歩留りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 割合 > 歩留りの意味・解説 

ぶ どまり [2] 【歩留(ま)り】

加工際し使用原料対す製品出来高割合。 「 -をよくして,単価をさげる」
魚類野菜類・穀類家畜などで,食用にできる部分全体対す割合

歩留まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/07 08:36 UTC 版)

(歩留り から転送)

歩留まりあるいは歩止まり(ぶどまり)とは、製造など生産全般において、「原料素材)の投入量から期待される生産量に対して、実際に得られた製品生産数(量)比率」のことである。また、歩留まり率(ぶどまりりつ)は、歩留まりの具体的比率を意味し、生産性効率性の優劣を量るひとつの目安となる。例えば、半導体製品では、生産した製品の全数量の中に占める、所定の性能を発揮する「良品」の比率を示す。歩留まりが高いほど原料の質が高く、かつ製造ラインとしては優秀と言える。


[ヘルプ]


「歩留まり」の続きの解説一覧





歩留りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

歩留りに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「歩留り」の関連用語

歩留りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




歩留りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歩留まり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS