欲望という名の電車とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 欲望という名の電車の意味・解説 

よくぼうというなのでんしゃ よくばうといふなのでんしや 【欲望という名の電車】 〔原題 A Streetcar Named Desire〕

T =ウィリアムズ戯曲1947年初演アメリカ南部没落農の老嬢が,妹の夫である粗野な男にはずかしめられて精神平衡を失う。人間の隠された欲望分裂心理南部濃厚雰囲気のなかに描く。

欲望という名の電車

原題:A Streetcar Named Desire
製作国:アメリカ
製作年:1951
配給:ワーナー日本支社配給
スタッフ
監督:Elia Kazan エリア・カザン
製作:Charles K. Feldman チャールズ・K・フェルドマン
原作戯曲:Tennessee Williams テネシー・ウィリアムズ
脚本:Tennessee Williams テネシー・ウィリアムズ

Oscar Saul オスカー・ソール
撮影:Harry Stradling ハリー・ストラドリング
音楽:Alex North アレックス・ノース
音楽監督:Ray Heindorf レイ・ハインドーフ
美術:Richard Day リチャード・デイ
セット:George James Hopkins ジョージ・J・ホプキンス
編集:David Weisbart デイヴィッド・ワイスバート
録音:C. A. Riggs 
キャスト(役名
Vivien Leigh ヴィヴィアン・リー (Blanche
Marlon Brando マーロン・ブランド (Stanley
Kim Hunter キム・ハンター (Stella
Karl Malden カール・マルデン (Mitch
Rudy Bond ルディ・ボンド (Steve
Nick Dennis ニック・デニス (Pablo
Peg Hillias ペグ・ヒリアス (Eunice
Wright King  (A Collector
Richard Garrick リチャード・ギャリック (A Doctor
Ann Dere  (The Matron)
Edna Thomas  (The Mexican Woman
解説
1948年度のピュリッツア賞を受けたテネシー・ウィリアムズガラスの動物園(1950)」の同名戯曲映画化1951年作品。「ガラスの動物園(1950)」のチャールズ・K・フェルドマンが製作、原作者ウィリアムズが自ら脚本書き暗黒の恐怖」のエリア・カザンが、部隊初演以来監督担当する。撮影は「踊る海賊(1948)」のハリー・ストラドリング音楽アレックス・ノース担当主演はこの舞台劇ロンドンで演じたヴィヴィアン・リー(「アンナ・カレニナ」)と、ニューヨーク初演以来マーロン・ブランド(「兵隊」)で、助演陣も初演以来のキャストを中心にして、キム・ハンター(「天国への階段」)、カール・マルデン(「拳銃王」)、ルディ・ボンドニック・デニス、ベグ・ヒリアスらが出演する。なおヴィヴィアン・リーキム・ハンターカール・マルデン及び美術監督リチャード・デイ装置ジョージ・J・ホプキンス夫々51年アカデミー賞を受けた。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
父の死と共に南部の家を失ったブランシュ・デュボア(ヴィヴィアン・リー)はアルコールに身を持ち崩して、妹ステラキム・ハンター)が結婚しているニューウ・オルリンズのフランス街の家を訪れた。妹の夫スタンリー・コワルスキー(マーロン・ブランド)は暴力的な男で、カードと酒に狂ってはステラを打つのであったが、彼女はこの男に全身捧げ悔いなかった。そのような夫婦日常を見るにつけ、ブランシュスタンリーカード仲間ミッチカール・マルデン)に次第関心を持つようになった。母と2人暮らし純情独身者で、真面目にブランシュとの結婚考えはじめ、彼女も彼に年若の夫を失った暗い過去打ち明けて、将来への希望を語った。しかしスタンリーは街の仲間から、ブランシュが実は大変な莫連で、17歳少年加えこんだというので故郷を追われてきた女だということ聞き出して、ミッチぶちまけた。ブランシュ誕生日に、むろんミッチ出て来ず、しかもスタンリーは彼女に贈り物として故郷へ帰る片道切符渡した。その夜ステラ俄かに産気づき、スタンリー病院に出かけたあと、ブランシュは訪ねてきたミッチ結婚を迫ったが、彼はもはやその言葉に動かされはしなかった。夜更けて帰ってきたスタンリーブランシュ1人妄想に酔っているのを見ると暴力でこれを犯した。完全に発狂したブランシュは、紳士自分迎えに来たという幻想抱いて精神病院へ送られていった

欲望という名の電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/29 13:08 UTC 版)

欲望という名の電車』(よくぼうというなのでんしゃ、A Streetcar Named Desire)は、テネシー・ウィリアムズによる戯曲ニューヨークにおいて1947年に初演された。1951年同名で映画化1998年にオペラ化されている。


[ヘルプ]


「欲望という名の電車」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「欲望という名の電車」の関連用語

欲望という名の電車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ピボットビーム式サスペンション

マダイ

岩座神

パナビーム

バックティ

排煙高発泡車

膝関節

牧之原・川根路のお茶





欲望という名の電車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの欲望という名の電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS