楊洲周延とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 日本の画家 > 楊洲周延の意味・解説 

楊洲周延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/02 07:27 UTC 版)

楊洲 周延(ようしゅう ちかのぶ、天保9年8月8日1838年9月26日〉 - 大正元年〈1912年9月29日)とは、江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師


  1. ^ 周延の出自については江戸幕府御家人であると広く流布されているが、上越市立高田図書館所蔵の高田藩の分限帳「江戸役録(禄)帳」文久2年(1862年)頃の項目に帳付・橋本作太郎の名があり、御家人説は誤りだと考えられる。また、天保15年(弘化元年〈1844年〉)中とされる「高田江戸分限帳」中にある「江戸三屋敷分限帳」に、父橋本弥八郎の名があり江戸中屋敷勤めであったと考えられる。
  2. ^ 周延の孫の証言(図録(1978))。
  3. ^ ただし、一鶴斎芳鶴も未確認。「鶴」の字が重なる事などから「一鶴斎」は誤伝とする意見もある(図録(2012)p.6)。
  4. ^ 斎藤月岑『月岑日記』
  5. ^ 国周談話「明治の江戸っこ」『読売新聞』明治31年(1898年)10月(図録(2012)p.8)。
  6. ^ 図録(2012)p.9。
  7. ^ 吉田漱・千頭泰共編 「揚州周延論・同錦絵目録〈未定稿〉」「揚州周延・錦絵目録〈2〉」、『季刊 浮世絵』43,44号所収、画文堂、1970,71年
  8. ^ 『都新聞』大正元年(1912年)10月2日付けの周延訃報記事(図録(2012)p.7)。


「楊洲周延」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

楊洲周延に関連した本

楊洲周延に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「楊洲周延」の関連用語

楊洲周延のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

役牌

カッタウェイ

第二しょうどしま丸

法要

日光白根山

朝明川砂防堰堤

地方自治法施行60周年記念 奈良県分 1,000円銀貨幣

ダブルフィード





楊洲周延のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの楊洲周延 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS