れる気が引ける気が触れる気が減る気が紛れる気が回る気が短い気が向く気が揉める気が若い気に入る気に掛かる気に掛ける気に食わない気に障る気にするに留め気になる気に病む気の所為気の無い気の病気は心気は世を蓋う気もそぞろ気を入れる気を失う気を落とす気を兼ねる気を利かせる気を砕く気を配る気を遣う気を尽くす気を付け気を付け気を取られる気を取り直す気を抜く気を吞まれる気を吐く気を張る気を引く気を紛らす気を回す気を持たせる気を揉む気を許す気を良くする気を悪くする

【き】[漢字]

【 几[音] キ
(つくえ)。 「 几案
台のある物。 「 几帳
【 己 】 [音] キ ・コ
自分。おのれ。 「 《 キ 》 克己知己 」 「 《 コ 》 自己利己
十干第六つちのと。 「 己巳(きし)
【 企 】 [音] キ
計画する。くわだてる。 「 企画企及企業企図
つまさき立ちして望む。強く望む。 「 企望
【 危 】 [音] キ
あぶない。 「 危害危機危急 ・危険 ・危殆(きたい)危地危篤危難安危
あやぶむ。不安に思う。 「 危懼(きく)危惧(きぐ)
高い。険しい。 「 危峰
正しい。きちんとしている。 「 危坐(きざ)
[音] キ
つくえ。 「 机案机上机辺浄机
【 気 ( 氣 ) 】 [音] キ ・ケ
くうき。気体。 「 気化気体気泡気密空気蒸気大気水蒸気
自然界現象。 「 気候気象温気(うんき)(おんき)) ・香気臭気瘴気(しようき)暑気天気熱気
呼吸。 「 気管気絶気息
漠然とした感じ。けはい。 「 気韻気運気品気配(けはい)和気雰囲気
生命力。 「 元気 ・生気病気
心のはたらき心もち。 「 気炎気概気質気性(きしよう)気勢気魄(きはく)気風気分気力意気俠気勇気
5日間を「候」,三候を「気」と呼んだ〕 15日間。 「 節気二十四気
【 肌[音] キ
はだ。皮膚。 「 肌膚雪肌
【 岐 】 [音] キ ・ギ
【 希 】 [音] キ ・ケ
のぞむ。ねがう。 「 希求希望
めったにない。まれ。 「 希少希世希代希有(けう)(きゆう)) 」
密度が低い。 「 希薄希硫酸 」 〔「稀」の書き換え字としても用いられる〕
【 忌 】 [音] キ
いみはばかる。おそれて避ける。 「 忌諱(きき)(きい)) ・忌憚(きたん)忌避禁忌嫌忌
いむ。喪に服する。 「 忌中忌服服忌(ぶつき)
命日。 「 忌辰(きしん)忌日遠忌(おんき)周忌年忌
【 汽 】 [音] キ
蒸気。 「 汽車汽船汽笛
【 奇 】 [音] キ
めずらしい。すぐれた。不思議な。 「 奇異奇貨奇観奇岩奇矯奇行奇才奇習奇術奇勝奇人奇想奇特奇抜奇癖 ・奇妙 ・新奇珍奇伝奇
あやしい。へんな。 「 奇怪怪奇猟奇
はんぱな。割り切れない。 「 奇数
巡り合わせよくない幸運でない。 「 数奇 」 〔「畸」の書き換え字としても用いられる〕
【 季 】 [音] キ
自然現象によって特徴づけられた一年のある期間。 「 雨季乾季
年月区分にいう語。 「 年季半季
最も年若い。すえの。 「 季子季女
季節の最後の月。すえ。 「 季夏季秋
ある時期終わり。 「 季世澆季(ぎようき)節季
【 祈 ( 祈 ) 】 [音] キ
いのる。神仏に願う。 「 祈雨祈願 ・祈求 ・祈誓祈請祈禱(きとう)祈年祈念
【 癸[音] キ
十干第一〇。みずのと。 「 癸亥(きがい)癸卯(きぼう)
【 紀 】 [音] キ
きまり。おきて。 「 紀律官紀軍紀校紀綱紀風紀
記録する。 「 紀行紀伝紀要
とし。年代。 「 紀元皇紀西紀
史書において,帝王年代記。 「 紀伝体本紀(ほんぎ)
日本書紀」の略。 「 記紀
紀伊(きい)国」の略。 「 紀州南紀
【 軌 】 [音] キ
車輪の通ったあと。わだち。 「 軌条軌跡軌轍(きてつ)軌道狭軌広軌
すじみち。のり。 「 軌範常軌不軌
【 姫[音] キ
貴人愛され婦人。また,女性美称。 「 寵姫(ちようき)美姫
【 既 ( 既 ) 】 [音] キ
すでに。 「 既刊既決既婚既済既遂既成既製既設既知既定既得既報
つきる。 「 皆既日食
【 帰 ( 歸 ) 】 [音] キ
かえる。 「 帰還帰館帰雁(きがん)帰郷帰国帰心帰省帰宅帰途帰来帰路回帰不帰復帰
したがう。 「 帰依(きえ)帰化帰順帰属帰服帰命
おさまる。ある結論おちつく。 「 帰結帰着帰納
ある方向指して動く。 「 帰向帰趣帰趨(きすう)
【 記 】 [音] キ
しるす。書きしるす。 「 記事記者記述記帳記入記名記録速記登記 ・簿記 ・明記
記録された文章。 「 手記戦記伝記日記航海記探検記 」
おぼえる。 「 記憶暗記強記
しるし。 「 記号記章
古事記」の略。 「 記紀
【 起 】 [音] キ
おきあがる。 「 起臥(きが)起居起床起伏起立
おこる。
生じる。 「 継起
もりあがる。 「 突起勃起隆起
ふるいたつ盛んになる。 「 奮起
おこす。
生じさせる。 「 喚起惹起(じやつき)
事をおこす。始める。 「 起工起稿起債起算起請(きしよう)起訴起草起動蜂起(ほうき)発起(ほつき)
とりたてる。 「 起用
おこり。始まり。もと。 「 起因起原起点縁起(えんぎ)起承転結
【 飢 】 [音] キ
うえる。ひもじい。うえ。 「 飢餓飢渇飢寒
穀物が実らない。 「 飢饉(ききん)
【 鬼 】 [音] キ
死者たましい。 「 鬼哭(きこく)鬼籍餓鬼
おに。ばけもの。 「 鬼気鬼神鬼畜鬼面鬼門悪鬼債鬼吸血鬼疑心暗鬼百鬼夜行
超人的能力をそなえている。 「 鬼才鬼手神出鬼没
【 基 】 [音] キ
もとい。もとづくところ。根本。 「 基因基金 ・基源 ・基準基礎基地基調基盤基本開基培養基
化学で,反応際し一団となって作用する原子団。 「 水酸基硫酸基
外国語音訳字。 「 基督キリスト基督教
【 寄 】 [音] キ
よる。
立ちよる。 「 寄航寄港
たよる。 「 寄生
よせる。
おくる。わたす。 「 寄稿寄進寄贈寄託寄付寄与
あずける。 「 寄託
身をまかせる。 「 寄寓(きぐう)寄宿寄食寄留
【 悸[音] キ
【 規 】 [音] キ
円を描く道具コンパス。 「 規矩(きく)定規(じようぎ)
てほん。きまり。のり。 「 規格規準規制規則規程規範規模規約規律新規正規定規(ていき)内規法規
正す。 「 規戒(きかい)規正
【 亀 】 [音] キ
かめ。 「 亀甲(きつこう)(きこう)) ・神亀
かめの甲。 「 亀鑑亀卜(きぼく)亀裂
【 喜 】 [音] キ
よろこぶ。よろこび。 「 喜悦喜色歓喜欣喜(きんき)随喜悲喜喜怒哀楽一喜一憂
【 幾 】 [音] キ
原義は,かすかなきざしの意〕
いくら。どれほど。 「 幾何
ねがう。 「 庶幾
【 揮 】 [音] キ
ふる。手をふり動かす。 「 揮毫(きごう)指揮
実力などを)みせる。あらわす。 「 発揮
まきちらす。 「 揮発
【 期 】 [音] キ ・ゴ
約束する。のぞむ。 「 期成期待所期予期
とき。
限定された日時。 「 《 キ 》 期限期日納期
おり。時点。 「 《 ゴ 》 最期死期末期
[音] キ
囲碁将棋。 「 棋界棋客棋士棋子棋道棋譜将棋
【 稀[音] キ ・ケ
まばらである。すくない。めったにない。まれ。 「 稀世稀有(けう)(きゆう)) ・古稀稀覯本きこうぼん
うすい。うすめる。 「 稀釈稀薄稀硫酸 」 〔「希」とも書き換えられる〕
【 貴 】 [音] キ
とうとい。身分が高い。 「 貴顕貴紳貴人貴賤(きせん)貴族貴賓高貴尊貴貴公子
値段が高い。 「 貴重 ・騰貴貴金属
相手への敬意を表す。 「 貴意貴下貴君貴兄貴国貴社貴殿
【 愧[音] キ
はじる。 「 愧死慚愧(ざんき)
【 棄 】 [音] キ
すてる。なげすてる。 「 遺棄自棄唾棄(だき)廃棄破棄
使わない。やめる。 「 棄却棄権放棄
【 毀 】 [音] キ
こわす。こわれる。 「 毀壊毀棄毀傷毀損
そしる。人を悪くいう。 「 毀謗(きぼう)毀誉
【 詭[音] キ
【 跪[音] キ
ひざまずく。また,ひざをついて行う礼法。 「 跪坐(きざ)跪拝拝跪
【 旗 】 [音] キ
はた。はたじるし。 「 旗下旗艦旗鼓旗手旗亭義旗軍旗校旗国旗弔旗白旗半旗反旗国連旗日章旗
【 綺[音] キ
あやぎぬ。 「 綺羅(きら)
美しい。 「 綺麗
言葉がたくみで飾られている。 「 綺語(きご)(きぎよ)) ・綺談
【 器 ( 器 ) 】 [音] キ
入れもの。うつわ。 「 祭器磁器神器茶器陶器
動物器官。 「 消化器生殖器
人物能力。 「 器量才器大器凡器
【 嬉[音] キ
よろこぶ。たのしむ。たわむれる。 「 嬉嬉嬉戯嬉笑嬉遊
【 毅[音] キ
意志がつよい。たけだけしい物事動じない。 「 毅然剛毅豪毅沈毅勇毅
【 畿 】 [音] キ
都に近い天子直轄地中国周代には都を中心に500里(約200キロメートル四方以内の地。 「 畿内近畿京畿(けいき)
【 輝 】 [音] キ
かがやく。かがやき。 「 輝石光輝
【 麾[音] キ
軍隊指揮する旗。 「 麾下麾扇麾兵
指図する。 「 指麾
【 冀[音] キ
こいねがう。のぞむ。 「 冀図(きと)冀望
【 機 】 [音] キ
布を織る道具。はた。 「 機業織機
(「器」に対して大型装置。しかけ。からくり。 「 機械 ・機関 ・工作機 ・鋳造機 ・飛行機
心のはたらき物事おもむき。 「 機知機微機敏機略心機天機
物事の起こるきっかけ。 「 機運機縁機会機宜機先危機契機時機戦機待機動機
物事のかなめ。 「 機密機務軍機枢機
飛行機」の略。 「 機体機長戦闘機爆撃機民間機
【 窺[音] キ
うかがう。のぞく。 「 窺測窺知
【 徽[音] キ
しるし。旗じるし。 「 徽号徽章
【 騎 】 [音] キ
馬に乗る。 「 騎虎(きこ)騎射騎馬
馬に乗った人。 「 騎士騎手騎兵単騎
【 騏[音] キ
すぐれた馬。 「 騏驥(きき)騏驎(きりん)
【 饑[音] キ
うえる。 「 饑餓饑渇饑寒饑饉(ききん)
【 羈[音] キ
つなぎとめる。つなぐもの。きずな。 「 羈束羈絆(きはん)
旅。 「 羈旅
【 驥[音] キ
一日千里を走る馬。名馬転じて俊才。 「 驥足驥尾騏驥

【気】

接尾
〔「き(気)」の連濁
名詞に付いて,その物事にふさわしい性質気質気性などのある意を表す。 「男-」 「商売-」

【気】

[1][0] ( 名 )
何かが存在する気配。何かが現れる兆候。 「酒乱の-がある」 「噴火前日まではその-もなかった」
ある本体から発散されて,その本体存在感じさせるもの。気体状のものや,熱気・光・においなどをいう。 「東面朝日の-いと苦しければ/蜻蛉 」 「大きなる釜(かなえ)有り,湯の-有り今昔 14
どことなく感じられる趣。雰囲気風情。 「物々しき-さへ添ひ給ひて/源氏 」 「恐ろしき-も覚えず,いとらうたげなるさまして/源氏 夕顔
身体の異常。病気。 「足の-起こりて,装束する事の苦しければなむ/落窪 3
血の気血行。 「 -や上がりぬらむ,心地いと悪しうおぼえて/蜻蛉
出産のきざし。産気。 「日もあるに,今朝から-がつきて/浮世草子胸算用 2
大気空気。 「のどかに降りて-しめりたりけるに/栄花 本の雫
( 接頭 )
形容詞形容動詞また動詞に付いて,「何となく」「どことなく」の意を添えたり「…のようすである」の意を表したりする。 「 -だるい」 「 -だかい」 「 -ざやか」 「 -おされる
接尾
名詞動詞連用形形容詞形容動詞語幹に付いて,そのような様子気配感じがある意を表す。 「塩-」 「色-」 「商売っ-」 「吐き-」 「まじり-」 「寒-」 「いや-」 → げ(気)
[句]

【け】[漢字]

【 化 】
⇒ か〔化〕 [漢]
【 仮 】
⇒ か〔仮〕 [漢]
【 気 】
⇒ き〔気〕 [漢]
【 卦[音] ケ ・カ
易占いで用いる符号。 「 卦算けいさん(けさん)) ・卦辞(かじ)八卦(はつけ)
【 家 】
⇒ か〔家〕 [漢]
⇒ か〔〕 [漢]
【 袈[音] ケ ・カ
梵語音訳字。 「 袈裟(けさ)

【気】

接尾
〔「け(気)」の濁音化〕
体言形容詞(また,形容詞活用助動詞)の語幹動詞(また,動詞型活用助動詞)の連用形などに付いて,形容動詞語幹または名詞をつくる。様子気配感じなどの意を表す。「悲し―」「満足―」「おとな―」「あり―」など。名詞をつくる場合,下に打ち消しの語を伴うことが多い。 「かわい-がない」


け 【気】

(気の呉音ケからか。一説に訓とも)実体手にすることはできないが、その存在感じられるもの(気配)。心持ち気力天性。(病気にもいう)→ 気

【仮名】き
原文qi

伝統中国医学分野で、人の霊的情動的、精神的身体的健康のバランスを保つ生命エネルギーまたは生命力

読み方:き

  1. 気。(一)淫慾の意。きをはらす。「気も長し又気も強し九十九夜」(二)淫液。きがいくきをやる俗語
  2. 淫慾或は精液

読み方:き

  1. きもちのこと。又は精気のことをいふ。夫木集梅の花見ゆれど春の気は烟をこめてさむからなくに」とある。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/26 17:39 UTC 版)

(き,KI,Qi)とは、中国思想道教中医学漢方医学)などの用語の一つ。一般的に気は不可視であり、流動的で運動し、作用をおこすとされている。しかし、気は凝固して可視的な物質となり、万物を構成する要素と定義する解釈もある。宇宙生成論や存在論でも論じられた。


  1. ^ DENG Yu, ZHU Shuanli, Deng Hai, Generalized Quanta Wave with Qi on Traditional Chinese Medecine, JOURNAL OF MATHEMATICAL MEDICINE, 2002, 15(4)
  2. ^ DENG Yu et al,Ration of Qi with Modern Essential on Traditional Chinese Medicine Qi: Qi Set, Qi Element, JOURNAL OF MATHEMATICAL MEDICINE (Chinese), 2003, 16(4)
  3. ^ Deng Yu, Zhu Shuanli, Xu Peng et al邓宇,朱栓立,徐彭,New Translator with Characteristic of Wu xing Yin Yang五行阴阳的特征与新英译,Chinese Journal of Integrative Medicine中国中西医结合杂志,2000, 20 (12)
  4. ^ Deng Yu邓宇,等; Fresh Translator of Zang Xiang Fractal five System藏象分形五系统的新英译,Chinese Journal of Integrative Medicine中国中西医结合杂志; 1999
  5. ^ Deng Yu邓宇等,Nature with Math Physics Yin Yang数理阴阳与实质, Journal of Mathematical Medicine数理医药学杂志, 1999年。
  6. ^ Deng Yu et al邓宇等, 阴阳的科学本质及数理化建构,Chinese Journal of basic medicine in traditional chinese medicine <<中国中医基础医学杂志>>1998,2:59-61.
  7. ^ Deng Yu邓宇等,TCM Fractal Sets中医分形集,Journal of Mathematical Medicine<<数理医药学杂志>> ,1999,12(3),264-265
  8. ^ Deng Yu, Zhu Shuanli, Xu Peng et al邓宇,朱栓立,徐彭等,Essence and New Translator of Channels经络英文新释译与实质,Chinese Journal of Integrative Medicine中国中西医结合杂志,2000,20(8):615
  9. ^ a b 上田信『風水という名の環境学』<中国文化百華> 農文協 2007年 ISBN 9784540030970 pp.182-195.
  10. ^ 医学中央雑誌で検索しても2005年~2010年で該当する論文は1件のみである。;定方美恵子(新潟大学 医学部保健学科), 山田幸子, 「看護療法としての気功 その可能性を模索する」日本看護技術学会学術集会講演抄録集6回 Page32(2007.10)



出典:『Wiktionary』 (2012/01/08 02:46 UTC 版)

発音

名詞

  1. 原子又は分子が自由に動ける物質状態、又はその状態にある物質気体
  2. 人の活力などの源となるとされる、不可視かつ流動的仮想物体
  3. 中国哲学上の用語の一つ一般的に不可視であり、流動的運動し、作用をおこす。また、凝固して可視的な物質となり、万物構成する要素ともなるもの。

熟語


出典:『Wiktionary』 (2012/05/03 04:09 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「気」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株式取引の板の見方

    株式取引の板とは、銘柄の価格帯ごとの売り数量と買い数量を表示した表のことです。売数量株価買数量14100341534000341021900340565200340087000339576600339...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「気」の関連用語

気のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

喜平チェーン

キカラスウリ

万内川十三号堰堤

方面及び距離

Ronald Reagan

T-4

リッジリフト

ビール瓶





気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS