武田邦彦とは?

武田邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/26 18:16 UTC 版)

武田 邦彦 (たけだ くにひこ、1943年6月3日 - ) は、日本工学者環境評論家中部大学総合工学研究所特任教授。東京都出身。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ Wikipedia論(2)反論の限界”. 2008年7月22日閲覧。では「北極の海氷」と主張を微妙に変更している。
  2. ^ 2007年10月29日 11刷では訂正済み

出典

  1. ^ 公式サイト参照
  2. ^ 第36回原子力委員会 資料2号 研究開発部門部会の構成員について(案)
  3. ^ 試験部会 委員名簿 文部科学省
  4. ^ a b c d e 明日香 壽川, 河宮 未知生, 高橋 潔, 吉村 純, 江守 正多, 伊勢 武史, 増田 耕一, 野沢 徹, 川村 賢二, 山本 政一郎「地球温暖化懐疑論批判」2009年、IR3S/TIGS叢書 1
  5. ^ 市民のための環境学ガイド
  6. ^ a b c d e 『“環境問題のウソ”のウソ』(楽工社 2007年)
  7. ^ a b c 『暴走する「地球温暖化」論―洗脳・煽動・歪曲の数々』(文藝春秋、2007年)
  8. ^ 『環境問題はなぜウソがまかり通るのか2』(洋泉社、2007年)
  9. ^ Wikipedia論(2)反論の限界”. 2008年7月22日閲覧。では「日本で誤った報道や説明が10年以上も続いているのに、環境省は何ら手を打たなかった」と主張を変えている。
  10. ^ a b 『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』(洋泉社、2007年)
  11. ^ 私の環境と人生 その1 気楽なもの(本人の公式ページ)
  12. ^ カラッといこう!環境問題は一つもない(3)”. 2008年7月22日閲覧。(本人の公式ページ)
  13. ^ 『環ウソ2』45頁「北極の氷床は原則としてアルキメデスの原理がある」
  14. ^ 環境白書環境省
  15. ^ a b c d 『偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する』(幻冬舎、2008年)
  16. ^ 書籍『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』での弊協議会データ捏造について』(PETボトルリサイクル推進協議会 2007年6月28日)
  17. ^ 金子憲治 「25万部の"環境本"に疑問の声 ペットボトルの再利用量で論議」 『日経エコロジー』 2007年8月号、14頁、日経BP社
  18. ^ Wikipediaの記述について(本人の公式ページ)
  19. ^ PETボトルリサイクル推進協議会
  20. ^ 割り箸の逆襲田中淳夫
  21. ^ 古紙ネット会報第73号
  22. ^ 古紙ネット会報第74号
  23. ^ カラッといこう!環境問題は一つもない(2)(武田邦彦ホームページ)
  24. ^ 食の安全・安心 24 ー水銀=(本人の公式ページ)
  25. ^ 食と環境 その3 ー食品リサイクルー(本人の公式ページ)
  26. ^ http://env-health.m.u-tokyo.ac.jp/topics/Symp071007.pdf
  27. ^ 数字を言わない人たち(本人公式ページ)


「武田邦彦」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

武田邦彦に関連した本

武田邦彦に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「武田邦彦」の関連用語

武田邦彦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

2目ゴム編み

コップ

改良型沸騰水型原子炉

べにりあ

F 800 ST

ゴールデン・マーブル・ダイヤモンド・ベールテール・エンゼル

20形

モハ2形





武田邦彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの武田邦彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS