板垣退助とは?

板垣退助 いたがき たいすけ

板垣退助の肖像 その1
板垣退助の肖像 その2
板垣退助の肖像 その3
天保8年4月17日大正8年7月16日 (1837~1919

高知生まれ。政治家。高知藩山内豊信側用人などをつとめるが、藩の公武合体路線と相容れず、討幕派と連携戊辰戦争活躍明治維新後、高知藩大参事となり、藩政改革を行う。明治4年(1871)廃藩置県断行参議となり、岩倉遣外使節団派遣後の留守政府をあずかるが、征韓論が入れられず6年(1873)に下野翌年、ともに下野した後藤象二郎らと民撰議院設立建白書政府提出愛国公党立志社設立自由民権運動先頭に立つ。14年(1881)自由党総理就任。後に第2次伊藤内閣第1次大隈内閣内相をつとめた。

キーワード 政治家
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 板垣政法論 / 板垣退助述 ; 植木枝盛記 ; 五古周二編 自由, 明14.3 <YDM27656>
  2. 板垣君欧米漫遊録 / 清水次郎清水次郎, 明16 <YDM21824>
  3. 板垣君欧米漫遊日記 / 師岡国編 松井忠兵衛, 明16.6 <YDM21823>
  4. 板垣退助君演説 / 前野茂久次編 前野茂久次, 明16.9 <YDM27657>
  5. 通俗無上政法論 / 植木枝盛記 ; 和田稲積編 絵入自由出版社, 明16.12 <YDM28199>
  6. 東洋自由泰斗板垣退助君高談集 / 斉藤和助編 共立支社, 明18.5 <YDM27658>
  7. 板垣南海翁之意見 / 板垣退助述 郷敏儒, 明23.2 <YDM27659>
  8. 愛国論 / 板垣立案 ; 出射吾三郎吉田書房, 明23.3 <YDM27644>
  9. 板垣伯の意見 / 小河義郎編 小河義郎, 明23.3 <YDM27663>
  10. 板垣南海翁之意見 / 板垣退助述 ; 岩本米一郎編 岩本米一郎, 明23.5 <YDM27660>
  11. 板垣伯演説筆記 / 馬場秀次郎記 落合貫一郎, 明24.2 <YDM27662>
  12. 板垣伯意見書 / 板垣退助述 憲政党党報局, 明32.1 <YDM27661>
  13. 板垣伯対舎身居士政教問答 / 田中弘之(舎身居士)述 舎身庵, 明36.10 <YDM27996>
  14. 自由党史. [1], [2] / 宇田, 和田三郎共編 五車, 1910 <YDM28615>
  15. 一代華族論 / 板垣退助著 社会政策社, 明45.6 <YDM39456>
  16. 選挙法改正意見 / 板垣退助著 〔出版者不明〕, 〔出版不明〕 <YDM28671>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

板垣退助

読み方いたがき たいすけ

政治家土佐生。高知藩士栄六正成の長男。名は正形。幕末期討幕派に投じ、戊辰戦争参加、のち明治維新政府参議となる。また自由民権運動さきがけとなり、自由党総理務める。第一次大隈内閣内相就任後、晩年社会事業尽力した。大正8年1919)歿、83才。

板垣退助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/08 19:48 UTC 版)

板垣 退助(いたがき たいすけ、天保8年4月17日1837年5月21日) - 大正8年(1919年7月16日)は、日本武士土佐藩士)、政治家幼名は猪之助。退助は元は通称は初め正躬(まさみ)、のち正形(まさかた)。は無形(むけい)。栄典従一位勲一等伯爵土佐三伯の一人(他に後藤象二郎佐々木高行)。




[ヘルプ]

補註

  1. ^ 明治以降、板垣家と坂本家は親戚関係となる。また千葉さな子が開業した鍼灸院には退助自ら患者としてでなく、自由党員の小田切謙明(のちに無縁仏となったさな子の身元引受人となる)をはじめ数多くの患者を紹介するなど、龍馬の縁者には何かと面倒をみている。
  2. ^ 退助が神田村に蟄居中、樵(きこり)や農夫たちと身分の隔てなく親しく交わり、それが後年、庶民の立場に立った自由民権運動に目覚めるきっかけとなったことや、免奉行(税務官)時代に農夫たちが、退助に平伏して話をするのを見て、万民が上下のへだたりなく文句を言ったり、議論したりするぐらいがちょうど良い。私にも遠慮なく文句があれば申し出てくださいと語った話など、下士や農民たちに対しても寛大であった(当時としては変人とみられることもあった)逸話は豊富である。そえがゆえに退助が自由民権運動に没頭し全国を遊説していた頃には庶民派として大衆の人気を博した。[2]
  3. ^ 『柳営補任』によると旗本・深尾善十郎の養子総領。実父は松波平兵衛。
  4. ^ 甲州勝沼の戦いの後、甲斐国の武田氏一族の菩提寺である恵林寺に所蔵されていた板垣信方の肖像画に対面し、感激した退助は直筆で「わが祖」と書き入れたという。
  5. ^ 当時、岐阜県御嵩(みたけ)警察署御用掛であった岡本都嶼吉が、3月26日から4月8日までの板垣一行の動静をまとめて4月10日に御嵩警察署長に提出した「探偵上申書」に記載されている。また岐阜県警部長の川俣正名が岐阜県令に対して提出した供覧文書には、板垣が刺客に対して、自分が死ぬことがあったとしても「自由は永世不滅ナルベキ」と笑った、と記録されている。[5]
  6. ^ 板垣を中央に右が後藤象二郎と左が乾正厚との所伝がある。
  7. ^ 「花菱」紋を陰陽反転したもの。この頃は、武田氏も「四つ割菱」紋はまだ用いてはおらず「四つ割菱」紋を陰陽反転したものでは無い。
  8. ^ 俗説に、板垣の紋は「五三の桐」と言うが、品川神社裏の墓石などによれば板垣の紋は葉脈の数が三本、葉型は鬼葉(刻みの尖った葉)で、花が描かれており「五三の桐」とは形が全く異なる。

出典

  1. ^ 『坂本龍馬とその一族』土居晴夫著、新人物往来社、1985年(昭和60年)。『坂本龍馬の系譜』土居晴夫著、新人物往来社、2006年(平成18年)。[1]
  2. ^ 『板垣退助君伝 第1巻』栗原亮一、宇田友猪著、自由新聞社1893年、『自由党史』
  3. ^ 高知歴史散歩『武田信玄と板垣退助(2)』広谷喜十郎著。-高知市広報「あかるいまち」2007年2月号より-
  4. ^ 『迅衝隊出陣展』39頁
  5. ^ 知っていましたか? 近代日本のこんな歴史|板垣退助暗殺未遂事件〜「板垣死すとも自由は死せず」〜
  6. ^ 『日本の有名一族』小谷野敦、幻冬舎新書、2007
  7. ^ 『板垣退助君伝記』第4巻、宇田友猪著、明治百年史叢書、原書房、2009年
  8. ^ 『杉山茂丸伝』、野田美鴻著、島津書房、1992年
  9. ^ ルイ・ヴィトン、板垣退助もご愛用 ひ孫、トランク寄託”. 朝日新聞 (2011年9月17日). 2011年9月17日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ 壮年期の板垣退助の写真公開 明治初期 子孫が保管”. 高知新聞. 2015年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月13日閲覧。
  11. ^ 『佐藤一斎と其の門人』第九章
  12. ^ 『山鹿素行兵法学の史的研究』十一章
  13. ^ 風間健「武士道教育総論」(壮神社)
  14. ^ 『官報』第1156号「叙任及辞令」1887年5月10日。
  15. ^ 『官報』第3978号「叙任及辞令」1896年9月30日。
  16. ^ 『官報』第7813号「叙任及辞令」1909年7月12日。
  17. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  18. ^ たとえば海音寺「敬天愛人西郷隆盛」学研M文庫、4巻、P103~104
  19. ^ 坂野潤治田原総一朗『大日本帝国の民主主義』小学館,2006年,190頁
  20. ^ 清水勲編『近代日本漫画百選』(岩波書店(岩波文庫)、1997年)、p.81,92。
  21. ^ 永原一照次男
  22. ^ 板垣退助次男
  23. ^ 墓碑銘に「板垣退助次男 乾正士」とあり。所在地:大阪府池田市五月山(昭和46年(1971年)3月高知県高知市より移葬)
  24. ^ 墓碑銘に「板垣退助三男 板垣孫三郎」とあり。所在地:高知県高知市薊野東町 乾・板垣家歴代墓所
  25. ^ 墓碑銘に「伯爵板垣退助四男 板垣正實」とあり。所在地:東京都品川区北品川 東京板垣家歴代墓所
  26. ^ 墓碑銘に「伯爵板垣退助五男 板垣六一」とあり。所在地:東京都品川区北品川 東京板垣家歴代墓所


「板垣退助」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

板垣退助に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「板垣退助」の関連用語

板垣退助のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

藤山雷太

浜口雄幸

江藤新平

河竹黙阿弥

近衛篤麿

新井有貫

辰野金吾

梶浦重蔵





板垣退助のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2016 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの板垣退助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS