橘周太とは?

たちばなしゅうた -しうた 【橘周太】 ○

(1865~1904) 陸軍軍人中佐長崎県生まれ1904年明治37日露戦争従軍大隊長として遼陽城攻略戦を指揮,首山堡高地戦死軍神称賛された。

橘周太 たちばな しゅうた

橘周太の肖像 その1
慶応元年9月15日明治37年8月31日 (1865~1904)

長崎生まれ。陸軍軍人。明治20年(1887)陸軍士官学校卒業30年(1897)戸山学校教官35年(1902)陸軍少佐名古屋地方幼年学校長。37年(1904)第2軍管理部長として日露戦争出征歩兵第34連隊第1大隊長となり、遼陽戦闘戦死した。死後中佐進級海軍広瀬武夫中佐と並ぶ軍神として著名になる。著書経験余録』(1903)ほか。

キーワード 陸軍軍人
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 経験余録 / 橘周太著 軍事教育会, 明36.3 <YDM51816>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

橘周太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/28 05:43 UTC 版)

橘 周太(たちばな しゅうた、慶応元年9月15日1865年11月3日) - 明治37年(1904年8月31日)は、日本の陸軍軍人日露戦争における遼陽の戦いで戦死し、以後軍神として尊崇される。官位は陸軍歩兵中佐正六位勲四等功四級






「橘周太」の続きの解説一覧





橘周太と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

橘周太に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「橘周太」の関連用語

橘周太のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

荻野吟子

富岡鉄斎

元田永孚

山内豊信

大山巌

寺原長輝

富岡鉄斎

奥村五百子





橘周太のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2017 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの橘周太 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS