東京マグニチュード8.0とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > アニメ作品 と > 東京マグニチュード8.0の意味・解説 

東京マグニチュード8.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/29 04:43 UTC 版)

東京マグニチュード8.0』(とうきょうマグニチュードハチテンゼロ)は、2009年7月9日から9月17日までフジテレビノイタミナ枠で放送された日本のテレビアニメである。キャッチコピーは、家族に会いたい、と初めて思った。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 脳挫傷による呼吸不全。外傷性の脳出血によるもの。病院到着時トリアージセンターにて黒(死亡または現状では救命不可能)とされた。
  2. ^ テレビ放送時のエンディングクレジットでは「和代」と表記されているが、BD/DVDおよび小説版のクレジット、またフィルムコミックでは「礼子」と表記されている。作中でも「礼子」と呼ばれている。
  3. ^ 公式サイトなどの広報では海溝型、第3話では首都直下型、第7話では都市直下型とされている。
  4. ^ 第8話まではテレビ西日本と同日中に先行放送されていたが、9月23・30日の2週分を休止し、第8話以降を10月7日から再開したため。
  5. ^ 第11話は同日の28時30分 - 28時55分と29日の11時10分 - 11時35分に放送。
  6. ^ 東日本大震災の影響により放送自粛(事実上の打ち切り)。

出典

  1. ^ フジ『東京マグニチュード8.0』が5.8%発進! 深夜アニメひとり勝ちの理由”. 日刊サイゾー. サイゾー (2009年7月10日). 2011年2月12日閲覧。
  2. ^ 歴代受賞作品 第13回 2009年 アニメーション部門 優秀賞”. 文化庁メディア芸術祭. 文化庁. 2015年10月30日閲覧。
  3. ^ ノイタミナ、7月からは『東京マグニチュード8.0』を放送!”. 電撃オンライン. KADOKAWA (2009年4月10日). 2015年10月30日閲覧。
  4. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「dengeki」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  5. ^ “〈東京消防庁〉『東京マグニチュード8.0』の滝川クリステルさんに消防総監感謝状”. 防災情報新聞 無料版 (防災情報新聞社). (2009年7月13日). http://www.bosaijoho.jp/institution/item_3262.html 2011年2月12日閲覧。 
  6. ^ 陸上自衛隊とのタイアップポスターが完成!”. 東京マグニチュード8.0 公式ブログ. 東京マグニチュード8.0製作委員会 (2009年7月29日). 2015年10月30日閲覧。
  7. ^ 「東京マグニチュード8.0」内閣府とタイアップ!リアルな地震に備える”. シネマトゥデイ (2009年8月20日). 2011年2月12日閲覧。
  8. ^ OP映像 元田久治さんの個展開催中!”. 東京マグニチュード8.0 公式ブログ. 東京マグニチュード8.0製作委員会 (2009年8月3日). 2015年10月30日閲覧。


「東京マグニチュード8.0」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東京マグニチュード8.0」の関連用語

東京マグニチュード8.0のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

や座

お清水

土井ヶ浜海水浴場

手取川七ヶ用水

アイスホッケー

センブリ

ベッキオ橋

ビーム球





東京マグニチュード8.0のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京マグニチュード8.0 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS