朝永 振一郎とは?

朝永 振一郎 (ともなが しんいちろう)

1906〜1979 (明治39年昭和54年)
物理学者くりこみ理論量子力学発展貢献ノーベル物理学賞受賞した。
昭和期物理学者東京都出身京大卒。ドイツ留学後、東京文理科大学教授東京教育大学学長1949年昭和39年湯川秀樹素粒子共同研究グループ結成くりこみ理論発表し、プリンストン高等研究所に入る。65年ノーベル物理学賞受賞日本学術会議原子核特別委員会委員長原水爆禁止原子力和利用などを訴え世界平和アピール7人会に参加した。学士院賞文化勲章朝日文化賞をうける。

 年(和暦)
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 1才
1910年 (明治43年) 韓国併合 4才
1918年 (大正7年) 米騒動 12
1923年 (大正12年) 関東大震災 17才
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 22才
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 26
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 30
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告 35
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾 39
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布 40
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約 45
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始 47
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟 50
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成 54
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印 54
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック 58
1968年 (昭和43年) GNP世界第2位 62
1970年 (昭和45年) 大阪万国博覧会 64
1971年 (昭和46年) 環境庁設置 65
1973年 (昭和48年) 第1次オイルショック 67
1976年 (昭和51年) ロッキード事件 70
1978年 (昭和53年) 日中平和友好条約 72
1978年 (昭和53年) 成田空港開港 72
1979年 (昭和54年) 第2次オイルショック 73


 人物
阪東 妻三郎 1901年1953年 (明治34年昭和28年) +5
小林 秀雄 1902年1983年 (明治35年昭和58年) +4
近藤 真柄 1903年1983年 (明治36年昭和58年) +3
古川 縁波 1903年1961年 (明治36年昭和36年) +3
美濃部 亮吉 1904年1984年 (明治37年昭和59年) +2
堀 辰雄 1904年1953年 (明治37年昭和28年) +2
榎本 健一 1904年1970年 (明治37年昭和45年) +2
湯川 秀樹 1907年1981年 (明治40年昭和56年) -1
大岡 昇平 1909年1988年 (明治42年昭和63年) -3
黒澤 明 1910年1998年 (明治43年平成10年) -4

朝永振一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/08 02:16 UTC 版)

朝永 振一郎(ともなが しんいちろう、1906年(明治39年)3月31日 - 1979年(昭和54年)7月8日)は、日本物理学者相対論的に共変でなかった場の量子論を超多時間論で共変な形にして場の演算子を形成し、場の量子論を一新した。超多時間論を基に繰り込み理論の手法を発明、量子電磁力学の発展に寄与した功績によってノーベル物理学賞を受賞した。また、非摂動論の一般理論である中間結合理論は、物性や素粒子の状態を調べる基本手法となった。東京生まれで京都育ち。なお、朝永家自体は長崎県の出身。武蔵野市名誉市民[1]




  1. ^ 武蔵野市名誉市民
  2. ^ 『毎日情報』第6巻・第1号,p.100,1951年,毎日新聞社
  3. ^ 朝永もエッセイに書いているが、祝い酒で酩酊し風呂場で転んで骨折した。酒井邦嘉『科学者という仕事』(中公新書 2006年)に「ノーベル賞を貰うのは骨が折れる」(亀淵迪「朝永先生とユーモア」TOM(朝永記念室報)1, 15-17 1983年)と言ったことが紹介されている。
  4. ^ これらの業績は、ノーベル賞程度のものではない。多くの並みのノーベル賞を遥かに抜いている。なぜこの事態が起きたかは#朝永の方法を参照。
  5. ^ ゲージや群も理論の色彩があるが、原理的側面が大きい。
  6. ^ グリーンバーグ、韓茂栄、宮本米二、堀尚一
  7. ^ 大貫義郎は益川敏英、小林誠の指導教官で、彼らの使った基本モデルや数学は大貫が創り彼らに教えたものである。そして、ノーベル賞を獲得した研究を課題として与えた
  8. ^ 南部の自発的な対称性の破れは、超電導理論での対称性の自発的破れ(相転移)を見い出し、この方式を真空に流用した。超電導は、朝永の中間結合論が基礎式として使われ、自発的破れでも、朝永の中間結合論が使われている。なお、相転移現象は繰り込みで解明された。
  9. ^ 瞥見:1950~60年代にかけてのわが国での場の理論(素粒子論の周辺,基礎物理学の現状と未来-学問の系譜・湯川 ・朝永をうけて-,研究会報告)Author(s) 大貫, 義郎Citation 物性研究 (2008), 90(2-3): 181-199
  10. ^ 量子力学そのものが、因果律を破っているということもできる。これについては多くの意見がある。それ故に、宮沢弘成は、この問題を置いてけぼりにしてしまった、基礎を忘れた虚構を批判した。
  11. ^ 『強結合・中間結合の理論』物理学会誌35(1)1980
  12. ^ 原治,『非局所場理論』日本物理學會誌 37(4), 275-277, 1982
  13. ^ 木庭二郎のくらべて年表
  14. ^ F. Dyson: Disturbing the Universe (Harper & Row, 1979)
  15. ^ a b c d e 長島順清 素粒子の物理 : 先駆と展開の鳥瞰 日本物理学会誌 Vol60 No.3(2005), 171-179
  16. ^ 雑誌「科学」での座談会で、仁科の話を引用して、「じゃ俺たちは頭が悪いの」と素粒子物理学の面々が笑っていた。
  17. ^ 小川修三 坂田学派と素粒子模型の進展 日本物理学会誌 Vol51, No.2(1996), 90-94
  18. ^ 朝永振一郎博士の業績をふりかえって。
  19. ^ 『新編 素粒子の世界を拓く―湯川・朝永から南部・小林・益川へ』京都大学学術出版会 p72
  20. ^ この著書はテクニックは書いていず、名著だが、学習効率が悪いともいわれている。
  21. ^ スピンはめぐる。スピンの概念は紆余曲折の末に理論的に焦点を結び、相対論化され、量子力学の射程を大きく延ばした。それは荷電スピンの概念につながり、人知が原子核の内側へ踏み込むことを可能にしたのである。その過程で、「アクロバットのよう」なディラックの思考、つぎつぎと問題の鍵を見いだす「パウリの正攻法」、現象論的な類推から本質に辿り着く「ハイゼンベルク一流の類推法」など、さまざまな個性の頭脳が自然の謎と格闘する。本書はそんな「興奮の時代」と呼ばれた量子力学の成熟過程を、近体験する旅である。その道程の随所に、ディラックらの原論文を読みこんで、自身も歴史的な仕事を遺した朝永ならではの洞察が光っている。学術書でありながら…
  22. ^ 長島 順清『素粒子の物理 : 先駆と展開の鳥瞰』「日本物理學會誌」 60(3)、2005
  23. ^ 南部陽一郎『素粒子論の発展』で、南部は武谷の方法が面白かったと述べている。
  24. ^ これは、誰がやっても同じを意味している。常識的なアイデアと機械的な作業を行えば済む。批判などせず協力していれば、日本で最初にクォークと称するものを見い出していただろう。
  25. ^ 名前をアルファベット順に並べたのだろうか。
  26. ^ 他の研究者が見出した知識を知っていることが偉大なのではない。これは、研究者が陥る最大の罠である。理論の向こうが見えるか見えないか。哀しいかな。
  27. ^ 仁科とハイゼンベルクは大きい。師として、研究スタイルを決定づけた。
  28. ^ 物理学会誌35(1),65-67,1980
  29. ^ 実体論の現在、誰も問題にもしない。すれば学者に等なれない。
  30. ^ 物理学会誌35(1),65-67,1980
  31. ^ 物理学会誌35(1),67-71,1980
  32. ^ くりこみ理論のころ
  33. ^ 瞥見:1950~60年代にかけてのわが国での場の理論(素粒子論の周辺,基礎物理学の現状と未来-学問の系譜・湯川 ・朝永をうけて-,研究会報告)Author(s) 大貫, 義郎Citation 物性研究 (2008), 90(2-3): 181-199
  34. ^ 大貫はこれを大事なことと言っているが、こう言うことは今では不可能だろう
  35. ^ だから、坂田のモデルを子細に検討した。
  36. ^ くりこみ群は解りやすい。しかし、くりこみ群は朝永の形式を追いかけた現象論で、くりこみ群の称賛は独創を知らない。
  37. ^ オッペンハイマーはシュウィンガーが朝永の方程式を使い、発散を解決しようとしている事を伝えている。発散は場の反作用によるが、朝永は超多時間論で数年前から取り組み、すでに発表済みであった。
  38. ^ これは世界でもまれで、アメリカなど私的な討論会などアイデアを決して話さない。
  39. ^ 内山は湯川の阪大時代の学生だが、一人でやっていたようである。
  40. ^ 偉大な学者も数多く間違えている。先生の言うことなど聞く必要はない。しかし、知識を誇るようでは学者として失格であろう。
  41. ^ 権威など無意味な例。パウリはスピンを否定している。湯川の中間子論にハイゼンベルクやボーアは否定的だった。湯川はクウォークの1/3電荷を否定した。中間子を宇宙線の中に見つけ、仁科先生に報告したが取り合ってもらえず、断念した例がある。ノーベル賞を逃した。仁科先生ほどの許容力のある学者でさえこうである。専門に研究していること以外は素人である。専門の研究でも大部分は間違いである。こういう例は数限りない。
  42. ^ 自分の研究については、他との関連や意義をも含め、自分だけしか知らない。自分の研究についての世界の最高権威は自分である。他に誰もいない。他の人間はすべて素人である。これを忘れて、権威に従うのは責任の放棄である。自分が悪い。謙虚であるべきで、そうでないと崩壊した素粒子グループになるが。
  43. ^ リーダーは周りから認められ自然に生まれる。数人しか研究者がいなければ、リーダーは生まれる。
  44. ^ このころ、朝永は学術会議議長や東京教育大学(筑波大学)学長を辞め引退し、弟子が学問の世界に引き戻そうとしたが無駄だった。繰り込みや中間結合論の後も、多くの人間が挫折した集団運動論を解いてしまっている。シャイな朝永は、ゲルマンなどのように、後追いで他者の枠組みで理論を創るのが嫌だったのか。湯川は、何をしているか分からんと朝永を批判している。解こうとした問題を数学的な基礎を含めすべて解いた才能を、議長や学長で無駄にした。
  45. ^ 湯川は、根拠のない独善に走り周囲を引きずり込んでしまった。何百年後かに湯川の夢は実現するかもしれないが、物理学的な根拠のない空論である。周囲を引きずり込む権利などどこにもない。湯川は基礎研の所長に座り続けようとし、朝永や坂田は沈黙して語らなかった(中村誠太郎)。所長に定年の規定はなくドイツなどでは辞めるのは本人の意思である。しかしそれでも、朝永坂田は何も言わなかった。湯川は思いあがってしまったのだろう。好意的に言えば素領域を完成させたかったのだろう。
  46. ^ 坂田は次の時代を担いうる大貫を見抜けず、仁科と異なり、後継者として育てなかった。
  47. ^ 湯川や坂田は、次の時代を理解できず、時代を担う新しい才能を見抜けず、押し上げず、素粒子グループは崩壊していった。大貫や内山を朝永や湯川や坂田が押し上げ、周りもこれと協力すれば、伝統が続いた可能性はあった。
  48. ^ 制度でリーダーを確保するしかない。研究所の所長や学科長に権限を持たせ、定年まで自由にやらせるなど。しかし日本では、能力のないボスが生まれるだけかもしれない。
  49. ^ 若手は理論の向こうが見えず他の足を引っ張り、伝統は崩壊していった。若手は他の成果を尊重せず見守らず、自分も参加して完成させ発展させようとしない。
  50. ^ 乗った時はすでに遅い。嫉妬で相手を否定したとき、自分の可能性も奪っている。
  51. ^ 東大の教授になった中村誠太郎が、東大の連中が坂田モデル批判の嵐で、ゲルマンの8道説が出ると一斉に追随しあっけにとられたと述べている。坂田も、2中間子論は谷川のアイデアの盗用に近いことを述べている。そして、坂田が谷川にしたことと同様が坂田の上にも起こった。歴史は繰り返す。中村の批判の目は冷静で厳しい。
  52. ^ アイデアで理論を変えるのが学問だろうか。
  53. ^ 朝永や湯川は早く教授になった。日本で唯一の素粒子論の教授である。大貫と内山の二人を阪大と名大の物理学科全体の主任教授にするくらいのことをしていれば別である。湯川や朝永や坂田はそのような地位に若くして就いた。仁科が、自由の雰囲気を作り朝永を押し上げなければ、少なくとも朝永グループは生まれず、坂田のグループも生まれなかった可能性が大きい。仁科が、自分をすべてとしていれば、閉塞が訪れただろう。
  54. ^ 坂田は辞めて大貫を教授にするくらいのことをすべきであった。しかし坂田にこれを理解する力もなかったのだろう。イギリスではスミスなどの古典派の蛇尾にして、新古典派への道を用意したマーシャルが厚生経済学の創始者ともいえる弟子のピグーに教授の地位につけたと聞く。ただし、年齢は60を過ぎ病気でもあったが。
  55. ^ 大貫が朝永の弟子だったなら、朝永は大貫を理解し引き上げたかもしれない。逆か。
  56. ^ 基礎物理学 : 過去と未来(3.基礎物理学の系譜,学問の系譜-アインシュタインから湯川・朝永へ-,研究会報告) 素粒子論研究 Vol. 112, No. 6 (2006), F77-F91.
  57. ^ 南部陽一郎 素粒子物理の青春時代を回顧する 日本物理学会誌 Vol57, No.1(2002), 2-8
  58. ^ a b 「わが師・わが友」『朝永振一郎著作集1 鳥獣戯画』みすず書房(1981年)
  59. ^ 朝永振一郎 日本の科学者・技術者100人
  60. ^ 対称性の自発的破れは朝永の中間結合論を使っている。
  61. ^ 日本の天文学者の系図
  62. ^ 美しい理論だが、4次元時空の内部で何が起こっているか問わない形式である。湯川はその後も、因果律の破れを追求したが、ついに解く入り口も見いだせなかった。宮沢弘成は、この問題を置き去りにして現象論に走ったと超弦論を批判している。
  63. ^ くりこみ群は、解りやすいゆえに一定の役割を果たしてはいるが、繰り込みの現象論でしかない。繰り込みの基本とその意味は、いまだに完全には解明されていない。
  64. ^ これを無視する物理学は虚しい虚構であろう。しかし、やれば泥沼である。
  65. ^ この問題に深入りすると湯川とその周辺のように泥沼になる可能性がある。湯川の仕事を見ると時々、アッと思うことが見つかるし、ある意味、こういう物理哲学を全生涯をかけて追求している。しかし、湯川でも到底届かない。読んでみられよ。それくらいの問題である。宮沢弘成が今の物理学を批判した所以である。宮沢自身にも面白い考察があるが到底届かない。湯川はそれ以前の業績があったからいい。道楽ができた。しかし、業績のないまま取り組めば学者としての生命は、ほぼ絶たれる。枠は示した。
  66. ^ 場の量子論と相対論は本来相いれない。時間や空間は維持できない。根本で全く解っていない。(ディラックの式はつぎはぎ)
  67. ^ 繰り込みは完全には理解されていない。繰り込み群は、現象論としての繰り込みの理解に過ぎない。
  68. ^ レベルは異なるが本質論である。
  69. ^ 当時、多と比べ物にならない力をもち、みなこれに関し何らかの試みをしたがことごとく失敗した。なぜ失敗だったのか、その理由さえ分からない。とてもて手を出せるものではない。
  70. ^ 紐や膜という場の構成物での実体論である
  71. ^ 4次元時空と根拠は同じで、時空の原理(場の量子論、相対論、繰り込み、ゲージ、群)の支配下にある。
  72. ^ 超弦論は、所詮、場の量子論、超多時間論、繰り込みの原理の上に建てられた原理の支配下で、場の現象を解明するに過ぎない。
  73. ^ 超対称性は重力場を導く。
  74. ^ 紐のつながりを変え振動制約を課す。紐で表すフーリエ級数はあらゆることを導けるが、原理や根拠はない。未解明のヒッグス粒子もなぞるだけ。
  75. ^ 一般相対性理論はこの意味で、原理ではなく場(空間)の実体である。
  76. ^ 現象を繰り込みや中間結合論で理論化した点で実体論である。
  77. ^ ヒッグス粒子はぽっと置かれた仮定で存在根拠がなく、重さは粒子の集まりの物性からの類推でしかない。他の粒子と関係しない未解明の粒子とされる。
  78. ^ 対称性の自発的破れも場の現象(物性の類推)の抽出で現象論である。
  79. ^ ついに湯川は解けなかったし、朝永はその芯の部分にまでは踏み込もうとはしなかった。宮沢は朝永(場の量子論)をも批判している。
  80. ^ 自己がすべてとみると、全体の中での位置、歴史が解らない。自己がすべてだから視野が限られ、歴史を回転させる軸を見出せず、軸を見出す研究者の従者、追随者で終わる。そうでなくても原理論の従者が自分を偉大だと思ってしまう。
  81. ^ 歴史を見ているのは、いま宮沢だけである。朝永が今生まれていれば、この問題に取り組んだか。湯川は問題を解けたか。並み以上の飛び抜けた能力者でも、何もできないまま、学者にさえなれず死んでしまうだろう。やってみなはれ。
  82. ^ 「ノーベル賞候補 日本6人」共同通信2014年8月14日
  83. ^ ノーベル賞候補日本6人 1951〜63年、物理・化学賞 選考資料、米専門家が確認 :日本経済新聞
  84. ^ 能力が透けて見える本もある。哀しい話ではある。
  85. ^ この本は相当ひどい。一時朝永の評判が地に落ちたのは、この本も一因だったのだろう。歴史も理解していないし、朝永の人、思考法も解っていない。深い理解などどこにもない。繰り込みに至っては話にならない理解である。何も分かっていない。向こうが見えない。哀しいかな。


「朝永振一郎」の続きの解説一覧





朝永 振一郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「朝永 振一郎」の関連用語

朝永 振一郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

運転注意力モニター

オペレーター

エミュー

鶴見川

チェーン切り

伊藤博文

9000系

まがりばかさ歯車





朝永 振一郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
江戸net江戸net
Copyright (C) 2017 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝永振一郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS