死人花とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 死人花の意味・解説 

し びとばな [3] 【死人花】

墓所多く生えるところから〕

死人花

作者西村望

収載図書業火吼え
出版社広済堂出版
刊行年月1987.1
シリーズ名広済堂文庫


死人花

作者

収載図書死人花―あに様同心御用帳 書下ろし長編時代小説
出版社コスミック出版
刊行年月2005.6
シリーズ名コスミック時代文庫


死人花

作者城島明彦

収載図書恐怖がたり42夜―携帯サイト怖い話
出版社扶桑社
刊行年月2007.7
シリーズ名扶桑社文庫


死人花

読み方:シビトバナ(shibitobana)

ウツボグサ別称
シソ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Prunella vulgaris subsp.asiatica


死人花

読み方:シビトバナ(shibitobana)

ヒガンバナ別称
ヒガンバナ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Lycoris radiata


死人花

読み方:シビトバナ(shibitobana)

ヒガンバナ別称

季節

分類 植物


ヒガンバナ

(死人花 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/19 13:12 UTC 版)

ヒガンバナ(彼岸花、学名 : Lycoris radiata[1])は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属多年草である。クロンキスト体系ではユリ科リコリス曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年10月4日閲覧。
  2. ^ かつては多くが土葬であり、掘った墓穴棺桶を埋め上から土をかぶせるものだったため、キツネなどの動物が掘り返しねぐらとするなど荒らされることがあったための処置。
  3. ^ 日本テレビの『所さんの目がテン』(2005年9月25日放送)では当時のレシピを使用しての食用実験をしたことがある。ただし、万全な準備の上、専門家の指導の下で行われた実験であり、救餓植物として利用する際も厳重に注意して無害化している。実際に同様のことを行った場合、毒抜きの時間が不十分であったり、長期間食して有毒成分が体内に蓄積したために中毒を起こす危険がある。
  4. ^ 熊本国府高等学校PC同好会 (2010年3月22日). “彼岸花の別名”. 四季の花や植物. 2011年10月4日閲覧。
  5. ^ 新谷尚紀監修 『12ヶ月のしきたり : 知れば納得! 暮らしを楽しむ』 PHP研究所編、PHP研究所2007年、100頁。ISBN 978-4-569-69615-7
  6. ^ 紅い花ではあるが、地元は彼岸=死のイメージを嫌いあえて曼珠沙華と呼ぶ。
  7. ^ 再調査で「500万本」 埼玉・日高のマンジュシャゲ”. 朝日新聞社 (2013年9月15日). 2013年9月15日閲覧。


「ヒガンバナ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「死人花」の関連用語

死人花のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鬼怒川

820SH

栗駒山

正法寺川北沢第十二号石堰堤

Eos

デルタ

貼紙

コゲラ





死人花のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒガンバナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS