桂銀淑とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 歌手 > 演歌歌手 > 桂銀淑の意味・解説 

桂銀淑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/10 02:32 UTC 版)

桂 銀淑(ケイ ウンスク、韓国語:계은숙、1961年7月28日 - )は、韓国ソウル市永東出身の演歌歌手である。ジャンルは演歌に分けられているが、曲調はド演歌ではなく、歌謡曲バラードに分類される。独特なハスキー・ヴォイスで数々のヒット曲を飛ばし、多くの音楽賞を受賞。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 雑誌『婦人公論』(中央公論新社)2006年10月22日号、インタビュー記事「桂銀淑 5年間の空白の真相 裁判、うつを乗り越えて再びステージに立つ」
  2. ^ 2014年2月18日放送、テレビ朝日系『玉の輿に乗ったのに、その後どん底に落ちた女たちSP
  3. ^ 覚醒剤逮捕から6年ぶり日本芸能界復帰の桂銀淑が現状を語る”. NEWSポストセブン (2014年2月23日). 2014年2月23日閲覧。
  4. ^ 桂銀淑、覚醒剤で逮捕…歌手活動再開の矢先に転落”. ZAKZAK (2007年11月27日). 2007年11月27日閲覧。
  5. ^ 桂銀淑被告に有罪! 歌手で再起誓う”. スポニチ (2007年12月22日). 2007年12月22日閲覧。
  6. ^ 桂銀淑が日本から強制帰国、うつ病治療へ”. 中央日報 (2008年5月12日). 2008年5月13日閲覧。
  7. ^ 桂銀淑、日本の入管が強制出国を延期”. 朝鮮日報 (2008年5月12日). 2008年5月13日閲覧。
  8. ^ 桂銀淑、日本から強制帰国命じられ極秘帰国”. 中央日報 (2008年8月6日). 2008年8月6日閲覧。
  9. ^ 「演歌の女王」桂銀淑、32年ぶりに故国で音楽活動”. 中央日報 (2014年1月10日). 2014年1月22日閲覧。
  10. ^ 桂銀淑 32年ぶりの韓国ステージ”. KBS WORLD (2014年1月21日). 2014年1月22日閲覧。
  11. ^ a b 雑誌『週刊現代』(講談社)2014年6月14日号、インタビュー記事「独占告白 桂銀淑『ASKAへ 覚醒剤、私の場合』」
  12. ^ 桂銀淑、韓国で活動再開..32年ぶりにカムバック”. Innolife (2014年1月19日). 2014年1月23日閲覧。
  13. ^ '日홍백가합전 7회 출연' 계은숙 "K팝 후배들 장해"”. 스타뉴스 (2014年1月17日). 2014年2月19日閲覧。
  14. ^ 歌手の桂銀淑さん、詐欺で在宅起訴=高級車リース料払わず-韓国”. 時事通信社 (2014年8月3日). 2014年8月4日閲覧。
  15. ^ 계은숙, 억대 외제차 리스 사기 혐의 해명 "믿었던 친구에게 배신 당했다"”. 스포츠조선 (2014年8月4日). 2014年8月4日閲覧。
  16. ^ '사기혐의' 계은숙 "사람 믿은 죄, 마음의 상처 크다"(단독인터뷰)”. 뉴스1 (2014年8月4日). 2014年8月4日閲覧。
  17. ^ “詐欺の疑い”桂銀淑「マネージャーを名乗る第3者の仕業…無罪が宣告されるべき」”. Kstyle (2014年8月6日). 2014年8月7日閲覧。
  18. ^ 단독 인터뷰 - 계은숙 "정상의 가수였던 내가 몇 천만원에 사기?"”. 일간스포츠 (2014年8月6日). 2014年8月6日閲覧。
  19. ^ 桂銀淑の詐欺指南役は朴大統領の「いとこの子」 桂銀淑名義で車借り利用”. 朝鮮日報 (2014年8月6日). 2014年8月7日閲覧。


「桂銀淑」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

桂銀淑に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「桂銀淑」の関連用語

桂銀淑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

三角カン

ドーリス科の1種3

香港フィズ

小学校

空間放射線量率

信州そば

御嶽山

中将





桂銀淑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桂銀淑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS