桐紋雁金鍵透図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 桐紋雁金鍵透図鐔の意味・解説 

桐紋雁金鍵透図鐔

きりもんかりがねかぎすかし

桐紋・雁金・鍵透図鐔
無銘金山
室町時代
丸形地透角耳小肉
縦70.0ミリ
横69.5ミリ
切羽厚さ4.6ミリ
物に対し極限まで正確さを求め一方で綺麗なだけではない無骨なもの、歪な物にも美を見出し愛着感じる。
これは日本民族特有の感性なのだろうか時代のある鉄鐔を見るといつもこんなことを思う。桐紋分銅雁金、鍵を対称に配した、衒いの無い素直で力強い作である。長い年月経て深み増し錆色表面に自然な光沢を宿し、鍛え上げられた耳には所々小粒鉄骨現れている。鉄鐔は見るだけでなく手で触れ触覚でも鑑賞できるところが良い。手は第二の目と言われる繊細感覚持っているのだから。力強い槌音聞こえてきそう感触である。

桐紋雁金鍵透図鐔




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「桐紋雁金鍵透図鐔」の関連用語

1
100% |||||

桐紋雁金鍵透図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

立鶴図小柄

唐草桜紋図鐔

山椒図目貫

花喰鳥図大小目貫

武鑑透図鐔

獅子図小柄

月下釜洗図鐔

明烏図鐔





桐紋雁金鍵透図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2017 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2017 Weblio RSS