殯とは?

あら き 【荒城・殯

貴人が死んでから本葬するまでの間,遺体を仮に納めて置いたこと。また,その場所。もがり。 → 大荒城おおあらき

かり もがり 【殯

もがり(殯) 」に同じ。 〔「もがり」に「仮」の意が含まれていることが忘れられて生じた語〕

もがり 【殯

〔「喪(も)上がり」の意という〕
あらき 」に同じ。 「五月河内古市ふるいちに-す/日本書紀 欽明

読み方:もがり

死者葬る本葬する)前に一定期間遺体納め祀る儀式を意味する語。死者の霊を慰める、故人偲ぶ等々複数意義が見出され得る。

日本では古来より貴人弔い方として行われてきたが、現代においてはほぼ廃れており、天皇皇后崩御した際に営まれるのみといって過言でない状況といえる形式変わり殯の名残推測される風習各地風習に見出される場合はある。

殯 (もがり)

亡くなった人の葬儀を行う前に、仮に遺体納めてまつることを言います。仮の葬儀のことです。

関連項目

読み方:モガリ(mogari)

貴人本葬前に仮に遺体納め祀ること。

別名 荒城


作者夢枕獏

収載図書闇狩り師ミスター仙人九十九新装愛蔵版
出版社徳間書店
刊行年月1996.6


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/23 08:33 UTC 版)

(もがり)とは、日本の古代に行われていた葬儀儀礼で、死者を本葬するまでのかなり長い期間、に遺体を仮安置し、別れを惜しみ、死者の霊魂を畏れ、かつ慰め、死者の復活を願いつつも遺体の腐敗・白骨化などの物理的変化を確認することにより、死者の最終的な「」を確認すること。その棺を安置する場所をも指すことがある。殯の期間に遺体を安置した建物を「殯宮」(「もがりのみや」、『万葉集』では「あらきのみや」)という。






「殯」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 03:51 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「殯」の関連用語

殯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

洋種節分草

奥村 靖

釣り

北九州国定公園

TMAX

一升瓶包み

京都大道芸倶楽部JugglingDonuts

スイング プレーン





殯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2017,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの殯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS