正当防衛とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 行為 > 正当防衛の意味・解説 

せい とうぼうえい -たうばうゑい [5] 【正当防衛】

急迫・不正の侵害に対して自己または他人権利防衛するためにやむをえずなした行為。刑法上は処罰されず,民法上も損害賠償義務が生じない。 → 過剰防衛

正当防衛

作者小松左京

収載図書あやつり心中
出版社徳間書店
刊行年月1986.3
シリーズ名徳間文庫


正当防衛

作者土屋隆夫

収載図書しつこい自殺者
出版社広済堂
刊行年月1986.7
シリーズ名広済堂文庫

収載図書孤独な殺人者
出版社光文社
刊行年月1994.6
シリーズ名光文社文庫


正当防衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/23 00:51 UTC 版)

正当防衛(せいとうぼうえい)とは、急迫不正の侵害に対し、自分または他人の生命・権利を防衛するため、やむを得ずにした行為をいう。正当防衛は、それが構成要件に該当しても犯罪が成立せず(刑事上の正当防衛)、他人の権利を侵害しても損害賠償責任を負わない(民事上の正当防衛)。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 高窪貞人 et al. 1983, p. 99.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 福田平 2011, p. 154.
  3. ^ a b c d e 高窪貞人 et al. 1983, p. 100.
  4. ^ 福田平 2011, p. 153.
  5. ^ a b c 高窪貞人 et al. 1983, p. 101.
  6. ^ a b c d 高窪貞人 et al. 1998, p. 101.
  7. ^ a b 高窪貞人 et al. 1983, p. 103.
  8. ^ 福田平 2011, p. 157.
  9. ^ a b c 福田平 2011, p. 158.
  10. ^ a b c d e 高窪貞人 et al. 1983, p. 105.
  11. ^ a b 高窪貞人 et al. 1983, p. 104.
  12. ^ a b 高窪貞人 et al. 1983, p. 106.
  13. ^ a b c d 福田平 2011, p. 161.
  14. ^ 高窪貞人 et al. 1998, p. 103.
  15. ^ “さいたま地裁 傷害事件で無罪 「正当防衛が成立」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年1月12日). オリジナル2017年7月13日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/PIvWL 2017年7月13日閲覧。 
  16. ^ 望月礼二郎 1997, p. 293.


「正当防衛」の続きの解説一覧

正当防衛

出典:『Wiktionary』 (2008/12/10 04:11 UTC 版)

名詞

正当 防衛せいとうぼうえい

  1. 法律急に乱暴を受けたときなどの不正侵害に対し、自分他人守るため、やむをえず相手に害を加え行為で、刑事法的には犯罪構成せず、民事法的にも不法行為とならず損害賠償責任を負わない。なお、防衛程度限度を超えたと判断された場合過剰防衛となり、過剰とされる部分については違法となる。

翻訳

関連語






正当防衛と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「正当防衛」の関連用語

正当防衛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

FOMA NM706i

春虎の尾

土系舗装

おれんじHOPE

ボウイナイフ

袋町堰堤

モバイルギア

センター シャフト





正当防衛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの正当防衛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの正当防衛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS