杜子美とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 杜子美の意味・解説 

杜甫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/27 09:59 UTC 版)

(杜子美 から転送)

杜 甫(と ほ、712年先天元年) - 770年大暦5年))は、中国盛唐詩人子美少陵野老、別号は杜陵野老、または杜陵布衣。「杜少陵」「杜工部」とも呼ばれる。律詩の表現を大成させた。中国文学史上最高の詩人として、李白の「詩仙」に対して、「詩聖」と呼ばれている。また晩唐期の詩人・杜牧の「小杜」に対し「老杜」と呼ばれることもある。


  1. ^ 「花濺涙」は「花涙をこぼす」とも訳せるため、自分が泣いていることと花も泣いている擬人化のイメージを重ねて表現しているという解釈もある。次の行の「鳥驚心」も同様である。(加藤徹著『貝と羊の中国人』70,71頁)。
  2. ^ ここでは平仄の都合上「三」の字を用いて「何ヶ月」を指す。他に「今年の春3ヶ月間」「陰暦の三月まで」「去年の三月から今年の三月まで」とする解釈もある(松浦友久編『校注 唐詩解釈辞典』342-343頁より)。
  1. ^ 吉川幸次郎「杜甫について」、黒川洋一『杜甫』(角川書店<鑑賞 中国の古典17>)、植木久行『唐詩物語 名詩誕生の虚と実と』(大修館書店)などより
  2. ^ 吉川幸次郎『宋詩概説』(岩波文庫)より
  3. ^ 高島俊男『李白と杜甫』(新版は講談社学術文庫)では、杜甫の絶句は「律詩の一部分と考えればよくできている」が、「それを四行だけ取り出して『はい、絶句です』といわれても困る」と評している。その一方で「彼の絶句が、絶句の通念と異なっているとしても、そこに律詩の名手としての彼の個性がまぎれもなく刻印されているという意味では、それらの作品もやはりかけがえのない価値を有すると言ってもよいだろう」(松浦友久編『校注 唐詩解釈辞典』「絶句四首 其三」備考「杜甫の絶句」377頁より、執筆担当は宇野直人)とする評価もある。
  4. ^ “杜甫很忙”系人为策划 遭公关团队与新浪微博“认领””. TechWeb.com.cn (2012年3月31日). 2012年3月31日閲覧。
  5. ^ 网上杜甫很忙 网下草堂很冤”. 成都日报 (2012年3月30日). 2012年3月31日閲覧。


「杜甫」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

杜子美に関連した本

杜子美に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「杜子美」の関連用語

1
16% |||||

2
6% |||||

3
4% |||||


杜子美のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フロアホッケー

ディアボロ

佐藤天彦

享保用水

磐梯朝日国立公園

せいはん

ヘルメット

96式装輪装甲車





杜子美のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの杜甫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS