東映怪人大図鑑とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 東映怪人大図鑑の意味・解説 

東映怪人大図鑑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/19 07:26 UTC 版)

スーパー・プレミアム・ビデオ 東映怪人大図鑑(とうえいかいじんだいずかん)』とは、1992年5月25日東映ビデオより発売された、東映が制作した特撮テレビ映画Vシネマ作品も含む)に登場した怪人の雄姿をまとめたビデオソフトである。




[ヘルプ]
  1. ^ オリジナルのBGMが流れる際、基本的にその部分の映像は無声となっているが、『キカイダー01』のビジンダーのみ、変身のセリフも収録されている。
  2. ^ 特に、『ザ・カゲスター』の一部怪人や、『宇宙からのメッセージ銀河大戦』の鉄人ゴルゴンは、スチール写真が存在しないため、当時勁文社から発売されていた『全怪獣怪人(下巻)』などの各種書籍類にも掲載されていなかった。また両作品とも、2000年代DVD化まで完全な映像ソフト化がなされなかったこともあり、長年このビデオでしか姿を見ることができなかった。
  3. ^ たとえば、『超人機メタルダー』のネロス帝国は、凱聖に相当するキャラクターが1人も収録されていない。ただし、テロップは表示されないものの、凱聖たちはゴッドネロスの紹介シーンにおいて登場している。
  4. ^ ナレーションの口調は、丁寧口調になっている。
  5. ^ 編曲は見里が担当。
  6. ^ 藤浩一歌唱バージョンが使用されている。
  7. ^ ただし、一部の幹部怪人はそれ以外のコーナーにも収録されている。
  8. ^ キングダーク、ガマゴンなどの巨大怪人も含まれる。
  9. ^ 前澤のインタビューに写真でのみ登場。
  10. ^ 本作にて、このユリシーズの顔は前澤自身のライフマスクを流用したものということが判明している。
  11. ^ 本来ヒーロー扱いだが、怪人然としたデザインのためか、怪人扱いになっている。テロップでは「真・仮面ライダー」と表記されている。
  12. ^ コーナーに含まれる個所がなく、前澤のインタビュー映像に被るため、ほかの怪人キャラと扱いが異なる。
  13. ^ 本来ヒロイン扱いだが、怪人扱いとなっている。
  14. ^ 「恐怖の大幹部」にて。しかしなぜか同コーナーの趣旨に合う魔王サイコ、ガイラー将軍、ドクターポルターの3人も映るが、テロップはなし。
  15. ^ メガドロンとブルチェックは「ロボットの変遷」にて21話の映像で紹介。このシーンではダーバーボは一瞬しか出ないためテロップはないが、OPではアップ映像が使われている。
  16. ^ テロップ表記では、中黒のない「マッドガルボ」と表記。
  17. ^ 映像は17話に登場したパワーアップモンスの映像を使用している。
  18. ^ 1987年Vシネマ作品として作られたものの映像を使用。ただし、OPテロップには表記なし。


「東映怪人大図鑑」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

東映怪人大図鑑に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東映怪人大図鑑」の関連用語

東映怪人大図鑑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

諏訪之瀬島

ジーメンス

インウェンドウ

K 1200 LT

ニリンソウ

上腕骨

蒸板かまぼこ

ベリーサ





東映怪人大図鑑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東映怪人大図鑑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS