桐山 秀樹とは?

桐山秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/10 09:25 UTC 版)

桐山 秀樹(きりやま ひでき、1954年2月4日[1] - 2016年2月6日[2])は、ノンフィクション作家


  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 桐山秀樹さん死去:ハフィントンポスト
  3. ^ 『脱・メタボ14日間の旅!』著者紹介


「桐山秀樹」の続きの解説一覧

桐山秀樹(きりやま ひでき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/09 17:58 UTC 版)

西日本最凶愚連隊大阪マッドブルズのリーダー二代目)。通称ミナミ悪魔」。外見からはとても想像できない18歳の高校3年生。「キケケケー」という奇声のような笑い声特徴的当初関東人間大嫌いという設定で、関と子分友也対立切っ掛け三郎たちと出会い大阪城にて三郎対決を挑んだが敗れ(本人五分で戦ったと言い張っている)、三郎の(自称マブダチになる。その後三郎勝手に約束した全国制覇の手始めに九州制圧に出かけ、次々と九州の番格たちを撃破してマブダチにしていった。一郎・二郎劣らないぐらい凶暴極悪重量級の関を吹っ飛ばし萩原一発で倒し、九州の番格達も一ノ瀬児島除けばほぼ苦戦することなく圧勝するなど圧倒的な強さを誇る(流石にキレ三郎には及ばないが、九州制圧編を境にケンカ強さ身体能力はどんどん常人離れしたものになっている)が、石井以上に変な言動取ったりする。マブダチには食事遊び代金無理矢理桐山本人一緒に遊んでいるつもりだが、相手桐山が怖いため)奢らせたり、勝手に相手自宅に泊まったり傍若無人振舞うが、彼らがピンチになると真先に駆けつけて助けるなど、男気のある行動もする。ちなみに生粋大阪人であるため阪神タイガースの大ファンで、好きな選手アニキと金本である。第2部以降からは「~やでしかし」と横山やすしのような口調が目立つようになる。言動共に凶悪で勝手、ブログ活動から自己顕示性格うかがえるが、前向きで単純な(善・悪両面変人タイプ良いヤツである。なお、ブログ日本のみならず世界的にも徐々に知名度上昇していき、かなりの人気サイトとなっているらしく、石井嫉妬するエピソードなども描かれる余談だが、三郎重度オタクであることを垣間見シーンではさすがにドン引き様子見せた。因みにサンタを信じそのくせ毒手を扱う不信感の塊である。

※この「桐山秀樹(きりやま ひでき)」の解説は、「エリートヤンキー三郎の登場人物」の解説の一部です。» 「エリートヤンキー三郎の登場人物」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

桐山 秀樹に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「桐山 秀樹」の関連用語

桐山 秀樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

バフ仕上げ

ロマンス

山口素堂

タンクローリー

からむし織りのはた音

航空母艦

蓬莱竹

WS003SH





桐山 秀樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桐山秀樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエリートヤンキー三郎の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS