死蝋とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 死蝋の意味・解説 

死蝋

作者山田正紀

収載図書渋谷一夜物語
出版社集英社
刊行年月2002.8


死蝋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/18 08:04 UTC 版)

死蝋(しろう、旧字体では「屍蠟」)は、永久死体の一形態。死体が何らかの理由で腐敗菌が繁殖しない条件下にあって、外気と長期間遮断された果てに腐敗を免れ、その内部の脂肪が変性して死体全体が状もしくはチーズ状になったものである。鹸化したものもみられる[1]ミイラとは異なり、乾燥した環境ではなく湿潤かつ低温の環境において生成される。




[ヘルプ]
  1. ^ a b The Sope Opera | Save Our Skulls |Collections”. Mütter Museum. 2013年6月1日閲覧。


「死蝋」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「死蝋」の関連用語

死蝋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スターアップル

ベルサウルス・スイ

カチューシャ

高野紙

スツルマン石

巻き縫い

重心

ヘラオオバコ





死蝋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死蝋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS