査証とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 書類 > 査証 > 査証の意味・解説 

さ しょう [0] 【査証】

( 名 ) スル
調べ証明すること。
ビザvisa に同じ。

査証(さしょう)

渡航先の国が発給する入国許可証

自国離れ外国へ行くとき、パスポートとともに、その国への入国許可証としてビザが必要だ。ビザ相互免除協定を結んでいる国を除き、ビザがないとその国に入ることができない

ビザ種類は、渡航する目的に応じて外交公用就業観光通過留学などがある。それぞれの渡航目的について、滞在許可期間が決まっている。

相互免除協定とは、観光客のように滞在期間が短い場合、2国間の入国ビザなしでも認めることをいう。通常観光目的など3ヶ月程度短期滞在適用される

日本政府ビザは、外務省設置法に基づき海外日本大使館総領事館などで発給されている。政治的理由などにより好くないと判断されれば、ビザ発給せず、入国拒否することもある。

政府は、中国唯一の合法的政府として台湾はその中に含まれるとする「一つの国」の立場取っているため、台湾には大使館などを設置しておらず、日中関係維持念頭に、対応を迫られている。

関連キーワード「パスポート

(2001.04.19更新


査証

人口移動統計 1人口移動の量、移動方向移動者属性明らかにするために作成される。この種のデータの正確さはその作成方法依存している。というのは、移動統計のほとんどは正確な測定ではなく近似推定から成り立っているからである。移動の直接的な測定 2は、それが発生した時に移動記録する制度を必要とする。最も完全な移動統計すべての居住地変更記録する人口台帳から作られる。これによって国内移動および国際移動計量することができるが、前者の方が後者より満足すべき結果が得られるのが普通である。このような人口台帳存在しない国では、目的限定すれば、全人口を対象とはしていないいくつかの行政記録を(移動資料として)利用することができる。すなわち、有権者登録 3社会保障記録 4あるいは納税者記録 5から国内移動に関する情報を得ることができる。国際移動場合、船や飛行機乗客名簿 7基づいて統計作成することができる。国境越え人々数え方法では非常に粗い資料しか作れない。多く国境交通(803-2*)がある地域では、移民と、居住地変更しない旅行者 8および通過移動(801-11)者とを区別するために特別の手続き要する。査証 9入国許可証 9の数、あるいは居住許可証 10労働許可証 11の数は、外国人入移民を示すものとして利用することもできる。


査証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/26 06:11 UTC 版)

査証(さしょう)又はビザ: visa)とは、が自国民以外に対して、その人物の所持する旅券が有効であり、かつその人物が入国しても差し支えないと示す証書である。多くの国では入国を保証するものではなく、入国許可(上陸許可)申請に必要な書類の一部となっている。大多数の国が同様の制度を運用しているが、同時に一定の条件内で査証免除が行われている場合が多い。




「査証」の続きの解説一覧





査証と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

査証に関連した本

査証に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「査証」の関連用語

査証のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




査証のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2014 時事用語のABC All Rights Reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの査証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS