極真空手とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 極真空手の意味・解説 

大山倍達

(極真空手 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/12 08:02 UTC 版)

大山 倍達(おおやま ますたつ、男性1923年7月27日大正12年6月4日) - 1994年平成6年)4月26日)は、日本武道家空手家であり、国際空手道連盟総裁・極真会館館長。段位は十段。別名:マス大山(Mas Oyama)。韓国系日本人で民族名は崔 永宜(さい・えいぎ、チェ・ヨンウィ、최 영의)。 日本統治下朝鮮半島で生まれ、韓国戸籍では1922年7月27日生まれとなっており、1923年生まれでは新暦と旧暦の誕生日が一致しないため、実際の生年は1922年と推定される。




  1. ^ 官報 昭和43年5月16日
  2. ^ 映画『猛牛と戦う空手』(1954年)
  3. ^ a b c d e 斎藤貴男 『梶原一騎伝』 新潮社2001年(平成13年)4月1日発行、311頁、337頁、348頁、357-359頁、372頁。
  4. ^ 斎藤貴男 『梶原一騎伝』 新潮社2001年(平成13年)4月1日発行、466頁。なお梶原もそのハガキが大山の物からであることに気付いており、妻に「これは大山館長からだよ。俺にはわかるんだ」と語っていたという。
  5. ^ “[/samurai_mugena2-asami3457/archives/2014-09.html 「[改訂版]今度、某TVに出ますよ!!]”. 小島一志-公式BLOG. 2015年1月31日閲覧。
  6. ^ 小島一志 『芦原英幸正伝』283頁
  7. ^ 増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』480頁
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『拳聖 大山倍達 地上最強の空手』 福昌堂1998年(平成10年)4月1日発行、3-19頁、23-46頁、117頁。
  9. ^ 山崎照朝 『無心の心』 スポーツライフ社、1980年(昭和55年)、156頁。
  10. ^ 増田俊也 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』 新潮社2011年(平成23年)、477頁。
  11. ^ a b  『蘇る伝説「大山道場」読本』 日本スポーツ出版社2000年(平成12年)1月4日発行、42-49頁。
  12. ^ 吉行淳之介 対談 浮世草子三笠書房集英社1971年(昭和46年)。
  13. ^ おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』(100回記念の回のゲスト)
  14. ^ 消費税が日本を救う(日経プレミアシリーズ)p297
  15. ^ https://www.youtube.com/watch?v=4h4M25ojUGw 別の番組だが、大山が極真最強論を公言していた証拠の動画である
  16. ^ a b c  『新・極真カラテ強豪100人(ゴング格闘技1月号増刊)』 日本スポーツ出版社、1997年(平成9年)、49頁、60頁、114頁、116-117頁、150-151頁。
  17. ^ 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(増田俊也)のインタビューで、本書に関しては真樹日佐夫が「俺がゴーストライターをやった。」と証言している。逆に後述の『大山カラテもし戦わば』は「違うと思う。」と否定している。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「極真空手」の関連用語

極真空手のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タテガミオオカミ

イチメガサ

弔慰金

春日野の鹿と諸寺の鐘

野口みずき

化学消防艇すみだ

椎谷笹

3000系





極真空手のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大山倍達 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS