松岡洋右とは?

松岡洋右 まつおか ようすけ

松岡洋右の肖像 その1
松岡洋右の肖像 その2
松岡洋右の肖像 その3
明治13年3月4日昭和21年6月27日(1880~1946)

山口生まれ。外交官、政治家。13歳で渡米し、苦学してオレゴン州立大学卒業帰国後外交官となり、中国ロシアアメリカなどに勤務した。大正10年(1921)南満洲鉄道株式会社理事昭和2年(1927)に副総裁となる。5年(1930)衆議院議員当選国際連盟総会主席全権として派遣され、8年(1933)満州国に関する決議案反対して退場連盟脱退に至った。10年(1935)満鉄総裁就任第2次近衛内閣外相となり、15年(1940)に日独伊三国同盟16年(1941日ソ中立条約締結戦後A級戦犯指名されたが判決前に病死した。

キーワード 外交官, 政治家

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

松岡洋右

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/08 22:27 UTC 版)

松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は日本外交官政治家。日本の国際連盟脱退、日独伊三国同盟の締結、日ソ中立条約の締結など第二次世界大戦前夜の日本外交の重要な局面に代表的な外交官ないしは外務大臣として関与した。敗戦後、極東国際軍事裁判の公判中に病死。




[ヘルプ]
  1. ^ 三輪(1989)、p.33。
  2. ^ a b 斎藤良衛, pp. 509.
  3. ^ 豊田(2003) 上巻 p.68、『松岡洋右 その人と生涯』pp.49-50。
  4. ^ 三輪(1989)、p.44。
  5. ^ 三輪(1989)、p.42-44。
  6. ^ 1933年4月12日サンフランシスコにて放送された全米向けNBCラジオ演説が「SAYONARA SPEECH」として記載され、この演説の場合は「I say it to you ─SAYONARA」(皆さんに申し上げる―サヨナラ)とラストを締め括っている
  7. ^ a b c 斎藤良衛, pp. 383.
  8. ^ 斎藤良衛, pp. 437.
  9. ^ 斎藤良衛, pp. 420.
  10. ^ a b c 斎藤良衛, pp. 426.
  11. ^ 斎藤良衛, pp. 397.
  12. ^ 斎藤良衛, pp. 399-400、408.
  13. ^ 斎藤良衛, pp. 398-399.
  14. ^ a b 斎藤良衛, pp. 373.
  15. ^ a b 斎藤良衛, pp. 379.
  16. ^ 斎藤良衛, pp. 418.
  17. ^ 斎藤良衛, pp. 421-422.
  18. ^ a b c 斎藤良衛, pp. 427.
  19. ^ 斎藤良衛, pp. 400.
  20. ^ 斎藤良衛, pp. 431.
  21. ^ 斎藤良衛, pp. 432.
  22. ^ 斎藤良衛, pp. 431-432.
  23. ^ 斎藤良衛, pp. 439-440.
  24. ^ 参考資料室●日米諒解案 - インターネット特別展 公文書に見る日米交渉
  25. ^ 昭和16年(1941年)4月22日第20回大本営政府連絡懇談会(議題:松岡外務大臣帰朝報告、対米国交調整) - 公文書に見る日米交渉 -
  26. ^ 昭和16年(1941年)4月30日 松岡外務大臣、野村大使に対し「日米諒解案」の英文送付を要請 - 公文書に見る日米交渉
  27. ^ 昭和16年(1941年)5月3日 松岡外務大臣、野村大使に対し「オーラル・ステートメント」と「日米中立条約」申し入れを訓令 - 公文書に見る日米交渉
  28. ^ 昭和16年(1941年)5月8日第22回大本営政府連絡懇談会(議題:対米国交調整その後の状況) - 公文書に見る日米交渉 -
  29. ^ 昭和16年(1941年)5月22日第25回大本営政府連絡懇談会(議題:蘭領インドシナ交渉、対米国交調整その後の状況、国民政府承認) - 公文書に見る日米交渉
  30. ^ 昭和16年(1941年)5月13日 野村大使、本国に対し、松岡外務大臣の覚書手交を見合わせるよう意見具申 - 公文書に見る日米交渉 -
  31. ^ 昭和16年(1941年)6月22日野村大使・ハル米国務長官会談、ハルは、オーラル・ステートメントを手交、また、5月31日案(日本時間6月1日手交)のアメリカ政府訂正案を提示- 公文書に見る日米交渉
  32. ^ 昭和16年(1941年)7月10日第38回大本営政府連絡会議(議題:日米国交調整、6月21日付ハル国務長官の回答に関する外務省側の意見)- 公文書に見る日米交渉
  33. ^ 昭和16年(1941年)7月12日第39回大本営政府連絡懇談会(議題:日米国交調整、対ソ戦争に伴う満州国取り扱い要領決定) - 公文書に見る日米交渉
  34. ^ a b c 斎藤良衛, pp. 510.
  35. ^ 斎藤良衛, pp. 380.
  36. ^ 斎藤良衛, pp. 375.
  37. ^ 斎藤良衛, pp. 378.
  38. ^ 斎藤良衛, pp. 378-379.
  39. ^ 三好徹 「夕陽と怒濤」p51


「松岡洋右」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

松岡洋右に関連した本

松岡洋右に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松岡洋右」の関連用語

松岡洋右のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




松岡洋右のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2014 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2014 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松岡洋右 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS