比較広告とは?

比較広告 comparative advertising

自社広告商品自社他社商品比較して優位性を示す広告手法日本では従来、比較広告は他者中傷誹謗するおそれがあるとして回避される傾向にあったが、外資系企業からの自由なマーケティング対す要望が強まり、1987年公正取引委員会いわゆる比較広告ガイドライン発表し、比較広告は禁止されていないという見解示した。その中で留意すべき点として、実証されていない、または実証されえない事項消費者商品選択にとって重要でない事項を重要であるかのように強調する競争企業またはその商品中傷誹謗の3点を、不当表示該当するおそれがあるとしている。米国では、FTC(米連邦取引委員会)が消費者正し選択促すために比較対照明示するように求めている。

比較広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/12 20:49 UTC 版)

比較広告(ひかくこうこく)は、自社や競合する他社の商品と比較して優位性をアピールする広告の手法で、価格や性能などの数値を引き合いに出して商品をアピールするもの。コンパリゾン・アドとも言う。


  1. ^ New York Magazine, 1981年10月5日 p21-22
  2. ^ 比較広告に関する景品表示法上の考え方(公正取引委員会)
  3. ^ もっとも、これらの機能を持つスマートフォンはソフトバンクモバイルやNTTドコモからも発売されている。
  4. ^ “Samsung turns Ice Bucket Challenge into ad mocking iPhone” (英語). CNET. (2014年8月22日). http://www.cnet.com/news/samsung-turns-ice-bucket-challenge-into-ad-mocking-iphone/ 2014年8月24日閲覧。 
  5. ^ 【MAZDA】ディーゼルエンジンの魅力/エンジン/SKYACTIV TECHNOLOGY


「比較広告」の続きの解説一覧





比較広告と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

比較広告に関連した本

比較広告に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「比較広告」の関連用語

比較広告のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




比較広告のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2014 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの比較広告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS