村田雄浩とは?

村田 雄浩

村田雄浩の画像 村田雄浩の画像
芸名村田 雄浩
芸名フリガナむらた たけひろ
性別男性
生年月日1960/3/18
星座うお座
干支子年
出身東京都
身長180 cm
体重81.5 kg
URLhttp://www.actrain-club.com/talent/?id=1321448507-440734
靴のサイズ27 cm
プロフィール1979年、『思えば遠くへ来たもんだ』で映画デビュー。映画『虎次郎かもめ歌』、テレビ青が散る』『澪つくし』『翔ぶが如く』を経て92年伊丹十三監督ミンボーの女』、中島丈博監督の 『おこげ』により、日本アカデミー賞数々映画賞受賞その後、映画『マルタイの女』『ゴジラ2000ミレニアム』『釣りバカ日誌イレブン』『助太刀屋助六』『壬生義士伝』『22才の別れ』『この空の花』、テレビNHK炎立つ』『ちゅらさん』『ハルとナツ』、日本テレビ女検事霞夕子シリーズ』、フジテレビスチュワーデス刑事シリーズ』、ABC温泉マル秘大作戦シリーズ』、TBS釣り刑事シリーズ』『渡る世間は鬼ばかり8・9・10シリーズ』、舞台ガラスの動物園』『イーハトーボの劇列車』『もとの黙阿弥』『丘の上のイエッペ』『風の盆ながれ唄』(文化庁芸術祭演劇部個人受賞)『パパI LOVE YOU!』『花丸銀平』、最近舞台は、『雪やこんこん』(こまつ座)『あつ苦し兄弟』(道学先生)、『長い墓標の列』(新国立劇場)に出演
代表作品1年1997
代表作品1映画『マルタイの女
代表作品2年2001
代表作品2NHKちゅらさん
代表作品3年2013
代表作品3NHK-BSNHK BS時代劇雲霧仁左衛門」』
職種タレント俳優女優
好きなスポーツ乗馬/ボーリング
資格・免許普通自動車
趣味・特技乗馬

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
東京都出身のタレント  三村晃弘  宮下今日子  みろ  村田雄浩  本宮泰風  森田健作

村田雄浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/03 08:21 UTC 版)

村田 雄浩(むらた たけひろ、1960年3月18日[1] - )は、日本俳優。身長180cm、体重81.5kg[1]血液型はA型[1]アクトレインクラブ所属。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村田雄浩”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月11日閲覧。
  2. ^ 思い続けるのも才能…村田雄浩 2015年3月23日付 夕刊読売新聞「臥薪笑胆」最終回
  3. ^ “妻は20代…村田雄浩50歳目前パパになる”. スポニチ Sponichi Annex. (2009年9月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/09/24/kiji/K20090924Z00001740.html 2016年7月31日閲覧。 
  4. ^ 【キントリ週報】前代未聞!? 警察官が特別取調室に籠城!newswalkerplus(2017年4月27日), 2017年4月27日閲覧。
  5. ^ ファンケルヘルスサイエンス 「えんきん」のCM開始、商品売上前年比70%増へ”. 通販新聞 (2015年7月16日). 2015年7月16日閲覧。


「村田雄浩」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

村田雄浩に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「村田雄浩」の関連用語

村田雄浩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

美咲あい

中村美律子

笠井海夏子

斉藤直樹

井之上輔

近藤真帆

和田菜々

伊藤圭太





村田雄浩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2017 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの村田雄浩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS