東京女子医大事件とは?

東京女子医大事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/12 00:19 UTC 版)

東京女子医大事件(とうきょうじょしいだいじけん)とは2001年、2014年に東京女子医科大学病院において発生した医療事故と隠蔽事件。


脚注
  1. ^ なお「助手による過失が原因」とした大学の内部報告書は、心臓血管外科医や人工心肺の事がわかる人が1人もおらず、死亡した手術に携わった当事者の意見聴取すらされないまま作成されていたことが後に判明した。その後、日本心臓血管外科学会、日本胸部外科学会、日本人工臓器学会からなる委員会が科学的実験や検討した結果、内部報告書の内容は否定された。
  2. ^ カルテ改ざんの中身は「脳障害をきたしたことと脳障害を防ぐために低体温療法を施行したこと及び脳浮腫を防止する薬剤を用いたことの不記載したこと、手術中の瞳孔の大きさを書き換えたこと」。
  3. ^ 東京女子医大医師、無罪確定へ 01年の心臓手術事故 - 47NEWS”. 共同通信 (2009年4月9日). 2011年7月27日閲覧。
  4. ^ [1]
  5. ^ "首の手術受けた2歳死亡、鎮静剤が原因か 東京女子医大" 朝日新聞デジタル 2014年3月5日20時37分
  6. ^ 死亡の2歳男児、鎮静剤、成人基準の2・5倍投与か 2014.4.16
  7. ^ 内部告発で“場外戦” 東京女子医大病院の男児死亡、生かされなかった教訓 2014.6.7
  8. ^ 禁止鎮静剤、子ども55人に投与
  9. ^ 捜査関係者らによると、同院は平成21年1月~25年12月にかけて、集中治療室(ICU)で人工呼吸中だった0~14歳の男女に対し延べ63回、この状態での子供への使用が禁じられているプロポフォールを投与 2014.6.4
  10. ^ a b プロポフォールなどの禁止薬は通常、代わりに使える薬がない場合、病院内の倫理委員会などの了承を得たうえで、本人や家族の同意を得て使用する。厚生労働省の担当者は「法的に使用が禁止されているわけではないが、その薬しかないという合理的な理由があるときだけ例外的に使用するもの」と話す。
  11. ^ 鎮静剤事故、東京女子医大の過失認定…第三者委 読売新聞 2015年2月7日
  12. ^ 2015/2/6:平成26年2月に発生いたしました医療事故の件 東京女子医科大学病院
  13. ^ 東京女子医大と群馬大、特定機能病院取り消し検討開始 朝日新聞 2015年2月3日


「東京女子医大事件」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

東京女子医大事件に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東京女子医大事件」の関連用語

東京女子医大事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

モツレミル

内之尾

モーツァルト ミルクシェイク

丹勢山砂防堰堤

とじしろ

ニット

たこま丸

システム照明





東京女子医大事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京女子医大事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS