極道の妻たちⅡとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 極道の妻たちⅡの意味・解説 

極道の妻たちⅡ

原題:
製作国:日本
製作年:1987
配給:東映
スタッフ
監督:土橋亨 ドバシトオル
プロデューサー:奈村協 

天野和人 アマノカズト
原作:家田荘子 イエダソウコ
脚本:高田宏治 タカダコウジ
企画:日下部五朗 クサカベゴロウ
撮影:水巻祐介 ミズマキユウスケ
音楽:小笠原寛 オガサワラヒロシ
主題曲:和田アキ子 ワダアキコ
美術:高橋章 タカハシアキラ
編集:市田勇 イチダイサム
録音:栗山日出登 
スチール:中山健司 ナカヤマケンジ
助監督:長岡鉦司 
照明:増田悦章 マスダヨシアキ
キャスト(役名
十朱幸代 トアケユキヨ (重宗遊紀)
かたせ梨乃 カタセリノ (麻美
木村一八 キムラカズヤ (ノブ
竹内力 タケウチリキ (サダ
光石研 ミツイシケン (ジロ
柳沢慎吾 ヤナギサワシンゴ (小松満男
藤奈津子 フジナツコ (津村江津子)
円浄順子 エンジョウジュンコ (藤森蓮子
戸恒恵理子  (真由)
佐川満男 サガワミツオ (亀田修三)
安岡力也 ヤスオカリキヤ (牧村勇人
趙方豪 チョウバンホウ (徳永功
白川浩二郎  (田所雄志
草薙幸二郎 クサナギコウジロウ (中本刑事
市川好朗 イチカワヨシロウ市川好郎 (向井繁之)
岩尾正隆 イワオマサタカ (元良国)
大前均 オオマエヒトシ (金崎巌)
夏夕介 ナツユウスケ (磯崎勉)
和田アキ子 ワダアキコ (中年女教師
遠藤太津朗 エンドウタツオ (早之瀬参治)
名和宏 ナワヒロシ (笠原弥吉)
綿引勝彦 ワタヒキカツヒコ (河東喜六
月亭八方 ツキテイハッポウ (影山忠男)
草笛光子 クサブエミツコ (人橋松代
藤岡琢也 フジオカタクヤ (重宗孝明)
神山繁 コウヤマシゲル (磐城忠勝)
村上弘明 ムラカミヒロアキ (木本燎二)
中島ゆたか ナカジマユタカ (亀田富子)
高倉美貴 タカクラミキ (牧村昌子)
速水典子 ハヤミノリコ (留美
亜湖 アコ (影山の妻)
解説
極道の妻たち世界を描いた「極道の妻たち」の第二弾。家田荘子同名ルポルタージュ映画化で、脚本前作高田宏治監督は「燃える勇者」の土橋亭、撮影水巻祐介それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
重宗遊紀は大阪・港南市縄張りを持つ重宗組四代目の妻だが、夫の孝明が気弱なうえ下手な博変と女道楽うつつを抜かしているので、一人で組を仕切なければならなかった。そんなとき関西国際空港工事めぐって磐城四天王一つである和歌山河東組と利権争いが起こった。尼崎萬代組系磐城組長からは重宗組の家と土地代紋を三億円で譲るよう迫られる。孝明は情痴果て女に撃たれて入院資産もなく苦境に立たされた遊紀だが女組長八橋松代紹介で知り合った木本燎二の計らいバクチに勝った。木本はかつて磐城兄弟分だったが、今は絶縁されている仲。また、彼は恋人だったモデル麻美との間に娘もおり、二人のためにカタギになろうとダンプ運転手として働いていた。一方、遊紀はやがて夫がガンに犯されていることを知る。しかし、木本も遊紀もいつかは磐城決着をつけなければならなかった。二人韓国の斉州島で行われる磐城萬代五代襲名披露の席、バクチ一世一代勝負に出ることを決意資産づくりの旅に出かけた。木本イカサマの腕で襲名披露でも事は思惑通り進み大金を手にした二人だが、木本のほうは大阪麻美と会っているところを磐城の手下に襲われ殺されてしまう。遊紀は単身磐城事務所乗り込み河東金崎元木らもいる前で「重宗の代紋守り抜く」と啖呵をきった。

極道の妻たち

(極道の妻たちⅡ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/17 04:51 UTC 版)

極道の妻たち』(ごくどうのおんなたち)は、1986年、東映京都撮影所製作・東映配給により公開されたヤクザ映画。監督五社英雄。主演岩下志麻。好評を博し、主演女優・監督を替えながらシリーズ化された。通称『極妻ごくつま)』。岩下志麻の劇場シリーズは1998年のシリーズ10作目『極道の妻たち 決着(けじめ)』で一応の完結となっている[1]




[ヘルプ]
  1. ^ 東映チャンネル | 極道の妻たち 決着(けじめ)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l #クロニクル「証言 製作現場から 『女性向けヤクザ映画はいかにつくられたか』 「極道の妻たち」企画 日下部五朗」、342-343頁
  3. ^ 極道の妻たち|一般社団法人日本映画製作者連盟
  4. ^ a b c d #悔いなき、286-301頁
  5. ^ a b c d e #キネ旬199592、115-118頁
  6. ^ a b アサヒ芸能』2013年6月20日号、66-69頁
  7. ^ a b c d e f g #岩下、174頁
  8. ^ 志摩スペイン村日清食品のカップ麺「ごんぶと」など。
  9. ^ a b c d e #岩下、186-187頁
  10. ^ #伊良子、171-172頁
  11. ^ 岩下志麻、女優人生と代表作『はなれ瞽女(ごぜ)おりん』、『秋刀魚の味』を語る@第19回神戸100年映画祭「覚悟しいや!」"極妻(ごくつま)"シリーズ歴代姐さん頂上決戦ランキング「極妻」岩下志麻 当初は戸惑いと葛藤があったことを明かす
  12. ^ a b c #岩下、185-187頁
  13. ^ 完全保存版美女優69人「伝説の本気濡れ場」誌上再現 vol.3
  14. ^ 美女たちの豊かなバストを一挙チェック!(3)CMで悩殺した吹石一恵のスタイル華原、世良公則のために「おっぱい磨き」 - 日刊スポーツ
  15. ^ #岩下、185頁
  16. ^ a b #高田142-147、216頁
  17. ^ #岩下、179頁
  18. ^ a b c d e f g h #岩下、179-183頁
  19. ^ a b c #岩下、188-189頁
  20. ^ a b #高田237-238頁
  21. ^ 俊藤浩滋山根貞男 『任侠映画伝』 講談社1999年、274頁。ISBN 4-06-209594-7
  22. ^ a b 「高島礼子(51)“リアル極妻”半生記」、『週刊文春』2016年7月14日号、文藝春秋、 34-36頁、2016年9月10日閲覧。
  23. ^ “高島礼子、陽炎3で「春満開」”. zakzak. (1997年3月31日). オリジナル1997年7月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/19970714075450/http://www.zakzak.co.jp/geino/n_March97/nws684.html 2016年9月10日閲覧。 “【高島礼子】ピカッと輝き続ける「成長美」“劇場版ポケモン”で声優に挑戦”. zakzak. (2013年7月11日). オリジナル2013年7月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130714062822/http://www.zakzak.co.jp/people/news/20130711/peo1307110733000-n1.htm 2016年9月10日閲覧。 
  24. ^ “【甘口辛口】「薬やるなら死んでもらいます」…薬物犯罪には厳罰を”. SANSPO COM (産業経済新聞社). (2016年7月2日). オリジナル1997年7月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/19970714075450/http://www.zakzak.co.jp/geino/n_March97/nws684.html 2016年9月10日閲覧。 3大芸能ベテラン美人女優の大異変!(1)”. 徳間書店 (2016年7月9日). 2016年9月10日閲覧。
  25. ^ 「日本映画業界決算」、『キネマ旬報1997年平成9年)2月下旬号、キネマ旬報社1997年、 157頁。


「極道の妻たち」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「極道の妻たちⅡ」の関連用語

極道の妻たちⅡのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

著名地点

カバノリ

谷宮 絢子

カベルネ・フラン

ウスキブナノミタケ

新築

木鉢

樫尾俊雄





極道の妻たちⅡのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの極道の妻たち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS