森喜朗とは?

森喜朗

森総理写真
総理在職期間
[第1次]平12. 4. 5~平12. 7. 491日
[第2次]平12. 7. 4~平13. 4. 26297
在職通算日数387
総理就任時年齢:62歳

森喜朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/02 05:12 UTC 版)

森 喜朗(もり よしろう、1937年昭和12年)7月14日 ‐ )は、日本政治家東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長。 衆議院議員文部大臣第105代)、通商産業大臣第56代)、建設大臣第62代)、内閣総理大臣(第8586代)、自由民主党政務調査会長自由民主党幹事長自由民主党総務会長自由民主党総裁(第19代)などを歴任した。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 中学時代のエピソードについては『月刊自由民主』1986年4月P49,およびP51
  2. ^ 補給も碌にない最前線の孤島であるため、娯楽は非常に限られていた。空腹のためラグビーボールも最後には皆で食べてしまった程であると言う。
  3. ^ 大学時代、森は東京都内の各大学の弁論部有志で結成した「学生同友会」(左派に対抗して、安保賛成の声を盛り上げることを目指していた)に加わっていた。この団体を指導していた自民党治安対策特別委員長の千葉三郎(元労相)を通じて水野成夫を紹介してもらい、一旦は水野が「産経の担当者に話しておこう」と就職を約束するかのような発言をしたものの、卒業が近づいても何の連絡も来なかったため、森が問い合わせたところ「水野社長はそう言ったかもしれないが、うちは経営再建中で新人採用予定はない」と回答された。これに対して森は怒り、「天下の水野成夫がうそをつくとは何だ」と反論したところ、しばらくして「採用試験をやるから受けろ」との連絡があった。森は「試験は受けない」と言い張ったが、「試験を受けないと採用しない」と言われ、試験では白紙答案を提出して「天下の水野社長は前途有為な青年をつぶしてはならない」と書き加えた。その後、産経新聞から採用通知が来た(出典:2012年12月7日付『日本経済新聞』「私の履歴書 森喜朗(7)産経入社「本田が4輪進出」特ダネ 日本工業新聞で企業取材」)。
  4. ^ 創刊80周年に寄せて 森喜朗元首相「産経が日本のマスコミの論調変えた」産經新聞6月20日号
  5. ^ 火事の一件と地元の選挙協力については平河卓『森喜朗・全人像』に詳しい。岸の応援についての経緯は『自民党と政権交代』で語られている。
  6. ^ 牛尾と青年会議所の話については「森の清談 森喜朗 ウシオ電機会長 牛尾治朗 2人そろって團十郎の応援団」『BOSS』2008年9月
  7. ^ 中村によれば牧太郎も『毎日新聞』2000年5月8日夕刊にて同種の批判をしていると言う。
  8. ^ 『論座』主宰によるオーラルヒストリー『森喜朗 : 自民党と政権交代』ではそれが誰か名を明かすことは拒否し、いずれ公表する旨を答えている
  9. ^ 『経営塾』2001年6月でも退職金の誤報について語っている。「行政評論家」の肩書きなどについてはそちらを参照した。
  10. ^ 指定解除の阻止については『時事通信』2006年12月27日、『Yahoo!ニュース』等にも配信
  11. ^ 総裁選ルールを変更した経緯については『自民党と政権交代』などで明かしている
  12. ^ なお、山本は2009年に森派の後継である町村派を退会している。
  13. ^ 同法案は翌年韓国哨戒艦沈没事件の影響を受けて急遽再提出され成立を見た。
  14. ^ 田中美絵子が、かつて派遣社員であったことを指す。
  15. ^ 太田和美のこと。
  16. ^ 記者のタイピング速度の差から、質問を素早く入力出来たのは全てネットを拠点にするメディアであった
  17. ^ なお、番組冒頭で映し出された『SAPIO』4月21日号でもリコール問題で日本政府を批判する記事が掲載されている。森が同誌を読んだ上でのコメントしたかは不明。
  18. ^ 一般に都市部では無関心層が多く地方より投票率が相対的に低いこと自体は指摘されており、森もニコニコ動画での“生”帯番組「とりあえず生中(仮)」で自身の選挙区を含む、地方の投票率の高さを賞賛している。また、かつて共産王国といわれた京都も都市部の選挙区があるがこの低迷は同傾向にあり、そのことを問題視する大学研究もある。
    効果的な選挙啓発:京都市の投票率を向上させるためのコミュニケーション方法の考察2002年度 藤原昌弘 一橋大学大学院社会学研究科・社会学部稲葉研究室
  19. ^ タブロイド紙はデータベース化されていないため不明
  20. ^ 「森の清談」シリーズでは早坂がこの見解を出している。『Voice』2001年7月号でも中村慶一郎が肯定的な意味合いで小泉政権成立の舞台裏の功労者として評価した。

出典

  1. ^ a b 日本水フォーラム会長
  2. ^ “私の履歴書(5)早大入学 体調崩しラグビー断念”. 日本経済新聞. (2012年12月5日) 
  3. ^ 早稲田大学OB・OGインタビュー 前内閣総理大臣 森 喜朗先輩早稲田祭2005
    なお、上述の経緯から、インタビュアーの後輩が他大学に併願したことを聞き出すと、「早稲田と上智と学習院じゃ校風や伝統も違う。「自民党と民主党と社民党、入れてくれるならどこだっていい」というみたいなことに似ている。どこでもいいなんていうのは、大学に失礼だと思わないか。」と母校への思いを語っている。
  4. ^ a b c d 森千恵子「夫・森喜朗 人は「愚宰相」というけれど」『THEMIS』2000年7月
  5. ^ 「森の清談(第4回)ゲスト 東レ名誉会長 前田勝之助 苦しい時代を乗り越えたから繊維メーカーは猛者ばかり」『BOSS』2008年5月
  6. ^ a b 「新閣僚 焦点インタビュー 学制改革幅広く検討 戦後教育に行きすぎも 森文相」『朝日新聞』1984年1月1日
    「特に大学入試が問題ではないか。高校でゆとりある教育を進めようとしても、入試で難問、奇問が出るようではうまくいくはずがない。生徒会、スポーツ、ボランティア活動などを評価してもらえないか。大学の先生も頭を切り替えてほしい」
    「教育関係者とはできるだけ話し合っていきたい。(中略)政治的な動きをされることは容認しえない」などと述べている。
  7. ^ 「「産学官協同」強める 技術立国 国立大を軸に促進 学術審が答申」『朝日新聞』1984年2月7日1面
  8. ^ 大学広報誌「JAIST概要」 - 北陸先端科学技術大学院大学 7ページの「特徴」に開学の経緯が簡単に書かれている。
  9. ^ 「日教組代表加えず 臨教審で文相示唆」『朝日新聞』1984年4月18日
  10. ^ 「首相、文相が柔軟姿勢確認 臨教審法案修正」『朝日新聞』1984年5月8日
  11. ^ 「臨教審法で三党修正案 国会報告を盛る」「日教組代表を委員に入れぬ」『朝日新聞』1984年7月6日
  12. ^ 「浮かんだ臨教審の課題 6・3の区切りも的に 改革の行方阻む財政難」『朝日新聞』1984年8月7日
  13. ^ 「他大学での履修もっと 単位互換 実施2割の現状改革」『朝日新聞』1984年10月16日1面
    単位互換拡大方針を決めた際「"開かれた大学"をめざして大学間の交流と協力を促進する必要がある」と述べている。
  14. ^ 「学者ら33人で発足 日米教育比較研究」『朝日新聞』1984年11月26日
  15. ^ 五百旗頭真 2007, p. 295.
  16. ^ 奥島貞雄『自民党幹事長室の30年』
  17. ^ 五百旗頭真 2007, pp. 154-155。比例代表制は、定数が少なくなるほど1議席に必要な得票率が上がるため、比例代表の要素が弱まり、小政党が不利になる。実際には1996年総選挙における共産党は第四党だったので、全国1区なら共産党が得たはずの議席を、第一〜第三党である自民党、新進党民主党が奪うことができたという意味になる。
  18. ^ ●安心して暮らせる国づくり・まちづくり(建設大臣:平成7年8月8日〜平成8年1月11日) 内閣府HP
  19. ^ 防衛費の抑制を懸念 米国務次官補代理、森幹事長と会談 『朝日新聞』1995年08月03日
  20. ^ 「総理と言うのは不自由なもんだ」『文藝春秋』2000年10月 p.166
  21. ^ 沖縄サミットと景気回復を政治課題としたことについては例えば『文藝春秋』2000年10月
    対ロシア外交と教育基本法を政治課題としたことについては五百旗頭真 2007, p. 214
  22. ^ a b c d e 小山宏次「<検証>森総理は本当にダメだったか 資質を問われながらこれだけのことをした」『月刊官界』2001年5月
  23. ^ 森の清談『諸君!』2003年10月 p.172
  24. ^ 癌と1年で辞める発言については五百旗頭真 2007, p. 267
  25. ^ 五百旗頭真 2007, p. 231.
  26. ^ 「総理と言うのは不自由なもんだ」『文藝春秋』2000年10月 p.168。正確な発言は「私はこの二つをやり遂げたら、いつまでも総理大臣の座にすがりつこうなんて思わない。私は私が選ばれた経緯からして、「小渕恵三」がやり得なかったことをきちっとやればいいと、それだけを考えた」
  27. ^ 「森の清談」『諸君!』2001年8月号P37
  28. ^ 「自民党に投票してくれないだろうから、投票日には寝ていてくれればいいのだが、そうもいかないしな」と述べたのだが、「寝ていてくれればいい」と言う部分だけが誇張されて報道された(『ニュース解説室へようこそ!2008年版』 清水書院 ISBN:978-4-389-21462-3)
  29. ^ 中村慶一郎「森喜朗VS番記者の二七〇日戦争」『文藝春秋』2001年7月
  30. ^ 第151回国会 予算委員会 第8号(平成13年2月19日)など。
  31. ^ 『「政治のふるさと」感謝 政界引退の森喜朗元首相 愛媛を語る』 愛媛新聞 2013年5月3日
  32. ^ 五百旗頭真 2007では「第一報の時点であと2ホールほどまで来ていた」と証言している。
  33. ^ a b c d 五百旗頭真 2007.
  34. ^ 私はあえて「森喜朗氏」を推す 得失を顧みず政策断行の好機『産経新聞』2001年4月3日付朝刊 岡崎久彦HPに転載されたもの
  35. ^ えひめ丸・米潜水艦衝突事故と危機管理 (2001年2月14日)
  36. ^ ここまで、重大事件に学ぶ「危機管理」佐々淳行 文春文庫 p218, p219
  37. ^ 重大事件に学ぶ「危機管理」佐々淳行 文春文庫 p213
  38. ^ 「嘘を言ってもいいんだろ」についての反論は『経営塾』2001年6月P33-34
    「マスコミとの387日戦争」『新潮45』2001年6月P90-91
  39. ^ a b c d e 「マスコミとの387日戦争」『新潮45』2001年6月
  40. ^ 『経営塾』2001年6月P34
  41. ^ 『経営塾』2001年6月P35
  42. ^ 21世紀に向けた日本とイラン・イスラム共和国との間の協力に関する共同声明(仮訳)日本国外務省HP
  43. ^ 野崎英二イラン大油田の優先交渉権獲得〜大盤振る舞いの通産省『IMPRESS』2000/11/02
  44. ^ 中嶋猪久生『資源外交、連戦連敗 アザガデン油田の蹉跌』P39-40
  45. ^ 『経営塾』2001年6月P34-P35。なお、対談時点でアメリカの姿勢について森は言及しているが、その後イランの核問題が深刻化した影響などもあり、日本側は2006年に権益を75%から10%へ大幅縮小するに至った。対談が行われたのはそれより5年前の時点であり、森が述べているのはエネルギー政策から見たニュースバリューについてである。 2009年8月11日の『産経新聞』の報道などによれば、その後中国が同油田に進出し後釜に座る形となっている。
  46. ^ a b c 「森の清談」『諸君!』2001年3月
  47. ^ 『経営塾』2001年6月P34-P35
  48. ^ 「蔵出し特集 嘘みたいな本当の話 サミットで首脳夫人にも嫌われた森喜朗首相の英会話」『週刊文春』2000年8月5日
  49. ^ 中村真理子「森首相、クリントン大統領に「フー・アー・ユー」失言の真偽」『週刊朝日』2000年8月11日
  50. ^ 「ブッシュ再選と今後の日米関係」『第141回琉球フォーラム』琉球新報社 2004年8月11日
    この講演にて高畑は創作である旨を認めた。
  51. ^ 福岡政行vs.森田実緊急対談 「これが最後の自民党政権だ」6月総選挙なだれこみ/自公保議席大激変 (総力特集 森内閣の明暗) 『週刊朝日』2000年4月21日
  52. ^ 総選挙情勢激変 全選挙区当落予想/投票率70%で自民200割れ 60%なら学会支配政権だ!? 福岡政行vs森田実『週刊朝日』2000年6月21日
  53. ^ 長野ショック 2001年参院選大予測 非拘束名簿は自民の「命取り」だ 1人区もボロボロ、自公保過半数割れ必至 『週刊朝日』2000年11月13日
  54. ^ 林真理子「マリコのここまで聞いていいのかな ゲスト森喜朗前首相」『週刊朝日』2001年8月17日
  55. ^ 「菅直人が大断言!「わが政権で株価を2万円に上げる」 独占インタビュー(森退陣!誰が日本を救う)」『週刊現代』2001年3月24日
  56. ^ 2001年3月5日(月)森内閣不信任決議案趣旨弁明鳩山由紀夫公式HP
  57. ^ 「森の清談 松茸竹中疑惑を語る」(『諸君!』2002年10月)株価の件で田原のほか、鳩山と管にも触れている。
  58. ^ a b c d e 「森政権六ヶ月の「功」の部分」『月刊官界』2000年11月
  59. ^ 口蹄疫問題について 前沖縄県議会議員 小渡亨公式ブログ 2010年05月11日
  60. ^ 「国の無策 感染拡大のさなかに外遊 のんきな素人大臣」『日経ビジネス』2010年6月12日
    「族議員については以前から批判が根強い。しかし、その道の専門家であることは否定しようがなく、今回と10年前を比べてみれば、どちらの対応が適切だったのか議論の余地は無いだろう」などと述べられている。
  61. ^ ■全国規模催し定着を 九州観光推進機構評議員会議長・中馬章一氏 県内経済人に聞く 『宮崎日日新聞』2010年7月30日
  62. ^ 主要国首脳との会談回数、出張回数、飛行距離等は『月刊経営塾』2001年6月号P31
  63. ^ 「アフリカ問題の解決なくして21世紀の平和と安定はない」『月刊自由民主』2004年8月号
  64. ^ 「首相としてなしえた独自の外交政策」『月刊自由民主』2007年10月
  65. ^ 「インドを大切に思う、その理由は」『月刊自由民主』2007年12月P47
  66. ^ 日本政府の制裁解除の準備については西ヶ廣渉(元インド公使「躍進するインド経済」『東京沖縄文化通信』2005年9月
  67. ^ 制裁解除日については参考(インドとの円借款契約調印について)2002年度 独立行政法人国際協力機構
    同時期の特使としての訪印については「訪印でアフガン復興へ協力要請」2001年(平成13年)10月 国外での活動 森喜朗公式ウェブサイト
  68. ^ 日本とインド「気ままにコラム」2005年4月5日松島みどりHP
  69. ^ 「首相としてなしえた独自の外交政策」『月刊自由民主』2007年10月P34-35
  70. ^ 「首相としてなしえた独自の外交政策」『月刊自由民主』2007年10月 P35-36
  71. ^ 森喜朗特派大使のパラオ大統領就任式典出席(概要と評価)2009年1月16日 日本国外務省HP
  72. ^ 『北京週報』2000年10月24日
  73. ^ 朱鎔基総理の訪日 日中首脳会談(概要)2000年10月13日 日本国外務省HP
  74. ^ 森喜朗首相のインタビュー、日中経済協力について人民日報日文版2000年10月13日
  75. ^ 「21世紀に向けた対中経済協力のあり方に関する懇談会」提言 日本国外務省
  76. ^ 「日本の対中ODA政策転換についての分析」『問題と研究』2001年8月
  77. ^ Q&A 日韓トンネルに関する質問と答え 政治・経済”. 日韓トンネル研究会. 2010年3月29日閲覧。
  78. ^ 重村智計「ブッシュ勝利で苦境に立つ二人の「金」」『中央公論』2001年12月号 『日本財団』内への転載
  79. ^ 森喜朗総理大臣とジョージ・W・ブッシュ大統領による共同声明(仮訳)2001年3月19日 日本国外務省HP
  80. ^ 森の核への姿勢については次の記事による。聞き手田崎喜朗「トップインタビュー 前内閣総理大臣 森喜朗」『財界人』2005年1月
  81. ^ 「森の清談」『諸君!』2001年8月号P38
  82. ^ 森総理大臣の外交記録 外務省ホームページ
  83. ^ おおまかな経緯については田村重信有事法制について」『岡崎研究所』による
  84. ^ 仮野忠男「24年ぶりの検討 どうなる有事法制の策定作業」『月間官界』2001年5月
  85. ^ 次期防は総額横ばい25兆円、空中給油機盛る 閣議決定2000年12月15日『朝日新聞』夕刊 『日本財団』HPへの転載
  86. ^ 北陸新幹線ニュースレター 1998年10月27日 長野県企画局新幹線・交通対策課
  87. ^ 新潟日報』1998年1月22日(糸魚川市民図書館による写し
  88. ^ 「整備新幹線の新規着工、検討を」森首相が注文 『朝日新聞』2000年7月18日
  89. ^ 野中の森批判については「北陸新幹線 フル規格に自民理解」『北国新聞』2000年11月9日
    九州新幹線と同時にフル規格化し、3新幹線での着工が決定を報じたのは『南日本新聞』2000年12月18日
    更に詳細な情報は『交通新聞』2000年12月20日
  90. ^ 「歴代総裁が語る」わが国の鉄道建設と鉄道公団のあゆみ」『日本鉄道建設公団30年史』P12-13
    長野オリンピックという期限が設定されたことで買収遅延の防止に工夫を凝らしたこと、VVVF車両、NATM工法、32番高速分岐器などの技術開発成果の取り込み、急勾配採用によるルート短縮、過大な設備の縮小や地平駅の採用などが主要要素である。「北陸新幹線の建設費の低減」によれば、1993年5月価格で揃えた比較で、上越がキロ当たり94.2億円に対して北陸は63.2億円、トンネル区間でのキロ当たり単価に至っては上越の36%に過ぎない。この説明には当時の首相、橋本龍太郎も驚いたという。
  91. ^ a b 『新世紀へ夢を運ぶ整備新幹線』
    なお、同書の「発刊に寄せて」は森の手になる。
  92. ^ ◎予算編成までに検討委 北陸新幹線 建設促進大会で森氏2007年5月29日 北国新聞
  93. ^ 平成20年秋の中央要請北陸新幹線建設促進同盟会からのお知らせ > 要請活動 富山県HP内
  94. ^ 〈参院選に訴える:1〉北陸新幹線 熱帯びる県内延伸運動2007年7月4日『朝日新聞』
  95. ^ a b 日本が歩むべき道 -将来に希望を持てる国にするために-梅田貞夫(日本土木工業会会長)扇千影『建設業界』2004年1月
    公共工事入札・契約適正化法成立の裏事情等が語られている。
  96. ^ 森内閣総理大臣記者会見録2000年8月6日
  97. ^ 青山やすし「こんな不合理は放っておけない 土地収用法の改正」『石原都政副知事ノート』
  98. ^ 議案名「土地収用法の一部を改正する法律案」の審議経過情報『衆議院』HP 「第151回国会議案の一覧」下
  99. ^ 「ウォッチング石原」森首相と環8視察『東京新聞』2001年2月2日
  100. ^ a b c 「森の清談 「ポスト小泉は」中国と靖国に振り回されるな」『諸君!』2006年5月号
  101. ^ 『読売新聞』2009年10月7日配信
  102. ^ 「直言対談 安倍総理を叱る」森喜朗VS三宅久之『月刊BOSS』2007年10月
  103. ^ a b 「森の清談」『諸君!』2001年8月号
  104. ^ 「森の清談」『諸君!』2002年8月号
  105. ^ 五百旗頭真 2007, pp. 203-204.
  106. ^ 「森の清談」『諸君!』2002年12月号
  107. ^ 「森の清談」『諸君!』2003年10月号 p.169
  108. ^ 「森の清談」『諸君!』2004年6月号P87
  109. ^ 「森の清談」『諸君!』2003年10月号 p.170
  110. ^ 人望のない「お姫様」については「森の清談」『諸君!』2003年10月P176
  111. ^ 「森の清談」『諸君!』2001年8月
  112. ^ 田中真紀子観に関しては「森の清談」『諸君!』2001年8月、2002年8月、2003年10月他
  113. ^ 総懺悔については『諸君!』2002年8月号P47
  114. ^ 「硫黄島で日米合同慰霊式 森前首相ら300人参列」『共同通信』2004年3月12日配信
  115. ^ 「トヨタがロシア工場の起工式…世界生産1000万台に布石」『レスポンス自動車ニュース』2005年6月15日配信
  116. ^ 「森元首相に聞く 参院選争点は「日教組壊滅できるか」産経新聞2006年10月31日紙面の全文写し
  117. ^ 中内康夫「外交力強化とサミット、アフリカ開発会議の成功に向けて 平成20年度外務省予算の注目点」『立法と調査』(通号 277) 2008年2月
    外務省の二千名増員計画に関する質問主意書提出者 鈴木宗男 衆議院ウェブサイト
    内容としては「今後十年間で同省定員を二千人増やすとともに、大使館数を百十七から百五十以上に拡充する」というもの。2006年8月2日付毎日新聞によれば外務大臣だった麻生太郎は「中国がアフリカ四十五カ国に大使館を置いているのに対し日本は二十四カ国」などと具体的数値を挙げて比較している
  118. ^ 「外交力強化に関する特命委員会、10年間の行動計画提言「総合的な外交力強化へのアクション・プラン10」正式決定」『日本経済新聞』2007年5月30日
    「外交力強化へのアクション・プラン10」-主張する外交を積極的に推進するために-自由民主党政務調査会 交力強化に関する特命委員会 2007年6月6日
  119. ^ 議員外交のあり方について議論 外交力強化に関する特命委員会 自民党 2007年3月14日
    森は「経費を削減し、予算を有効に使うことと、議員特権で海外に行くことをやめ、意識改革が必要」などと述べている。
  120. ^ 「森元首相が訪台、陳総統より特種大綬景星勲章を授与」『台湾週報』2006年11月21日
    森喜朗元首相の台湾訪問について 外交部人民網日文版』2006年11月24日9時23分(北京時間)配信
  121. ^ 井上茂樹副学長「泰日工業大学開学記念式典」に参列大同大学』HP 2007年8月2日
  122. ^ 李明博との会談については 「シャトル外交再開で一致 森元首相が韓国新大統領と会談」『産経新聞』2008年1月10日
  123. ^ [Part2 水メジャーに追いつけるか日本の水戦略]」『GLOBE』第16号 朝日新聞ウェブサイト 2009年5月25日
  124. ^ 「ラグビーに乾杯」『ラグビーマガジン』2009年10月
    感慨深い「ラグビーW杯」招致成功(7月28日)『森喜朗ブログ』2009年7月28日
  125. ^ 「自民党は正面突破作戦しかない」『Will』2009年8月
  126. ^ おしゃべり議員(2月19日)『森喜朗ブログ』
  127. ^ 船底のネズミの話(2月23日)『森喜朗ブログ』
  128. ^ 2009年8月11日「“生”帯番組「とりあえず生中(仮)」『森喜朗チャンネル』ニコニコ動画
    石田哲也「【レポート】森元首相、ネット規制・選挙については「TPO」 ニコニコ動画に生出演」『毎コミジャーナル』2009年08月19日
  129. ^ 「◎国際物流拠点へ出航 金沢港多目的ターミナル 大水深岸壁が暫定供用 」石川のニュース『北国新聞』2008年11月3日
  130. ^ 「◎コマツ金沢工場が起工 大型プレス機、金沢港で生産 」『北国新聞』2007年1月30日
  131. ^ 「金沢からもっと出したい コマツ 坂根正弘会長」『中日新聞』2009年5月29日
  132. ^ 「小松白川連絡道路のルートの早期確定と専任体制を要望」加賀飛騨道路の建設推進会議『小松商工会議所』HP 2006年3月15日
  133. ^ 「週刊新潮」事実と相違『森喜朗公式HP』2008年2月5日
  134. ^ 「街と環境にやさしいホール」 北國新聞赤羽ホールが開館 芸術、文化の創造拠点に 石川のニュース『北國新聞』2008年8月5日配信
    森は「赤羽ホールを新しい石川の文化をつくり上げていく拠点にしてほしい」と述べている。
  135. ^ 1万6千人、別れ惜しむ コマツ小松工場 閉鎖前、最後の開放『北国新聞』2009年8月3日
    トークショーにはコマツ会長坂根正弘なども出席している。同地での操業は88年間に及んでいたため、地元への経済効果は大きかった。田中美絵子の出席は不明。
  136. ^ 出演時の告知ニコニコ動画の“生”帯番組「とりあえず生中(仮)」に自民党 森喜朗・元総理がスペシャルゲスト出演
  137. ^ 日本経済新聞 2009年8月20日朝刊
  138. ^ 粟野仁雄 (2009年10月1日). “オピニオン これが日本の総理大臣だったのか 唖然とした森喜朗氏の衆院選開票日の言動”. 朝日21関西スクエア. http://www.asahi.com/kansaisq/kaihou/no118/opinion/ 2010年3月25日閲覧。 
  139. ^ “不況の経済界 政権交代へ反応 投資効果ある対策を”. 中日新聞. (2009年9月1日). http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/economy/news/CK2009090102000182.html 2010年3月22日閲覧。 
  140. ^ 「辛勝の森元首相、「小泉さんへのアンチテーゼ」『産経新聞』地方・石川 2009年8月31日 02時01分配信
    森陣営の写真が掲載。屋内か屋外かは不明。
  141. ^ 社団法人 きものコンサルタント協会の沿革
  142. ^ これまでの歴史『きものコンサルタント協会』
  143. ^ 今年も和装振興から(1月5日)森喜朗ブログ2009年1月5日
    平成21年1月 国会議員、きもの姿で登院 新春の国会開会式に超党派の議員が和装振興をアピール「お知らせ」『装道きもの礼法学院』
  144. ^ “東レ石川工場 スタート式典開く”. 繊維ニュース (アパレルウェブ). (2009年7月13日). http://apalog.com/sen-i-news/archive/1934 2010年3月22日閲覧。 
  145. ^ “繊維産地の技術売り込む 石川の15社 素材に海外の流行を反映”. 北國新聞. (2009年10月8日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20091008302.htm 2010年3月22日閲覧。 
  146. ^ 衆院選総括のコメントについては「【単刀直言】森喜朗元首相 民主のトライアングルに論戦挑め 参院選は負けられない 現職も厳しく査定すべき (1/4ページ)」『産経新聞』2009年10月15日1時27分配信
  147. ^ 舛添と森の会談については 「自民ますます混迷か 舛添、総裁選“不出馬”宣言」『産経新聞』2009年9月2日11時43分配信
  148. ^ 「森喜朗元首相が頭を痛める党、派閥、地元の「三重苦」」『週刊文春』「THIS WEEK 政治」内 2009年3月12日
  149. ^ 「「愚痴だけ言わず理想掲げろ」森元首相が若手を鼓舞」『朝日新聞』2009年9月12日11時19分配信
  150. ^ ODAを半減せよ2009年2月9日 河野太郎ブログ
  151. ^ livedoor ニュース - 「森喜朗政界追放」だけが痛快だった自民党総裁選配信元は『日刊ゲンダイ』
  152. ^ a b 総裁選での党の対応、若手へのコメントは「【単刀直言】森喜朗元首相 民主のトライアングルに論戦挑め 参院選は負けられない 現職も厳しく査定すべき (3/4ページ)」『産経新聞』2009年10月15日1時27分配信
  153. ^ 森元首相も登場、ひろゆき氏がお姫様だっこ--盛りだくさんのニコニコ動画全国ツアー in 金沢CNET JAPAN
    『読売新聞』2009年11月29日配信
  154. ^ 「森喜朗元首相の母、秋子さん死去」『朝日新聞』2010年1月2日17時17分配信
    「森秋子さん死去(森喜朗元首相の母)」『時事通信』2010年1月2日20時33分配信
  155. ^ 森元首相、イルクーツクに母の遺骨を分納 『The Voice of Russia』2010年8月19日14時27分配信
  156. ^ “森元首相がインド首相を表敬”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年3月18日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100318/plc1003182332016-n1.htm 2010年3月19日閲覧。 
  157. ^ 森喜朗日印協会会長、久々にインドを訪問「日印グローバル・パートナーシップ」創始者は各地で大歓迎される 日印協会
  158. ^ 続報!森喜郎元首相、日産工場開所出席の謎-自動車王国-
  159. ^ 石川工場の建設に着工2010年のニュース 2010年03月25日『日本ガイシ株式会社』HP
    「来年7月に操業開始 日本ガイシ、石川工場着工 」『北国新聞』2010年3月26日配信
  160. ^ 「漂流する巨大政党」、『SAPIO』第22巻第6号、小学館、2010年4月14・21日号、 p.17。
  161. ^ 「東レ合繊クラスター展示会 海外でも開催検討」『中日新聞』2010年4月17日
  162. ^ 森喜朗元総理大臣がレジオン・ドヌール勲章グラントフィシエを受章 在日フランス大使館公式ウェブサイト
  163. ^ a b c 「自民参院会長に中曽根氏――派閥調整崩壊――くじ引き決着」『asahi.com(朝日新聞社):自民参院会長に中曽根氏 派閥調整崩壊 くじ引き決着 - 政治朝日新聞社2010年8月12日
  164. ^ a b 「町村派のお家騒動深刻――森氏が『退会届』」 『MSN産経ニュース』産経デジタル2010年9月3日
  165. ^ a b 「森元首相が町村派を退会」『MSN産経ニュース』産経デジタル2010年12月11日
  166. ^ 恩田勝亘 日本のベトナム原発受注 鳩山由紀夫と森喜朗が果たしたのは(下) 深層WATCH 『NETIBニュース』2010年12月4日 8:00配信
  167. ^ 『読売新聞』2011年6月2日23時42分 早期退陣否定に石原氏「あきれて物が言えない」
  168. ^ 森元首相、次期衆院選に不出馬の意向 読売新聞 2012年7月23日閲覧
  169. ^ 「裏切られた気分」…森元首相、無所属候補激励 読売新聞 2012年12月11日閲覧
  170. ^ ロシアに森元首相を派遣へ…大統領に親書 読売新聞 2012年12月23日閲覧。
  171. ^ 森元首相、露に派遣へ…プーチン大統領と会談 読売新聞 2012年12月31日閲覧。
  172. ^ 北方領土「安倍首相はやるだろう」と森元首相 読売新聞 2013年1月5日閲覧。
  173. ^ 森元首相「4島返還だけでは動きにくい」読売新聞 2013年11月14日閲覧。
  174. ^ 新ローマ法王就任式、森元首相を派遣MSN産経ニュース 2013年3月15日閲覧。</
  175. ^ 安倍首相「森氏は教えながら首相の役割果たす」読売新聞 2013年7月3日閲覧。
  176. ^ 森元首相「JR東海にJR北海道を買わせたら」 札幌で持論北海道新聞 2013年9月25日
  177. ^ 森元首相を名誉石川県民に 福島民報 2013年1月23日閲覧。
  178. ^ [1]
  179. ^ 森元首相:肺がん手術受ける毎日新聞 2015年03月30日
  180. ^ 高市早苗「OPINION なぜ森首相は誤解されるのか」(『正論』2001年3月号)
  181. ^ 西部邁「大衆民主主義(マスデモクラシー)の罠 森首相への鎮魂歌」『諸君!』2001年5月
  182. ^ 「閣僚インタビュー 経済が軌道に乗るまで森首相で行くべきだった 経済産業大臣 平沼赳夫」月刊官界2001年5月
  183. ^ 森千恵子「夫・森喜朗 人は「愚宰相」というけれど」『THEMIS』2000年7月P28
  184. ^ 五百旗頭真 2007P185-186、参院選後の村山辞意発言についてはP191-192
  185. ^ 「石川沖の油帯 ゆっくり北上」『北國新聞』1997年1月10日夕刊1面
    平成9年海上保安白書第1章によれば、1月6、7日には関係省庁連絡会議、10日には「応急対策を関係行政機関相互の密接な連携と協力の下に強力に推進するため」閣議口頭了解により、運輸大臣を本部長とする「ナホトカ号海難・流出油災害対策本部」が設置されている。
  186. ^ 『朝日新聞』1997年1月23日
  187. ^ 本会議 第1号 第149回(臨時会)における 所信表明演説 衆議院会議録2000年7月28日
    教育について(平成12年8月16日) 総理からのひとこと 首相官邸ウェブサイト
  188. ^ 自民・森幹事長がエイズ患者蔑視の暴言 「ただちに謝罪を」今井担当大臣が談話2000年1月14日 民主党公式サイト
  189. ^ 『月刊自由民主』2004年8月
  190. ^ 「総理というのは不自由なもんだ」『文藝春秋』2000年10月 p.172
  191. ^ 「沖縄万博、IC、ただいま昭和12年 首相語連発 2000総選挙」『朝日新聞』2000年6月23日4面
    なお、ICはITの言い間違い、昭和12年は平成12年の言い間違いを同紙が揶揄したものである。
  192. ^ 北朝鮮とEU・EU加盟国との関係外務調査月報2002
  193. ^ 『毎日新聞』2000年10月21日
  194. ^ 毎日新聞2000年10月21日
  195. ^ 「拉致第三国案「個人見解」発言撤回 中山正暉氏に聞く」 『産経新聞』朝刊 2000年10月25日『日本財団』HPへの転載
  196. ^ 「中山正暉代議士に公開質問状」救う会全国協議会ニュース(2002.03.25)
  197. ^ 「<資料>中山発言」救う会全国協議会ニュース(2002.07.24)
  198. ^ 私たちは、森喜朗氏に以下の発言の撤回と女性への謝罪、議員辞職を求めます。『SOSHIREN・女(わたし)のからだから』
  199. ^ 7月1日〜4日 森喜朗議員等の一連の女性差別発言に抗議山内恵子事務所HP
  200. ^ 「拉致問題も参院選次第 北朝鮮次官がヒル氏に」『中国新聞』2007年7月17日
  201. ^ 「北朝鮮メディアが安倍首相退任促す論評」『日刊スポーツ』2007年7月23日12時50分配信 大阪市会議員辻よしたかHPへの転載
    宇恵一郎(編集委員) 「北への対応 危機感薄く」『読売新聞』2007年7月25日
  202. ^ 「北朝鮮は自民大敗を願っている」森元首相、金沢で演説2007年7月25日22時30分 読売新聞
  203. ^ 「森元首相、「野党過半数なら追い込まれ解散」『読売新聞』2007年7月27日10時18分配信
  204. ^ 「自民大敗は当然の帰結」…北朝鮮2007年7月30日13時41分 読売新聞
  205. ^ 井上義行による打ち明け話については『毎日新聞』2010年2月8日10時25分配信
  206. ^ 安倍政権の対北姿勢維持については『AFP』2007年7月30日配信
  207. ^ a b “後ろから切りつけた感じ 森氏、小池氏に不快感”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年8月17日). http://www.47news.jp/CN/200708/CN2007081701000792.html 2012年9月19日閲覧。 
  208. ^ 森喜朗会長「英語は敵国語だった」2014年2月10日デイリースポーツ
  209. ^ 森元首相、真央に「あの子、大事なときには必ず転ぶ」サンスポ 2014年2月20日
  210. ^ 森喜朗 元総理・東京五輪組織委員会会長の発言 書き起こし - 荻上チキ・Session-22、2014年2月21日
  211. ^ 森元首相、リード組に「五輪出場の実力なかった」サンスポ 2014年2月20日
  212. ^ FCCJ - PRESS CONFERENCE: Mao Asada, Figure Skater and Sochi Olympian Mao Asada Figure Skater and Sochi Olympian外国特派員協会 2014年2月25日
  213. ^ 森喜朗が“独唱”を“斉唱”と取り違え五輪代表に「国歌を歌え」! でも政権とネトウヨに怯えるマスコミは一切批判せず
  214. ^ 裏金疑惑の西松建設 関連政治団体政界に4億2000万円 森・二階・小沢氏ら しんぶん赤旗 2008年12月21日(2009年3月12日閲覧)
  215. ^ 森元首相も返却へ=西松OB団体からの資金 時事通信 2009年3月5日(2009年3月12日閲覧)
  216. ^ 草野厚『歴代首相の経済政策全データ』P212
    草野は当時森が自民党幹事長だったことと絡めて書いている。
  217. ^ a b 「能登空港と松山空港が石川県の未来を変える」『月刊官界』2002年8月
  218. ^ 『前衆議院議員赤池まさあきの国政ニュース_2006年1月19日
  219. ^ a b 森功閉ざされる日本の空 第13回 1日2往復便の能登が元気な理由」『日経ビジネスオンライン』2008年7月14日
  220. ^ 平賀尉哲「地域振興に貢献する能登空港の素顔」『鉄道ジャーナル』2006年5月
  221. ^ 増える空港 かさむ赤字/3 がんばって旅客を増やしている空港もある『毎日新聞』2009年9月9日
  222. ^ 地方空港「駆け込み」開港 利用客奪い合い、税補填も『朝日新聞』2006年2月14日
  223. ^ 「ルクセンブルク 貨物を週1便増 小松」マイタウン石川『朝日新聞』2010年04月10日配信
  224. ^ 「しがらみだらけの航空行政 政権交代で転換できるか」The Asahi Shinbun Globe『朝日新聞』
  225. ^ 「森喜朗・前首相、陳水扁総統と会見」『週刊台湾通信』第9203号2003年1月8日 辞任後最初の訪問で首相経験者としては福田赳夫に次いで2番目である。中華航空機を利用している。
  226. ^ 「小松空港の台湾便誘致に本腰を 森前首相、本社で見解」『北国新聞』2006年1月8日 『青森日台交流会』による転載
  227. ^ a b 6月1日に台北―小松間の長栄航空定期便が就航、台湾写真展なども記念開催『台日交流』2008年6月2日 台北駐日経済文化代表処HP
  228. ^ ◎「エバー就航に全力」 台北駐日経済文化代表処、許代表が森氏に表明『北国新聞』2007年11月21日
  229. ^ ◎エバー航空最有力 小松と台湾の定期便 来春にも就航 「石川のニュース」欄『北国新聞』2007年11月21日
  230. ^ 「知事「エバーと運命共同体」協力を確認」『北国新聞』2008年4月22日 ひもの義昭(石川県議)ウェブサイト台北便就航記念・交流促進訪問【H20.4.20〜H20.4.24】に転載
  231. ^ 毎日新聞 2007年7月5日 東京朝刊
  232. ^ 独占手記 「首相夫人 森智恵子」『週刊宝石』2000年7月6日
  233. ^ 「森代議士(石川)泥棒を捕える」『朝日新聞』1970年7月22日22面
  234. ^ 視察先の小学校で人気だった件の出典は 八幡和郎『歴代総理の通信簿 間違いだらけの首相選び』PHP新書 2007年
  235. ^ 安倍官房長官も興味津々〜 森前総理 乱闘騒動は続く馳がつけていたブログの転載
  236. ^ 武藤社長からVM厳重注意…森前首相襲撃 [ スポーツ報知 ]2006年8月30日
  237. ^ 8月27日両国大会に関してのお詫び 全日本プロレス公式ホームページその後掲載終了[リンク切れ]
  238. ^ 2008年8月号 第96回 森喜朗大活躍?!
  239. ^ 村上正邦、平野貞夫、筆坂秀世『自民党はなぜ潰れないのか』(2007、幻冬舎新書)
  240. ^ 「月刊BOSS」2008年8月号
  241. ^ 「自民党は正面突破作戦しかない」『Will』2009年8月号
  242. ^ 「【自民総裁選】乱戦いよいよ本格化 派閥政治終焉の序章か…」『MSN産経ニュース』2009年9月8日
  243. ^ 「雄弁会と松下政経塾」五百旗頭真 2007, pp. 284-289
  244. ^ “森元首相の義理が話題に”. 中央日報. (2008年12月23日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=109120&servcode=A00 2010年8月7日閲覧。 
  245. ^ a b 中川秀直六十五歳の誕生日に蘭の花を贈った森喜朗の胸中」、『週刊文春』2009年2月19日号、文藝春秋、2009年2月、2010年8月7日閲覧。
  246. ^ “首相VS記者団とは”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/seiji/primeminister/etc/burasagari.html 2010年1月22日閲覧。 
  247. ^ 「早大OB森元首相も駆けつけた!「ラストゲーム/最後の早慶戦」シンポジウム」eiga.com』2008年5月20日12時00分配信
  248. ^ 日米親善野球でコカコーラとホットドッグを食べた件についてはWBCに昔日を思う2009年3月25日『森喜朗ブログ』
  249. ^ 「森喜朗元首相が骨髄バンク支援舞台に出演」『日刊スポーツ』2010年2月3日23時24分配信
    「「友情」通算400回上演達成…森喜朗元首相もゲスト出演」『日テレNEWS24』2010年2月3日23時4分配信
  250. ^ 山口敏夫氏から辞任要求の森喜朗氏 安倍首相に泣きついた『週刊ポスト』2016年8月12日号
  251. ^ 週刊ポスト 2016好きなジジイ、嫌いなジジイ2016年9月2日P52-55
  252. ^ 森・元首相長男の石川県議、酒気帯び運転容疑で逮捕アサヒコム
  253. ^ “元石川県議、森祐喜氏が死去 森元首相の長男”. 47NEWS (共同通信社). (2011年7月27日). http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011072701000371.html 2011年7月28日閲覧。 
  254. ^ スズキの会長にインド政府から叙勲 『Carview.co.jp』2007年1月29日
    スズキ会長への叙勲記事だが、過去の事例として森が挙げられている。
  255. ^ 森喜朗元総理のロシア訪問 日本国外務省 2007年12月21日
  256. ^ “森元首相に勲章授与=韓国大統領”. 時事ドットコム(時事通信社. (2010年11月30日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010113000944 2010年11月30日閲覧。 
  257. ^ a b “森元首相 韓国で外国人に対する最高位の勲章受ける”. スポーツニッポン共同通信社. (2010年11月30日). http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20101130117.html 2010年12月3日閲覧。 
  258. ^ [2]
  259. ^ [3]







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

森喜朗に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「森喜朗」の関連用語

森喜朗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

福島潟のヒシクイ

ゼブラノコギリクワガタ

スタアチェ

AZワゴン Custom Style

志太野坡

S-560

笹透図鐔

中ヨークシャー





森喜朗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2016 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの森喜朗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS