木造枠組壁工法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 工法 > 木造枠組壁工法の意味・解説 

木造枠組壁工法

4面の耐力壁と床・天井構成する6面体ボックス構造ベースにして住宅建設する工法構造のこと。2インチ×4インチランバー製材構造用合板を張ってパネル壁をつくる「2×4工法」(ツーバイフォー工法)や、2インチ×6インチランバー使用する「2×6工法」(ツーバイシックス工法北米系の輸入住宅に多い)、さらにランバー構造用合板構成される壁パネル工場製造して、現場組み立てる「木質パネル工法」(北欧系の輸入住宅に多い)などを合わせて広く枠組系」と呼ばれている。





木造枠組壁工法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

木造枠組壁工法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

べが

キョウジョシギ

アカズキンリュウグウウミウシ

藤尾の磨崖仏

うへ山

タブノキ

カンプトサウルスの一種

V-107A





木造枠組壁工法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2017 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典

©2017 Weblio RSS